きくメモ改

メモ改

デュエマクラシックカードリスト:水文明

 デュエマクラシックカードリストの水文明編(コスト昇順)

 

《アクア・ガード》《マリン・フラワー》

f:id:athachigatsu:20190622082429j:plain f:id:athachigatsu:20190622082443j:plain

 最軽量ブロッカー。それぞれ《アクア・ガード》は《クリスタル・パラディン》と《クリスタル・ランサー》の、《マリン・フラワー》は《アストラル・リーフ》の進化元になれる。

 

《アクア・ビークル

f:id:athachigatsu:20190622082630j:plain

 他文明の同コストバニラクリーチャーに比べパワーが1000低い。本来ならば掲載しないようなスペックだが、種族がリキッド・ピープルであるため2種類の強力な進化クリーチャーの進化元として使える。

 

《エメラル》※殿堂入り

f:id:athachigatsu:20190622082846j:plain

 cipで手札とシールドを1枚交換できる。後述する《アクア・サーファー》や《デーモン・ハンド》等の強力なS・トリガーを仕込むことでビートダウン系のデッキに対して強く出られる。手札にS・トリガーがないときに召喚してもブラフ+手札交換が可能なので腐らない。汎用性の塊なので、水文明が入るデッキならとりあえず採用して良い。

 

《アストラル・リーフ》※殿堂入り

f:id:athachigatsu:20190622085131j:plain

 進化サイバー・ウイルス。cipで3ドローできる。サイバー・ウイルスには先述の《マリン・フラワー》が存在するので運が良ければ2ターン目に召喚できる。そうでなくとも3ドローしながら召喚酔いしないパワー4000のクリーチャーが出ることは非常に強力である。

 本来進化クリーチャーは多くのマナと2枚の手札を費やし登場するため除去されたときのディスアドバンテージが大きいのだが、このクリーチャーは軽い上に召喚時にハンドアドバンテージを稼げているのですぐに除去されてもさほど痛くない。

 

《スパイラル・ゲート》※殿堂入り

f:id:athachigatsu:20190622083431j:plain

 最軽量バウンス。たったの2マナでクリーチャーをバウンスできるのでテンポアドバンテージを稼ぎやすい。対象は自分相手どちらでも良いので、自分の《アストラル・リーフ》に撃って再度cipを使うプレイングが可能。汎用性の塊。

 

《ハイパー・ウェーブ》

f:id:athachigatsu:20190622085956j:plain

 マナゾーンからカードを1枚回収する呪文。《プロテクト・キューブ》の上位互換。場合によっては便利な効果だが、このカード1枚で何のアドバンテージも稼げないのが辛い。

 

《アクア・ソルジャー》

f:id:athachigatsu:20190622083827j:plain

 元祖モヤシクリーチャー。同能力を持つクリーチャーは他に《予言者キリアス》と《アクア・ナイト》の2種類があるが、このカードが最もコストが軽く使いやすい。【除去コントロール】に対しては《ナチュラル・トラップ》以外でやられないためメタカードとなり得る。

 当然だが、《クリスタル・パラディン》等の進化元にした場合は普通に墓地に置かれる。

 

《キング・クラーケン》

f:id:athachigatsu:20190622091227j:plain

 攻撃できるブロッカー。名前負けが酷い。ただしリヴァイアサンでは最軽量なので《レジェンダリー・バイロン》を使う場合は4積みすることになるだろう。

 

《アクア・ハルカス》※殿堂入り

f:id:athachigatsu:20190622084444j:plain

 cipで1ドローできる。手札を補充しつつバトルゾーンにパワー2000のクリーチャーが出るためコストパフォーマンスが良い。種族がリキッド・ピープルであるため進化元としても有用と使いやすい。

 

《キャンディ・ドロップ》

f:id:athachigatsu:20190622084922j:plain

 最軽量アンブロッカブルクリーチャー。種族がサイバー・ウイルスなので《アストラル・リーフ》の進化元になる上、同文明の《ミラクル・サーチャー》等と相性が良いが、肝心の《アストラル・リーフ》が殿堂入りカードのため《マリン・フラワー》以外のサイバー・ウイルスを積む必要性が薄いことが難点。

 

 

《アングラー・クラスター》

f:id:athachigatsu:20190622090602j:plain

 マナゾーンが水文明のカードのみならばパワーが6000になるブロッカー。パワー6000という数値は《アストラル・リーフ》・《機神装甲ヴァルボーグ》・《大勇者「大地の猛攻」》等の軽量進化クリーチャーに殴り勝てる数値であり、それが3マナで出せる。ビートダウンでも殴り返し防止に使えるので採用の余地あり。

 

《アクア・チャージャー》

f:id:athachigatsu:20190622090326j:plain

 標準的なS・トリガー獣。種族が優秀で進化元になれる点が強み。手打ちの場合でも悪くないのでリキッド・ピープルを使うならば複数枚投入して良い。

 

《ストリーミング・シェイパー》※殿堂入り

f:id:athachigatsu:20190622090934j:plain

 単色デッキならば確実に4ドローできる呪文。コスト的には2ドローできれば充分なので単色以外でも採用を検討できるだろう。

 

《ミラクル・サーチャー》

f:id:athachigatsu:20190622091441j:plain

 シールドをブレイクするたびに2ドローできる呪文。3マナというコスト的には1枚でもブレイクできれば充分という計算だが、ドローするタイミングがアタックステップである以上、引いたカードをその場で余ったマナで使うというプレイングは不可能。できれば2回シールドブレイクを通したい。

 ドローできるタイミングはシールドをブレイクする一連の処理が終了した後なので、S・トリガーで発動した《ゴースト・タッチ》で捨てられるのは攻撃前に持っていた手札からのみである。

 

《一角魚》

f:id:athachigatsu:20190622095021j:plain

 cipでクリーチャーを1体バウンスできる。相手のクリーチャーをバウンスすればこちらにはクリーチャーが出ている分ボードアドバンテージを大きく稼げる。《アクア・サーファー》と比べ4マナとやや軽いためよりビートダウンに向いている。

 

《アクア・シューター》

f:id:athachigatsu:20190622092023j:plain

 1回りサイズが大きくなった《キング・クラーケン》。ブロッカーとしてならば《アクア・ガード》で事足りるし、アタッカーとしては《アクア・ビークル》等で充分なので使いづらい。

 

《シュトラ》

f:id:athachigatsu:20190622100321j:plain

 cipで全員マナ回収を行う。序盤に召喚する分には良いが、終盤に召喚すると相手に能力を逆用されてしまう可能性が高い。《青銅の鎧》等のマナブーストで埋まったカードを回収するために使う。

 

《アクアン》※殿堂入り

f:id:athachigatsu:20190622092225j:plain

 cipで最高5ドローできる。《クリスタル・ランサー》等を軸にした水文明主体のデッキでは使いづらいが、光または闇文明主体に水文明をタッチしたデッキでは確実に採用される1枚。コスト的には2ドローできれば充分だが、水文明がデッキの半分近くを占める場合には採用しない方が無難だろう。

 

《ハンター・クラスター》

f:id:athachigatsu:20190622093815j:plain

 《キング・クラーケン》のS・トリガー版。水文明に多い攻撃できるブロッカーの1種。相手ターンに召喚できれば足止めができ、もし生き残れば返しのターンで攻撃に加わることができる。種族に恵まれない。

 

《クリスタル・パラディン

f:id:athachigatsu:20190622092824j:plain

 進化リキッド・ピープルの片割れ。cipで自分相手関係なくブロッカーを全てバウンスしつつ、召喚酔いしないパワー5000のクリーチャーを出せるのでフィニッシャーとして非常に強力。コストは4マナと軽く、進化元を召喚し即座に進化して攻撃というプレイングがしやすい。自分のブロッカーまでバウンスされてしまうことがデメリットだが、《アクア・ガード》は大抵進化元になっているのであまり気にならない。

 

《クリスタル・メモリー

f:id:athachigatsu:20190622094137j:plain

 S・トリガー付きのサーチ呪文。クリーチャー呪文問わず持ってくることができ、かつ選んだカードを相手に見せなくて良い。このカードに限ったことではないが、サーチカードは間接的に自分のシールドの中身を知ることができるのでその後の戦略が立てやすいという強みがある。

 

《ディープ・オペレーション》※殿堂入り

f:id:athachigatsu:20190622094611j:plain

 相手依存のドロー呪文。コスト的には2ドローできれば充分で、展開力のあるデッキ相手なら手打ちする頃には3ドローできる。

 

《リキッド・スコープ》

f:id:athachigatsu:20190622102127j:plain

 相手の手札とシールドを全て確認できる。このカード1枚ではアドバンテージが得られないことが難点。コントロール寄りのデッキで一斉攻撃前に《ホーリー・スパーク》がないかの確認や、ハンデスのタイミングを計るのに使える。

 

《アクア・ナイト》

f:id:athachigatsu:20190622095258j:plain

 大きなモヤシ。パワー4000は中々だが、積極的にアドバンテージを稼げないこのクリーチャーに5マナも掛けるのは重過ぎるか。

 

《ソーサーヘッド・シャーク》

f:id:athachigatsu:20190622095430j:plain

 cipで条件付きの全体バウンス。相手のウィニーをバウンスしつつ、自分の《エメラル》や《アクア・ハルカス》、《青銅の鎧》等のcipを再利用できる。

 

《ミラージュ・マーメイド》

f:id:athachigatsu:20190622095815j:plain

 cipで条件付きだが3ドローできる。参照するサイバーロードには《エメラル》や《コーライル》といった強力なクリーチャーが存在するため発動条件は満たしやすい。このクリーチャー自体のスペックはパワー4000と悪くなく、上手く扱えれば強力なカードだろう。

 

《コーライル》

f:id:athachigatsu:20190622100807j:plain

 cipで相手のクリーチャーを1体山札の一番上に送る。バウンスとドローロックを一挙に行うため非常に強力な能力である。進化クリーチャーを対象にした場合、山札の一番上に置く順番は相手プレイヤーが好きに入れ替えることができる。

 なお、お互いに《コーライル》を召喚し合う千日手に陥った場合は引き分けにならず、仕切り直しとなり再度ゲームが初めから行われる。

 

《ツインヘッド・タートルβ》

f:id:athachigatsu:20190622105026j:plain

 アタックトリガーで1ドローできる能力を持つサバイバー。クリーチャーを展開すればするだけ力を増すサバイバーにとっては嬉しいドローソース。通常、アタックトリガー能力は召喚酔いしている間に除去されると発動しないため敬遠されがちであるが、このクリーチャーのそれはサバイバー能力なので召喚したターンから他のクリーチャーで効果を発動できる。

 

《テレポーテーション》

f:id:athachigatsu:20190622101450j:plain

 《スパイラル・ゲート》2枚分の効果を持つ呪文。1枚のカードで2枚のカードに干渉できるためアドバンテージに繋がりやすい。効果の対象は自由に選択できるので、自分と相手のクリーチャー1体ずつをバウンスすることも可能。

 

《アクア・サーファー》

f:id:athachigatsu:20190622102804j:plain

 S・トリガー版の《一角魚》。種族的には3マナ重くなってcipが付いた《アクア・チャージャー》。手打ちした際のコストパフォーマンスはイマイチだが、1枚で2枚分のボードアドバンテージが取れるカードがS・トリガーで出てくるのは相手からすれば脅威である。未攻撃のクリーチャーをバウンスして返しのターンで殴り返せるので、特に【速攻】に対して強力なメタカードとなる。おまけに種族がリキッド・ピープルなので進化元になる。とりあえず4積みして良い。

 

《流星魚α》

f:id:athachigatsu:20190622104854j:plain

 自分のサバイバー全てをアンブロッカブルにする強力なクリーチャー。《ブレイドラッシュ・ワイバーンδ》と双璧を成すサバイバーデッキの切り札。《ソニック・ウイング》等の呪文と違いアンブロッカブル能力が発効するのは《流星魚α》がバトルゾーンにいる間のみなので、S・トリガーでこのクリーチャーが除去されるとその瞬間後続はブロック可能になる点に注意。

 

《クリスタル・ランサー》

f:id:athachigatsu:20190622103635j:plain

 重量級の進化リキッド・ピープル。アンブロッカブルのW・ブレイカーと能力はシンプルながら非常に強力。進化クリーチャーなので召喚酔いせず、召喚したターンに即シールドを2枚割ることができる。相手のシールドが0枚の状態で手札に引いてきたら勝利確定。またアンブロッカブルクリーチャーにしてはパワーが高く、そうそう殴り返しで破壊されない。進化元のリキッド・ピープルは低コストかつ優秀な能力を備えたものが多いことも長所。最強クリーチャーの1体だが、コストは相応に重いのでマナカーブに注意。

 

《レジェンダリー・バイロン

f:id:athachigatsu:20190622111222j:plain

 唯一の進化リヴァイアサン。コスト・サイズが同じ《クリスタル・ランサー》と比較するとアンブロッカブル能力の対象が自身ではなく、他の水文明のクリーチャーとなっている。能力は強力なのだが、W・ブレイカーである以上自身がブロックされない方が良い場面が多く、敢えてこちらを使うには愛が必要。リヴァイアサンは数が少なく、多くはコストの重いファッティであることも辛い。

 

《ハイドロ・ハリケーン※殿堂入り

f:id:athachigatsu:20190622104257j:plain

 自分のバトルゾーンの状況によって効果が変動する呪文。闇文明のクリーチャーがいればその数だけクリーチャーバウンスを、光文明のクリーチャーがいればその数だけマナバウンスを行う。前者の効果は《スパイラル・ゲート》や《テレポーテーション》等で代用できるので、このカードを使う上で狙うのは後者のマナバウンス効果となる。幸い参照する光文明はクリーチャーの大量展開が得意なため充分な効果が期待できる。

 

《キング・ポセイドン》

f:id:athachigatsu:20190622110657j:plain

 cipで2ドローできる。手札を補充しつつパワー5000のクリーチャーを場に出せるのでコストパフォーマンスは良好なのだが、如何せん7マナは重過ぎる。条件付きだが5マナで3ドローできる《ミラージュ・マーメイド》が存在しているのでそちらを使った方が良さそう。

 

《キング・オリオン》

f:id:athachigatsu:20190622111802j:plain

 W・ブレイカーを持つアンブロッカブルクリーチャー。パワーも充分高く強力なクリーチャーなのだが、やはり《クリスタル・ランサー》が強過ぎて採用は難しい。こちらが1回相手プレイヤーを攻撃するまでに、進化元が必要とはいえあちらは2回攻撃できる。

 

《キング・アクアカムイ》

f:id:athachigatsu:20190622115528j:plain

 cipでエンジェル・コマンドとデーモン・コマンドを全てサルベージできる上、それらの種族をパンプアップする能力持ち。コストは相応に重いが、墓地のカードを複数枚回収できるカードは少なく、重いコストも対象のエンジェル・コマンドやデーモン・コマンドに近いと考えれば悪くない。漫画のように《ロスト・ソウル》への切り返しに召喚できればカッコいいかも。

 

《アクア・スナイパー》 

f:id:athachigatsu:20190622111754j:plain

 cipで《テレポーテーション》が撃てる。コストの割にW・ブレイカーすらないが、クリーチャーである点が強み。cipでこのクリーチャー自身をバウンスすることで毎ターン相手のクリーチャーを1体バウンスし続けるプレイングが可能。重いためビートダウンには向かないが、コントロール寄りのデッキでは採用を検討できる。

 

《キング・マゼラン》

f:id:athachigatsu:20190622111148j:plain

 サイズが大きくなった《一角魚》。上記の《アクア・スナイパー》と比べるとバウンスする対象が1枚減った代わりにパワーが上がりW・ブレイカーを得た。コストパフォーマンスは悪くないのだが、やはり8マナは重過ぎる。アタッカーが欲しいのならば《クリスタル・ランサー》を使えば良く、バウンスをしたいのならば《アクア・スナイパー》を使えば良い、と中途半端。

 

《神々の逆流》

f:id:athachigatsu:20190622113212j:plain

 全プレイヤーのマナを0にする豪快な呪文。バトルフィールドを制圧した後に使えばほぼ勝利が確定する。【クリーチャーコントロール】では切り札になり得る。

 

 

 総評して、水文明には殿堂入りカードが8種あるだけあり強力なカードが多く揃っている。特に進化リキッド・ピープルの2種は他文明の進化クリーチャーと比較して頭1つ抜けた性能を持っており、充分デッキのメインに据えられる。弱点としては全体的にパワーが低い上、除去手段が全てバウンスなので相手クリーチャーを破壊できないこと。水文明主体のデッキを組むにしても闇文明をタッチして除去手段を増やしたいところ。

 《エメラル》・《スパイラル・ゲート》・《アクア・ハルカス》・《ディープ・オペレーション》・《アクア・サーファー》の5種は汎用性が高く、他文明がメインのデッキにも無理なく採用できる。