きくメモ改

メモ改

デュエマクラシックカードリスト:闇文明

 デュエマクラシックカードリストの闇文明編(コスト昇順)

 

《怒りの影ブラック・フェザー》

f:id:athachigatsu:20190622141753j:plain

 自分のクリーチャーを1体破壊しなければ召喚できないクリーチャー。ボードアドバンテージを捨てて召喚されるのがパワー3000のクリーチャー1体ではあまりにも釣り合わないが、《絶望の魔黒ジャックバイパー》が存在している場合はその限りではない。種族がゴーストなので、このクリーチャー自身が進化元になれる。

 

《ねじれる者ボーン・スライム》

f:id:athachigatsu:20190622133128j:plain

 プール最軽量の攻撃できるブロッカー。相手プレイヤーを攻撃した後自壊するマイナス能力があるが、パワーが低くどうせすぐに破壊されるためあまり気にならない。通常、攻撃できるブロッカーはパワーに対してコストが重く設定されるため敬遠されがちだが、このクリーチャーは1マナと軽く優秀。

 

《ファントム・ベール》

f:id:athachigatsu:20190622230005j:plain

 相手クリーチャーに強制攻撃を付与する呪文。下記の《ブラッディ・イヤリング》等のブロッカーや《嘆きの影ベルベットフロー》等のスレイヤーを展開してから使えば相手のクリーチャーを返り討ちにできる他、手札補充のため敢えてシールドをブレイクさせるためにも使える。

 

《ブラッディ・イヤリング》

f:id:athachigatsu:20190622133914j:plain

 逆スレイヤーの小型ブロッカー。最高でも1:1交換にしかならないが、それでも2マナでパワー4000は優秀。具体的には、《アストラル・リーフ》や《大勇者「大地の猛攻」》によってパンプアップされたクリーチャー等を相討ちにすることができる。

 

《さまよう者ブレイン・イーター》

f:id:athachigatsu:20190622134248j:plain

 他の同コストブロッカーは、水文明ならパワーが1000高く、光文明ならそれに更にクリーチャーへの攻撃許可が付いてくる。その上このクリーチャーは進化元になれない。なんとも悲しいスペックだが、種族がリビング・デッドなので《闇をあばく者スケルトン・シーフ》でサルベージできる。

 

《ダーク・リバース》

f:id:athachigatsu:20190622134706j:plain

 最軽量のサルベージ呪文。他のサルベージ手段に比べてコストが軽いので、回収したクリーチャーをそのまま召喚しやすい。

 

《ゴースト・タッチ》

f:id:athachigatsu:20190622134913j:plain

 最軽量のハンデスカード。1枚しか捨てられないのでこれ1枚でハンドアドバンテージを稼げるわけではないが、コストが軽いため連射が効く。

 

《クリティカル・ブレード》

f:id:athachigatsu:20190622135641j:plain

 ブロッカー除去呪文。軽い上、サイズに関係なく破壊できるため序盤から終盤まで扱いやすい。基本編には《火炎流星弾》が存在しないため、【速攻】のブロッカー対策はこれか《ボルカニック・アロー》になる。

 

《悪魔の契約》

f:id:athachigatsu:20190622140017j:plain

 自分のマナを手札に変換する呪文。自然文明絡みでマナブーストするデッキなら採用を検討できるかもしれない。

 

《捕らえる者ボーン・スパイダー》

f:id:athachigatsu:20190622140210j:plain

 逆スレイヤーのアタッカー。デメリットがある分、パワーが高くなっており多くのクリーチャーと相討ちになる。焼かれづらく、進化クリーチャーに対抗できる点で優秀だが、殴り返しに弱い。相討ちを狙うだけならば後述する《嘆きの影ベルベットフロー》で充分である点が辛い。

《卵胞虫ゼリー・ワーム》

f:id:athachigatsu:20190622140425j:plain

 アタックトリガーでハンデスを行うクリーチャー。パワーは低く除去されやすいが、生き残れた場合はビートダウンとハンデスを同時に行えるため凶悪。《ゴースト・タッチ》等の呪文と違い自分の手札を減らさずにハンデスできるので稼げるアドバンテージは大きい。

 種族がパラサイトワームなので、《魔獣虫カオス・ワーム》の進化元になる。

 

《貪欲の影グレイ・バルーン》

f:id:athachigatsu:20190622175223j:plain

  闇文明のブロッカーには珍しく、クリーチャーへの攻撃が禁止されていないクリーチャー。種族がゴーストなので、《絶望の魔黒ジャックバイパー》の進化元になる。

 

 

《嘆きの影ベルベットフロー》

f:id:athachigatsu:20190622140922j:plain

 最軽量スレイヤー。3マナながら、どんなクリーチャーとも1:1交換が狙える。種族がゴーストなので、《絶望の魔黒ジャックバイパー》の進化元になる。

 

《パープル・ピアス》

f:id:athachigatsu:20190622144422j:plain

 光文明の《神速の守護者グラン・リエス》と対になっているクリーチャー。光文明はバトル以外でのクリーチャー破壊手段に乏しいため、相手が光文明をメインにしている場合は非常に厄介なクリーチャーとなるだろう。

 

《絶望の魔黒ジャックバイパー》

f:id:athachigatsu:20190622141244j:plain

 進化ゴースト。自分の他の闇文明のクリーチャー全てにモヤシ能力を与える。特に上記の《嘆きの影ベルベットフロー》と相性が抜群に良く、他には自壊能力を持つ《ねじれる者ボーン・スライム》等と相性が良い。能力の例外にカード名は挙げられていないため、自分の《絶望の魔黒ジャックバイパー》を2体以上並べるとちゃんとモヤシになる。

 

《デビル・ドレーン》※殿堂入り

f:id:athachigatsu:20190622145652j:plain

 自分のシールドを手札に変換する呪文。相手がライブラリアウト型の【除去コントロール】だった場合に不要なシールドを回収するために使う。3マナで大量に手札を補充できる可能性があるものの、ビートダウン相手に使うのは自殺行為なので汎用性が低い。殿堂入りのため1枚しかデッキに入らないので、《クリスタル・メモリー》等を使った銀の弾丸的な運用になるか。

 

《ダーク・クラウン》

f:id:athachigatsu:20190622142216j:plain

 サイズが大きくなった《ブラッディ・イヤリング》。パワー6000は中々に強力だが、ブロッカーとしては4マナとコストが重めで使いづらいだろう。

 

《嘆きの影ダーク・レイブン》

f:id:athachigatsu:20190622142420j:plain

 自壊効果がなくなった代わりに3マナ重くなった《ねじれる者ボーン・スライム》。文明が違うが、《キング・クラーケン》の下位互換。明らかにスペック不足だが、種族がゴーストなので進化元になる。

 

《アンバー・ピアス》

f:id:athachigatsu:20190622142550j:plain

 アタックトリガーでサルベージを行えるクリーチャー。能力は強力だが、パワーが低く除去されやすく、使いづらい。同じアタックトリガー持ちの《卵胞虫ゼリー・ワーム》と比較して、コストが1重い点と種族に恵まれない点が大きい。

 

《汽車男》

f:id:athachigatsu:20190622142906j:plain

 cipでハンデスするS・トリガー獣。手打ちする場合でもコストパフォーマンスは悪くなく、扱いやすい。

 

《ギガボルバ》

f:id:athachigatsu:20190622143115j:plain

 光のS・トリガーを禁止するシステムクリーチャー。光のS・トリガーには《ホーリー・スパーク》という危険なカードが存在するので、クリーチャーを並べて一斉攻撃するタイプのデッキでは特に頼れるクリーチャーと言えるだろう。

 システムクリーチャーの割にパワー3000とそこそこあるので《クリムゾン・ハンマー》等で除去されない点が優秀。

 

《暴食虫グレゴリア・ワーム》

f:id:athachigatsu:20190622143517j:plain

 準バニラのS・トリガー獣。ただ使う分にはcipのある《汽車男》の方が優秀だが、このクリーチャーは《魔獣虫カオス・ワーム》の進化元になれるためそれを使うデッキでは採用できる。《卵胞虫ゼリー・ワーム》と違いパワーが高く焼かれづらいのは強み。パワーが低めの闇文明では珍しくコスト論通りのパワーを持つ。《汚れた者スケルトンソルジャー》の上位互換。

 

《呪いの影シャドウ・ムーン》

f:id:athachigatsu:20190622143734j:plain

 闇文明のクリーチャーをパンプアップするクリーチャー。闇文明のクリーチャーは他文明の同コストクリーチャーと比べてパワーが低く設定されているため、その弱点を補える。ただし、自分相手関係なく効果が及ぶので、相手も闇文明を使っている場合は注意が必要。種族がゴーストであるので進化元になる。

 

《闇をあばく者スケルトン・シーフ》

f:id:athachigatsu:20190622144141j:plain

 cipでリビング・デッドをサルベージできる。種族が限定されている点は不満だが、幸いリビング・デッドには《ねじれる者ボーン・スライム》という優秀かつ墓地に落ちやすいクリーチャーが存在しているため腐りにくい。

 

《ダーク・ティアラγ》

f:id:athachigatsu:20190622144751j:plain

 アタックトリガーでハンデスを行えるサバイバー。この能力は重複するため、2体以上並べると1回の攻撃で複数枚のハンデスが可能になる。通常、アタックトリガー能力は召喚酔いしている間に除去されると発動しないため敬遠されがちであるが、このクリーチャーのそれはサバイバー能力なので召喚したターンから他のクリーチャーで効果を発動できる。

 

《デス・スモーク》

f:id:athachigatsu:20190622145236j:plain

 標準的な除去呪文。4マナと軽いのが最大の長所。タップされていないクリーチャーしか破壊できないが、殆どのクリーチャーは召喚酔いのため出されたターンはタップされずこちらにターンが回ってくるのでその隙に破壊できる。

 

《スネークアタック》

f:id:athachigatsu:20190622145628j:plain

 自身のシールドを犠牲にして自分のクリーチャー全てにW・ブレイカーを与える呪文。闇文明絡みの【速攻】ではフィニッシャーになり得る強力なカード。《ボルカニック・アロー》等と同様、自分のシールドが1枚もない場合ではデメリットなしのカードになる。

 

《魔将ダーク・フリード》

f:id:athachigatsu:20190622150401j:plain

 5マナでパワー6000かつW・ブレイカーである代わりに、アタックトリガーで自らのシールドを墓地に送るデメリットを持つクリーチャー。全く使えないこともないが、基本的には後述の《剣舞の修羅ヴァシュナ》の方が優秀。

 

《荒廃の巨王ジェノサイド》

f:id:athachigatsu:20190622151915j:plain

 《飛翔の精霊アリエス》と対になる最軽量デーモン・コマンド。光文明はブロックするためにタップされていない状態で待機することが多く、それを破壊していける特殊能力は噛み合っている。対抗して《飛翔の精霊アリエス》を召喚してきてもこちらは闇文明なので相討ちさせずとも対処しやすい。種族がデーモン・コマンドなので《悪魔神バロム》の進化元になる。

 

《屑男》

f:id:athachigatsu:20190622150845j:plain

 クリーチャーが破壊されるたびにカードをドローできるシステムクリーチャー。対になっている《雷鳴の守護者ミスト・リエス》と違い複数枚デッキに入れることができる。闇文明には《ねじれる者ボーン・スライム》や《ブラッディ・イヤリング》等の自壊能力持ちや《嘆きの影ベルベットフロー》等のスレイヤーが存在するため能力を活かしやすい。ただし、《絶望の魔黒ジャックバイパー》の効果で破壊を免れる場合は当然ドロー能力は使えない(相手クリーチャーと相討ちの場合は1枚引ける)。

 

剣舞の修羅ヴァシュナ》

f:id:athachigatsu:20190622150702j:plain

 《荒廃の巨王ジェノサイド》と並ぶ最軽量デーモン・コマンド。5マナでパワー7000かつW・ブレイカーである代わりに、相手プレイヤーへの直接攻撃が行えないというデメリットを持っている。デメリットはあまり大きくなく、優秀なアタッカーと言える。種族がデーモン・コマンドなので進化元になる。

 

《ギガリングα》

f:id:athachigatsu:20190622152537j:plain

 自分のサバイバー全てをスレイヤーにするクリーチャー。サバイバーはパワーが低めに設定されているのでバトルで簡単に破壊されやすいが、それを補える能力である。《鉄壁の守護者ガリア・ゾールα》や《流星魚α》等、相性の良いサバイバーが多い。

《角男》

f:id:athachigatsu:20190622230619j:plain

 自然文明に対するメタクリーチャー。ただしこのクリーチャーが召喚できる頃にはマナブーストされておりコストが1増えた程度では大した痛手にならないケースが多い。

 

《魔獣虫カオス・ワーム》

f:id:athachigatsu:20190622152937j:plain

 cipで相手のクリーチャーを1体破壊できる進化パラサイトワーム。本来進化クリーチャーは召喚時にボードアドバンテージを失うものの、それを即座に回復できる。5マナ相当の確定除去にパワー5000の召喚酔いしないクリーチャーが付いてくるのだから凶悪。クリーチャーなので《聖霊アルカディアス》も問題なく破壊できる。問題は進化元のパラサイトワームにマトモなクリーチャーが2種しかいないこと。

 

《策略の手》

f:id:athachigatsu:20190622153815j:plain

 ピーピング+ハンデスを行う呪文。効果自体は強力なのだが、《ゴースト・タッチ》と比べるとコストが重く使いづらい。

 

《暗黒の騎士ザガーン》

f:id:athachigatsu:20190622154056j:plain

 準バニラのファッティ。コストが1マナ重くなった代わりにデメリットがなくなった《剣舞の修羅ヴァシュナ》。「やつを戦場に出したら、一方的に勝つに決まっている」とは覇王ブラックモナークの弁だが、同コスト同能力の《雷撃の求道者ラ・ガイル》の下位互換である。幸い種族がデーモン・コマンドなので《悪魔神バロム》の進化元になれる。

 

《滅びの影ナイト・マスター》

f:id:athachigatsu:20190622224426j:plain

  サイズが大きくなった《嘆きの影ダーク・レイブン》。あちらと同様水文明に上位互換が存在する。こちらは《シーマイン》の下位互換。種族がゴーストである点は強み。

 

《暗黒巨兵マギン》

f:id:athachigatsu:20190622154534j:plain

 サイズが2倍になった《卵胞虫ゼリー・ワーム》。コストは6マナとビートダウンには重過ぎて、このクリーチャーが攻撃するタイミングでは相手の手札はあまり残っていないことが多くハンデスの威力もイマイチになりやすい。ハンデスできるデーモン・コマンドであれば後述する《凶骨の邪将クエイクス》がcipで行える。

 

《邪妃グレゴリア》

f:id:athachigatsu:20190622155103j:plain

 全てのデーモン・コマンドをパンプアップし、ブロッカーを付与するクリーチャー。デーモン・コマンドはファッティが多く複数並べることは難しい上、パンプアップせずとも大抵パワーが足りているためイマイチ噛み合っていない。このクリーチャー自身が重いのも辛い。

《偽りの影ヘル・スモーク》

f:id:athachigatsu:20190622230946j:plain

 光文明に対するメタクリーチャー。光文明が得意とするブロッカーの大量展開を阻害できる。他のシステムクリーチャーと違い、自身がパワー5000とバトルで強いためアタッカーとして使える点が強み。対になっている《牢黒の伝道師ミリエス》と違い進化元になる。

 

《冥将ダムド》

f:id:athachigatsu:20190622155531j:plain

 pigでパワー3000以下のクリーチャーを全て破壊するクリーチャー。パワー3000以下のクリーチャーは、基本編にいるクリーチャー288種のうち約6割である174種を占めるため、多くのクリーチャーを破壊できる。しかし能力の発動タイミングが基本的に相手依存のため使いづらいのが難点。また、種族に恵まれない。

 

《魔翼虫ジェノサイド・ワーム》

f:id:athachigatsu:20190622161424j:plain

 進化パラサイトワーム2種の片割れ。所詮は準バニラのファッティだが、6マナで召喚酔いしないパワー11000のW・ブレイカーとなれば脅威である。パラサイトワームを多く入れるデッキなら採用を検討できる。

 

《デーモン・ハンド》

f:id:athachigatsu:20190622155848j:plain

 言わずと知れた確定除去呪文。あらゆるデッキに4積みされる最強カードの1つ。

 

《混沌の獅子デスライガー

f:id:athachigatsu:20190622160512j:plain

 準バニラのファッティ。《光輪の精霊シャウナ》の下位互換。種族がデーモン・コマンドなので進化元になるが、他にもっと使いやすいデーモン・コマンドはたくさんいる。

 

《腐食虫スワンプワーム》

f:id:athachigatsu:20190622225044j:plain

 cipで相手のクリーチャーを1体破壊するクリーチャー。《魔獣虫カオス・ワーム》や《デーモン・ハンド》と違い破壊するクリーチャーは相手が選ぶため、狙ったクリーチャーを破壊できることは少ない。ボードアドバンテージを得られるものの、コストが重い上パワー2000と貧弱なのが難点。種族がパラサイトワームなので《魔獣虫カオス・ワーム》の進化元になれる。

 

《凶骨の邪将クエイクス》

f:id:athachigatsu:20190622154801j:plain

 cipで自分の他の闇文明クリーチャーの数だけハンデスを行うクリーチャー。同コストには《ロスト・ソウル》というハンデス最強カードがあるが、こちらは大型クリーチャーが場に残るのが強み。ハンデスしつつ《悪魔神バロム》の進化元を用意できると考えれば充分強力である。

 

《殺戮の羅刹デス・クルーザー》

f:id:athachigatsu:20190622160743j:plain

 cipで自分の他のクリーチャーを全て破壊するデメリット能力付きのファッティ。パワー13000かつT・ブレイカーは大したものだが、除去耐性が何もないのでは活躍は難しい。《聖霊アルカディアス》に素で殴り勝てるが、攻撃が通る前提ならその辺のスレイヤーで充分である。一応、自分のクリーチャーが存在しない時に召喚すればデメリットなし。逆転に繋がるかも?

 

《魔刻の騎士オルゲイト》

f:id:athachigatsu:20190625212026j:plain

 自分クリーチャーが破壊されるとアンタップされる特殊能力を持つクリーチャー。《ねじれる者ボーン・スライム》等の自壊効果持ちや《嘆きの影ベルベットフロー》等のスレイヤーによる自爆特攻と組み合わせると効果的。パワーはイマイチなので一見殴り返しに弱いが、チャンプブロックでアンタップされるので割と持ちこたえられる。

 

《ロスト・ソウル》

f:id:athachigatsu:20190622161125j:plain

 代表的な闇文明の切り札。【除去コントロール】等の手札を溜め込むデッキ相手に撃てばほぼほぼ決着が付く。使うならばマナブーストからなるべく早いタイミングで撃ちたいところ。

 

《妖姫シルフィ》

f:id:athachigatsu:20190622162128j:plain

 《冥将ダムド》のpigがcipになったクリーチャー。発動タイミングが相手に依存しない分、コストが重くなってしまっている。全体除去自体は強力なのだが、ここまでコストが重いと使う前にビートダウンされてしまうだろう。素直に火文明を頼って《灼熱波》や《バースト・ショット》を使った方が無難。

 

《ギガルゴン》

f:id:athachigatsu:20190622172430j:plain

  cipでクリーチャーを2体までサルベージできる。コストは重いが、他に使いやすいサルベージ手段が《ダーク・リバース》しかないので【除去コントロール】メタに採用が考えられる。2体もサルベージできるので、《ギガルゴン》が複数枚あればこのクリーチャー+他のクリーチャー1体をサルベージし続けるループが組める。

 

《凶闘の魔人ギリエル》

f:id:athachigatsu:20190622155041j:plain

 準バニラのファッティ。スペックは《魔翼虫ジェノサイド・ワーム》と同等。流石にあちらの方が強い。

 

《悪魔神バロム》

f:id:athachigatsu:20190622161757j:plain

 cipで闇文明以外のクリーチャーを全て破壊する進化デーモン・コマンド。出せれば一発逆転が狙えるカードだが、相手が闇文明を使っていたり、そもそもクリーチャーをあまり使わないデッキだったりするとコストの割にプレッシャーが弱い。

 

《いけにえの鎖》

f:id:athachigatsu:20190623002001j:plain

 自分のクリーチャーを1体犠牲にして相手のクリーチャーを2体破壊する呪文。単純な数量関係では2:2交換なので見かけ上アドバンテージは稼げないが、pigクリーチャーがいればその能力を発動させつつ2体除去できるし、そうでなくともcipを使い切ったクリーチャーやターンが進み力不足となった小型クリーチャーと相手のクリーチャー2体を交換できれば充分お釣りがくる。

 

 総評して、クリーチャーは素直な性能のものはパワーが低く、性能が良いものは大抵マイナス能力を持っておりクセが強い。一方呪文は《ゴースト・タッチ》・《デス・スモーク》・《スネークアタック》・《デーモン・ハンド》・《ロスト・ソウル》といった強力なラインナップが揃っている。闇文明のみでドロー・除去・パンプアップ等一通りこなせるのでほぼ単色でもそれなりに戦える。進化クリーチャーはゴースト、パラサイトワーム、デーモン・コマンドどれも強力。とりわけパラサイトワームは扱いやすいだろう。