きくメモ改

メモ改

デュエマクラシックカードリスト:火文明

 デュエマクラシックカードリストの火文明編(コスト昇順)

 

《職人ピコラ》

f:id:athachigatsu:20190623004924j:plain

 1マナでパワー2000は強力だが、自身のマナを1つ墓地に送るマイナス能力を持つ。進化元にもなれないので、基本的に2マナのバニラクリーチャーで事足りる。

 

《凶戦士ブレイズ・クロー》

f:id:athachigatsu:20190623004719j:plain

 最も扱いやすい最軽量アタッカー。【速攻】の必須カード。他の1マナアタッカーと同様にマイナス能力を持っているが、【速攻】で足踏みしている暇などないので殆ど気にならない。

 

《不死身男爵ボーグ》《喧嘩屋タイラー》

f:id:athachigatsu:20190623005223j:plain f:id:athachigatsu:20190623005257j:plain

 2マナのヒューマノイド。主に《機神装甲ヴァルボーグ》等の進化元としての採用となるのでどちらを使っても大差ない。

 

《小さな勇者ゲット》

f:id:athachigatsu:20190623005438j:plain

 上記2種に比べ強制攻撃のマイナス能力がある代わりにパワーが安定している。スペックが優秀なので《機神装甲ヴァルボーグ》を使わない場合でも充分採用できる。

 

《奇襲兵ブルレイザー》

f:id:athachigatsu:20190623010107j:plain

 2マナでパワー3000とコストパフォーマンスが良い代わりに、相手のクリーチャーの数が自分のそれより多いと攻撃できないマイナス能力を持つ。【速攻】ならば毎ターンのようにウィニーを召喚するか相手のブロッカーを除去するかなので枚数有利は取りやすく、マイナス能力はあまり気にならないかもしれない。《バースト・ショット》で焼かれないのが最大の強み。

 

《ピッピ・クッピー》

f:id:athachigatsu:20190623005855j:plain

 自分相手問わず全てのアーマード・ドラゴンをパンプアップするクリーチャー。マイナス能力がないので使いやすいが、元々パワーの高いアーマード・ドラゴンを強化する必要性は疑問。

 

《双神兵カミカゼ

f:id:athachigatsu:20190623144904j:plain

 S・トリガー獣。軽いので手打ちしやすく、【速攻】では採用を検討できる。

 

《ブレイズザウルスα》

f:id:athachigatsu:20190623012226j:plain

 最軽量サバイバー。多くクリーチャーを並べることが何よりも重要なサバイバーデッキでは必然的に4積みされることになる。種族がロック・ビーストなので一応《超巨岩獣ドボルガイザー》の進化元になる。

 

《クリムゾン・ハンマー》

f:id:athachigatsu:20190623010426j:plain

 標準的な火力呪文。《蒼天の守護者ラ・ウラ・ギガ》のような1マナブロッカーや《雷鳴の守護者ミスト・リエス》等のシステムクリーチャーが射程に入る。

 

《ボルカニック・アロー》

f:id:athachigatsu:20190623011125j:plain

 シールドを1枚犠牲にする火力呪文。2マナというコストでパワー6000まで焼くことができるのは強力で、序盤に登場するクリーチャーは全てこれで除去できるため【速攻】と相性が良い。

 

《チッチ・ホッピー》

f:id:athachigatsu:20190623011718j:plain

 火文明単色デッキだと3マナでパワー4000となるクリーチャー。能力発動前提ならコストパフォーマンスが良く、充分採用を検討できる。

 

《爆弾小僧ミサイルボーイ》

f:id:athachigatsu:20190623011454j:plain

 光文明に対するメタクリーチャー。3マナと軽く早期から妨害を行えるが、タップ&デストロイが得意な光文明に何の策もなく召喚しても返しのターンに破壊されるのがオチなので、予め上記の《ボルカニック・アロー》等でブロッカーを除去してから召喚したい。

 

《解体屋ピーカプ》

f:id:athachigatsu:20190623011909j:plain

 最軽量スピードアタッカー。【速攻】の必須カードである。

 

《ポッポ・チャッピー》

f:id:athachigatsu:20190623012142j:plain

 セイバー能力を持つ唯一のクリーチャー。サイズは大きいものの除去耐性のないアーマード・ドラゴンを守れる点は嬉しいが、3マナでパワー1000は非力過ぎる。

 

《機神装甲ヴァルバロス》

f:id:athachigatsu:20190623012941j:plain

 3種類いる進化ヒューマノイドの1体。スペックは3マナでパワー3000とイマイチで、特殊能力は条件付きのパワーアタッカーのみと地味。どう考えても下記の《機神装甲ヴァルボーグ》の方が強いので採用されることはまずないだろう。

 

《機神装甲ヴァルボーグ

f:id:athachigatsu:20190623013143j:plain

 進化ヒューマノイド。最軽量のW・ブレイカーでもあり、パワーは5000と優秀。2マナのヒューマノイドはたくさんいるので進化元には困らない。3ターン目に召喚酔いしないパワー5000のW・ブレイカーが出てくるのは相手にとって脅威そのもの。《アクア・サーファー》や《デーモン・ハンド》がシールドに入っていなければそのまま押し切ってしまうことすらある。

 

《銃神兵ディオライオス》

f:id:athachigatsu:20190623013448j:plain

 cipで自分と相手のクリーチャーをそれぞれ1体ずつ破壊するクリーチャー。場合によっては自身を破壊して《死の宣告》の代わりに使うことができる。《聖霊アルカディアス》によって呪文が禁止されているときでも撃てる除去手段の1つであり、【除去コントロール】ではよく用いられるカード。

 

《フレムトロプス》

f:id:athachigatsu:20190623014003j:plain

 自身のマナを1つ破壊することでパワーアタッカーとW・ブレイカーを得るクリーチャー。デメリットはあるが、4マナでW・ブレイカー持ちは珍しいのでビートダウンでは使い道があるかもしれない。

 

《砲神兵バゴーン》

f:id:athachigatsu:20190623161550j:plain

 火文明のS・トリガー獣で最大のサイズを誇るクリーチャー。相手プレイヤーを攻撃できないためクリーチャー戦専門だが、同コストに強力な《ストームジャベリン・ワイバーン》がいるため影が薄い。

 

《ストームジャベリン・ワイバーン

f:id:athachigatsu:20190623014215j:plain

 光文明・水文明に対するメタクリーチャーで、敵対色アンタップキラー。4マナでパワー7000は非常に強力であり、光文明・水文明のクリーチャーを片っ端から破壊していける。能力の適応外の相手についてもパワー7000は厄介でありただバトルゾーンに突っ立っているだけでも強い。

 

《機神装甲ヴァルディオス》

f:id:athachigatsu:20190623014525j:plain

 唯一コストが4マナである進化ヒューマノイド。W・ブレイカーと、自分の他のヒューマノイド全てをパンプアップする能力を持つ。スペックは悪くないのだが、《機神装甲ヴァルボーグ》と比べるとコストが重く、スピードで見劣りする。

 

《クエイク・ゲート》

f:id:athachigatsu:20190623141813j:plain

 自分のクリーチャー全てをパンプアップし、アンタップキラーにする呪文。均衡を崩せる可能性がある。コントロール向けの呪文。

 

《ストーンザウルス》

f:id:athachigatsu:20190623151012j:plain

 よくいる準バニラ。下記の《ガルザウルス》と比べ安定した力を発揮できるロック・ビーストということで紹介。

 

《メテオザウルス》

f:id:athachigatsu:20190623141138j:plain

 cipで《クリムゾン・ハンマー》が撃てる。能力は優秀だが、コストに対してパワーが低い。種族がロック・ビーストなので《超巨岩獣ドボルガイザー》の進化元になる。

 

《ボマーザウルス》

f:id:athachigatsu:20190623151133j:plain

 pigで全員にランデスを行う。能力の発動タイミングが相手依存なので使いにくいが、ランデスデッキならばお呼びがかかるかもしれない。《超巨岩獣ドボルガイザー》の進化元になった場合は被破壊時に能力が発動しない。

 

《ガルザウルス》

f:id:athachigatsu:20190623141358j:plain

 自分の他のクリーチャーがいなければ攻撃時パワー8000かつW・ブレイカーになる大型ロック・ビースト。能力が発動すれば強いが非攻撃時はパワー4000な上、周りに守ってくれるクリーチャーがいないので除去されやすい。

 

《マグマティラノス》

f:id:athachigatsu:20190623142758j:plain

 S・トリガー獣。cipでパワー1000のクリーチャーを全て破壊する。ウィニーへ耐性があり、S・トリガーなので《超巨岩獣ドボルガイザー》を使うデッキでは採用する価値は高いだろう。

 

《猛爆軍曹ボンバット》

f:id:athachigatsu:20190623143240j:plain

 中型スピードアタッカー。これより軽いスピードアタッカーは《解体屋ピーカプ》のみなので、5枚目以降のスピードアタッカーが欲しいなら採用することになる。しかし【速攻】に入れるにはコストが重く、使うにはプレイングとデッキビルディングの腕が問われるだろう。

 

《トルネード・フレーム》

f:id:athachigatsu:20190623145134j:plain

 S・トリガー付きの火力呪文。《ボルカニック・アロー》と比較すると、コストが重くなり焼却範囲が狭まっているもののシールドを墓地に送るデメリットがなくなっている。手打ちしてもコストパフォーマンスはそれほど悪くないが、基本的には【速攻】対策のS・トリガーとなるだろう。

 

《灼熱波》

f:id:athachigatsu:20190623143814j:plain

 シールド1枚を犠牲に相手のパワー3000以下のクリーチャーを全て破壊する。これ1枚で基本編に存在するクリーチャー288種中174種を焼却できる。先攻5ターン目に唱えられればまず相手のバトルゾーンは空になるだろう。

 

《ボルシャック・ドラゴン》

f:id:athachigatsu:20190623145350j:plain

 条件付きのパワーアタッカーを持つファッティ。能力はシンプルで扱いやすい。

 

《ボルザード・ドラゴン》

f:id:athachigatsu:20190623145950j:plain

 アタックトリガーでランデスを行うクリーチャー。ランデスを行えるカードは貴重であり、対策カードは《神魂の守護者シュノーク・ラー》しか存在しない。アタックトリガーのため能力発動に時間が掛かるので、前もって《マナ・クライシス》等の他のランデスカードで妨害しておきたい。

 

《切断伯爵ムラマサ》

f:id:athachigatsu:20190623150303j:plain

 アタックトリガーで《クリムゾン・ハンマー》が撃てるクリーチャー。アタックトリガーなので生き残っている限り何度でも能力を起動できるのだが、このクリーチャーが攻撃しはじめる頃には既にパワー2000以下のクリーチャーなどあまり残っていないだろう。cipで撃てる《メテオザウルス》の方が使いやすいと思われる。種族がヒューマノイドなので進化元になる。

 

《超巨岩獣ドボルガイザー》

f:id:athachigatsu:20190623150602j:plain

 進化ロック・ビースト。cipで相手のパワー3000以下のクリーチャーを1体破壊できる。進化元には優秀なcipのある《メテオザウルス》や《マグマティラノス》がいるので困らない。

 

《バースト・ショット》

f:id:athachigatsu:20190623151636j:plain

 パワー2000以下のクリーチャー全てを破壊する全体火力。S・トリガー付きなので【速攻】への防御として頼もしく、各種コントロールデッキに積まれることが多い。《灼熱波》と違い自分のクリーチャーも焼かれてしまう点には注意。

 

《ガトリング・ワイバーン

f:id:athachigatsu:20190623151908j:plain

 アンタップキラーの扱いやすいファッティ。パワーアタッカーの多い火文明にしては珍しくパワーが安定しており、殴り返しを恐れず攻撃していくことができる。

 

《メテオ・ドラゴン》

f:id:athachigatsu:20190623152152j:plain

 準バニラのファッティ。攻撃時はパワー10000の大台に乗るが、同コストの《咆哮するグレート・ホーン》と同じ数値であり、あちらは非攻撃時にパワー8000なので明確に劣っている。

 

《メタルウイング・ワイバーン

f:id:athachigatsu:20190623152417j:plain

 アタックトリガーでブロッカーを1体破壊する。このクリーチャーの攻撃を止めるには最低でもブロッカーが2体必要になるので【クリーチャーコントロール】では対処に骨が折れる。

 DM-02のテキストでは相手のブロッカーを破壊することになっているが、後にエラッタされたクリーチャーであり参照範囲は自分のブロッカーにまで及ぶこととなっている。したがって、自分だけがブロッカーをバトルゾーンに出している場合、それを破壊しなければならない。

 

《ガルカーゴ・ドラゴン》

f:id:athachigatsu:20190623153002j:plain

 自分の他の火文明のクリーチャーの数だけ自身をパンプアップする能力と、アンタップキラー能力を併せ持つアーマード・ドラゴン。1000でもプラスされれば《ガトリング・ワイバーン》と同等なので、あちらと同様扱いやすい。

 

ボルテール・ドラゴン》

f:id:athachigatsu:20190623152834j:plain

 準バニラのファッティ。他のアーマード・ドラゴンに比べてパワーが安定している。

 

《ガルクライフ・ドラゴン》 

f:id:athachigatsu:20190623153419j:plain

 光文明に対するメタクリーチャー。cipでパワー4000以下の光文明のクリーチャーを全て破壊する。【クリーチャーコントロール】を1枚で破滅させることができるが、破壊できるのが光文明だけというのはやや扱いづらいか。

 

ブレイドラッシュ・ワイバーンδ》

f:id:athachigatsu:20190623153723j:plain

 W・ブレイカーのサバイバークリーチャーで、《流星魚α》と並ぶサバイバーデッキの切り札。序盤に召喚した《ブレイズザウルスα》等の小型クリーチャーが全員W・ブレイカーになるのは脅威である。

 

《ツインキャノン・ワイバーン

f:id:athachigatsu:20190623153957j:plain

 重量級のスピードアタッカー。W・ブレイカーを有するため召喚されたターンに単独で2枚シールドを割ることができ、相手の計算を大きく狂わせることができる。高い奇襲性能を持った1枚と言えるだろう。他のスピードアタッカーと違い、サイズが充分大きいので召喚したターンに決着が付かなくても腐らない。

 

バルキリー・ドラゴン》

f:id:athachigatsu:20190625214313j:plain

 cipでアーマード・ドラゴンを1体サーチできる能力を持つファッティ。自身もアーマード・ドラゴンなので、2体目以降の《バルキリー・ドラゴン》をサーチすることで手札を切らさず戦線を拡大できる。

 

《超竜ジャバハ》

f:id:athachigatsu:20190623155258j:plain

 進化アーマード・ドラゴン。自分の火文明のクリーチャー全てにパワーアタッカー+2000を与える。元々強力なパワーとW・ブレイカーを持つアーマード・ドラゴンから進化するにしては地味な能力と言わざるを得ない。コストが重いので進化元と同ターンに召喚して奇襲するプレイングはほぼ不可能。

 

《クリムゾン・ワイバーン

f:id:athachigatsu:20190623160022j:plain

 cipで全てのブロッカーを破壊する。このクリーチャーはブロッカーを退けたターンに攻撃できないが、《守護聖天ラディア・バーレ》のような大型ブロッカーだろうと全て除去できるのは強力。

 

《竜脈噴火》

f:id:athachigatsu:20190623154612j:plain

 自分の自然文明のクリーチャーの数だけランデスを行う呪文。ランデスデッキの実質的なフィニッシャーである。ドローソースに乏しいこの環境では3マナも吹き飛ばせれば充分だろう。

 

《超竜ザシャック》

f:id:athachigatsu:20190623155811j:plain

 2種いる進化アーマード・ドラゴンの片割れ。特殊能力はプール唯一のクルー・ブレイカーだが、参照するアーマード・ドラゴンは進化の際に1体減ってしまうのが難点。そもそもファッティばかりのアーマード・ドラゴンを何体も並べられたのであればそのまま攻撃すれば勝てることが多く、わざわざ9マナも支払ってこのクリーチャーを出す必要性が薄い。

 

 総評して、パワーアタッカー等により特定条件下で高いパワーを発揮するクリーチャーが多く殴り返しに弱い。《凶戦士ブレイズ・クロー》やスピードアタッカーを擁する文明なので【速攻】に必須である一方で、《ストームジャベリン・ワイバーン》を初めとするアンタップキラーや《クリムゾン・ハンマー》等の優秀な火力呪文が揃っており【除去コントロール】にも必須の文明となっている。また、数は少ないもののランデスカードが多いのもこの火文明である。

 デッキのメインを任せるならば【速攻】になるだろうが、その場合は《機神装甲ヴァルボーグ》を使うかどうかでデッキの方向性が変わってくる。使う場合は除去されたときの立て直しを図るために水文明を、使わない場合は除去手段の充実のために闇文明をタッチしたいところ。