きくメモ改

メモ改

ダイレクト向かい飛車:初手からの指し手

初手からの指し手

▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △8八角成 ▲同銀 △4二銀

▲6八玉 △3三銀 ▲4八銀 △2二飛 (基本図)

f:id:athachigatsu:20190529231208p:plain

 ▲6五角は怖くないとして、△4二飛と途中下車せず1手で向かい飛車に振るのが本戦法の骨子である。

 上図に至るまでの先手の駒組みは一様ではないが、最もプロの実践例が多い本譜を本筋とし、上図を当ブログに於いてダイレクト向かい飛車の基本図とする。なお手順中▲6八玉では先に▲4八銀と指しても同じように見えるが、△5四歩~△5三銀という変化が生じるので先手やや損である(A図)。

 A図以下2筋を攻めても▲2四同飛 △3三角 ▲2一飛成 △8八角成で先手負け(B図)。

f:id:athachigatsu:20190529231838p:plainf:id:athachigatsu:20190529232146p:plain

 もし▲6八玉型だった場合、B図で▲7七桂と馬筋を遮断しつつ桂が逃げられる手があるのでこれは先手有利となる。このような進行にならなかったとしても、先手としては後手に5三銀型の好形に組まれるとなにかと面倒なので避けたい変化だと思う。

 さて、基本図以下は▲6五角を打つかどうかで展開が大きく変わるが、まずは打つ変化を調べていくとする。