きくメモ改

メモ改

ダイレクト向かい飛車:11手目6五角

基本図以下の指し手1

▲6五角 △7四角 (第1図)

f:id:athachigatsu:20190529231208p:plainf:id:athachigatsu:20190529233112p:plain

 すぐの▲6五角には△7四角の切り返しが定跡。これがあるので▲6五角で不利にならないとされているわけだが、先手としては打たずに通常の角交換四間飛車より1手得されるのはつまらないので打つのが最善だと思う。

 第1図からは▲4三角成・▲7四同角・▲6六歩が考えられるが、まずは最も多い▲4三角成から検討していく。

 

第1図以下の指し手1

▲4三角成 △5二金右 ▲同馬 △同金 ▲7五金 △4二飛 (第2図)

f:id:athachigatsu:20190529234337p:plain

 ▲4三角成には△5二金右で馬が詰む。したがって角金交換になるが、▲7五金で後手の角も詰むため互角である。

 手順中△5二金右では△5二金左でも同じようだが、馬取りを放置して▲7五歩とされる変化が生じるので後手やや損(C図)。以下△4三金 ▲7四歩 △同歩 ▲7五歩が取れないのだ(D図)。

f:id:athachigatsu:20190529234758p:plainf:id:athachigatsu:20190529235006p:plain

 D図で△7五同歩は当然▲6五角なので△7二飛と戻るか△7二金と守るかだが、どちらにしても後手まとめにくいだろう。

 D図でもし6一金でなく4一金であったならば(△5二金右と指していれば)、△6一角の切り返しがあるので△7五同歩と取れる(E図)。

f:id:athachigatsu:20190529235443p:plain

 E図以下は△7二飛と戻して矢倉戦に持ち込めば簡単に優勢を築くことができるだろう。△5四金と出て角を追う手もあるし、後手は指し手に困らない。

 第2図最終手の△4二飛は何気ないようだが、これも手順前後厳禁の定跡。人によってはむしろ△6二玉の方が自然に映るので分かりにくい。仮に△6二玉と指すと、以下▲7四金 △同歩 ▲7八玉 △6四歩 ▲4六歩と突かれてしまう(F図)。

 f:id:athachigatsu:20190530000541p:plain

 ▲4六歩と突かれてから△4二飛と回っても▲4七銀が間に合ってしまう。以下は▲4八飛~▲5六銀と右四間飛車に構えられて後手は苦しくなる。後手としては手薄な4筋を攻められたくないのだ。したがって、すぐに△4二飛と振り直して先手の駒組みを牽制するのが重要である。

 

第2図以下の指し手

▲7四金 △同歩 ▲7八玉 △6四歩 (途中図) ▲9六歩 △9四歩

▲2五歩 △6二玉 ▲5八金右 △7二銀 ▲7七銀 △6三銀 (結果図)

f:id:athachigatsu:20190531222419p:plainf:id:athachigatsu:20190530003520p:plain

 手順中△6四歩(途中図)は△4二飛と連動した大事な手である。これも手順前後厳禁。この歩を突かずに△6二玉と指せばすかさず▲4六歩と突かれて前述のF図と同じことになる。この歩を突くことで▲5五角の筋がなくなり、ようやく▲4六歩を△同飛と取れるようになるわけだ。

 △4二飛~△6四歩と万全に構えたことで先手は4筋から動くことが難しくなった。したがって▲2五歩と2筋の歩を伸ばすが、ここでようやく後手が自玉に手を入れることができた。以下は右玉風に組むのが主流である。

 結果図以下、先手の動き方としては▲3六歩・▲5六歩・▲7八玉あたりが考えられるが、▲3六歩に対しては△5四角と好位置に角を据えて先手の右銀を釘付けにする指し方が有望。▲5六歩・▲7八玉に対しては△7三桂とこちらも駒組みしてこれからの将棋といったところ。