きくメモ改

メモ改

デュエマクラシックカードリスト:自然文明

 デュエマクラシックカードリストの自然文明編(コスト昇順)

 

《スナイプ・モスキート》

f:id:athachigatsu:20190623181734j:plain

 最軽量クリーチャー。アタックトリガーでマナ回収を行う。普通に使うとマナブーストが阻害されコストの重いカードが使いにくくなるが、ウィニーしか採用しない【速攻】ならばそれほど大きなデメリットにならない。《再誕の森》等と組み合わせて実質的なサルベージ手段とすることができる。種族がジャイアント・インセクトなので、《大昆虫ギガマンティス》の進化元になる。

《シビレアシダケ》

f:id:athachigatsu:20190623182104j:plain

 cipで手札を1枚マナゾーンに置くことができる、最軽量のマナブーストクリーチャー。当然手札消費が激しくなるので各種ドローソースと組み合わせたい。

 

《炎のたてがみ》

f:id:athachigatsu:20190623182329j:plain

 標準的なバニラクリーチャー。種族がビーストフォークなので《大勇者「大地の猛攻」》・《大勇者「ふたつ牙」》の進化元になる。

《ラブ・エルフィン

f:id:athachigatsu:20190623182443j:plain

 自分が唱える呪文のコストを軽減するシステムクリーチャー。3ターン目に《マナ・クライシス》を唱えらえるようになるのでランデス要素を組み込むなら採用したいカード。

 

《孤高の願》

f:id:athachigatsu:20190623182751j:plain

 軽量級のS・トリガー獣。種族がビーストフォークなので進化元になる。

 

《巨翼の爪》

f:id:athachigatsu:20190623182914j:plain

 数多い2コスト帯のビーストフォーク。素のパワーは1000だが、相手の水文明・闇文明のクリーチャーの数だけ自身をパンプアップする能力を持つ。敵対文明の2つは使用率が高いので使いやすい。

 

《大勇者「大地の猛攻」》

f:id:athachigatsu:20190623183219j:plain

 軽量級の進化ビーストフォーク。タップ中に自分の他のビーストフォークをパンプアップする能力を持つ。2マナで5000というパワーは強力で、同コスト進化クリーチャーである《アストラル・リーフ》のそれより高い。またパンプアップ能力も強力で、《バースト・ショット》等の全体火力から守ることができる。

 

《ビースト・チャージ》

f:id:athachigatsu:20190623192553j:plain

 このターンブレイクしたシールド1枚につきクリーチャーを1体サーチする呪文。サーチするタイミングはアタックステップ終了後のため、S・トリガーで《ゴースト・タッチ》や《汽車男》が出てきてもサーチしたクリーチャーは落とされない。また、《ミラクル・サーチャー》と違い参照するのはブレイクしたシールドの枚数なのでW・ブレイカーが通った場合はきちんと2体サーチできる。【速攻】で手札を切らさず攻撃を続けるのに有用。

 

《無敵の咆哮》

f:id:athachigatsu:20190623184508j:plain

 自身が破壊されたとき墓地に置かれる代わりにマナゾーンへ置かれる置換効果を持つ。能力は悪くないのだが、マナブースト手段としては召喚からタイムラグがあり使いにくい。種族がビーストフォークなので進化元になる。

 

《青銅の鎧》

f:id:athachigatsu:20190623184733j:plain

 cipでマナブーストを行う。《シビレアシダケ》と比べコストが1重いが、手札を消費せずマナブーストできるため数量的なアドバンテージを稼げる。更に種族がビーストフォークなので能力を使った後に進化元になることができる。

 

《銀の戦斧》

f:id:athachigatsu:20190623185052j:plain

 アタックトリガーでマナブーストを行えるビーストフォーク。上記の《青銅の鎧》と比べて能力発動タイミングが1ターン遅く、発動前に除去されてしまう可能性があるので安定しないという欠点がある。生き残れば毎ターンマナブーストできるのは強力だが、扱いが難しいと言える。

 

《ソード・バタフライ》

f:id:athachigatsu:20190623183713j:plain

 準バニラのジャイアント・インセクト。《一撃必殺のホーバス》や《黄金の翼》等の同コストのパワーアタッカーの中では頭一つ抜けたパワーを持つ。同コストのブロッカーとはパワーアタッカー込みで相打ちとなるのが普通だが、このクリーチャーはパワー5000となるので《翡翠樹》・《ファントム・フィッシュ》等の同コストブロッカーよりパワーが高くなる。種族がジャイアント・インセクトなので《大昆虫ギガマンティス》の進化元になる。

 

《カスミダケ》

f:id:athachigatsu:20190623185423j:plain

 闇文明に対するメタクリーチャー。コストが軽いので早期から相手の妨害ができる。闇文明の最も軽い除去呪文が4マナの《デス・スモーク》なので火文明が入っていないデッキ相手ならばそれなりに長い間妨害できる。

 

《威嚇するスマッシュ・ホーンα》

f:id:athachigatsu:20190623185738j:plain

 自身を無条件にパンプアップするサバイバー。サバイバークリーチャーは大抵コストに対してパワーが低めに設定されているが、このクリーチャーは他にサバイバーがいなくても3マナでパワー3000と標準的なサイズで扱いやすい。サバイバーでは軽い方なので複数枚必須。他の低パワーなサバイバーをパンプアップすることで火力除去から守ることができる。

 

《シェル・ブリゲードγ》

f:id:athachigatsu:20190623190033j:plain

 アタックトリガーで山札の1番上をめくり、それがサバイバーであれば手札に加える能力を持つ。コストが軽い分、能力は単純なドローより弱いので《ツインヘッド・タートルβ》の廉価版と言える。

 

《ディメンジョン・ゲート》

f:id:athachigatsu:20190623190641j:plain

 S・トリガー付きのクリーチャーサーチ。

 

《念仏エルフィン

f:id:athachigatsu:20190623190942j:plain

 自分が召喚するクリーチャーのコストを減らすシステムクリーチャー。次ターンからはコスト6の強力なクリーチャーが召喚できるようになる。パワー2000とサイズが小さいので、焼かれやすい。

 

《銀の拳》

f:id:athachigatsu:20190623191618j:plain

 準バニラのビーストフォーク。3マナでパワー5000は上記の《ソード・バタフライ》で出せる数値であるが、こちらはビーストフォークの進化元になる。

 

マボロシキリダケ》

f:id:athachigatsu:20190623191812j:plain

 アタックトリガーで墓地から自然文明のカードをマナゾーンに置くことができるクリーチャー。《銀の戦斧》と同様、マナブースト手段として勘定するには安定性と即効性に欠ける点が難しい。

 

《シェル・ポーチ》

f:id:athachigatsu:20190623192040j:plain

 cipで相手の進化クリーチャーを進化元に弱体化することができる。《デーモン・ハンド》等の除去呪文と比べコストが軽く、クリーチャーが残る点で優秀。《聖霊アルカディアス》を除去できる数少ない手段の1つでもある。当然進化クリーチャーを採用していないデッキに対しては無力なので、《ディメンジョン・ゲート》等を使った銀の弾丸としての運用になるか。

 

《シェル・キャノン》

f:id:athachigatsu:20190623192351j:plain

 S・トリガー獣。自分のシールドの残数に応じて自身をパンプアップする能力を持つ。1枚目のシールドから召喚された場合や序盤に手打ちした場合はパワーが高く中々頼れるクリーチャーとなる。

 

【フウセンアワダケβ】

f:id:athachigatsu:20190623192536j:plain

 pigでマナゾーンに置かれるサバイバー。パワーが低く除去されやすいサバイバークリーチャーと能力がよく嚙み合っている。

 置換効果である《無敵の咆哮》と違い、こちらは破壊された後に一旦墓地へ置かれてからマナゾーンに送るpigである。したがって《屑男》の能力が発動し、《屑男》をバトルゾーンに出しているプレイヤーはドローすることができる。このためサバイバーデッキと《屑男》は非常に相性が良い。

 

《大昆虫ギガマンティス》

f:id:athachigatsu:20190623194359j:plain

 進化ジャイアント・インセクト。自分の他の自然文明のクリーチャーが墓地へ置かれるとき、代わりにマナゾーンへ置く置換効果を持つシステムクリーチャー。この置換効果は強制であるため、後述する《アンブッシュ・スコーピオン》と《オブシディアン・ビートル》とはジャイアント・インセクト同士ながら相性が良くない。

 4マナの進化クリーチャーとしてはパワー5000と物足りなく、自身に前述の置換効果は及ばないことから運用には慎重を要する。

 

《マナ・クライシス》

f:id:athachigatsu:20190623193719j:plain

 標準的なランデス呪文。《ラブ・エルフィン》を使えば最速で3ターン目に撃てる。

 

《レインボー・ストーン》

f:id:athachigatsu:20190623194054j:plain

 色事故を防げるマナブースト呪文。単純なマナブースト手段としてはコストは重いが、《青銅の鎧》や《アルティメット・フォース》と違い好きなカードをマナに埋めることができるので、埋めたくないカードを埋めるのを防いだり《オブシディアン・ビートル》等の能力発動を狙ったりできる。

 

《深緑の魔方陣

f:id:athachigatsu:20190623194809j:plain

 シールドを補充する呪文。マナゾーンのカードをシールドに加えるので、相手からシールドの中身が分かってしまう。しかし《ホーリー・スパーク》や《ナチュラル・トラップ》等の強力なS・トリガーはコストが重いため序盤はマナへ埋めることが多く、それらをシールドに加えられるのは強力。また、《深緑の魔方陣》自体がS・トリガーであるため、複数枚マナゾーンにあればシールドをブレイクされるたびに連続でこれを唱え粘り続けることが可能。

 

《再誕の森》

f:id:athachigatsu:20190623195406j:plain

 墓地に落ちたクリーチャー2体をマナゾーンに送る呪文。クリーチャーが破壊されやすいビートダウンデッキで使いやすい。4ターン目に撃てれば次のターンで7マナの大型クリーチャーに繋げられる。

 

《デスブレード・ビートル》

f:id:athachigatsu:20190623195941j:plain

 進化クリーチャーを除けば最軽量のW・ブレイカー。中堅アタッカーとしてはまずまずだが、素のパワーが3000と貧弱なのが辛い。種族がジャイアント・インセクトなので進化元になる。

 

《トゲ刺しマンドラ》

f:id:athachigatsu:20190623195651j:plain

 cipで墓地からクリーチャーを1体マナゾーンに置くことができる。《青銅の鎧》から繋がる5マナのクリーチャーで、更なるマナブーストが狙える。

 

《暴走するロング・ホーン》

 

f:id:athachigatsu:20190623202710j:plain

 自然文明によくいる条件付きのアンブロッカブルクリーチャー。種族がホーン・ビーストなので《護りの角フィオナ》の進化元になる。

 

《鳴動するギガ・ホーン》

f:id:athachigatsu:20190623200253j:plain

 cipでクリーチャーをサーチするホーン・ビースト。手札を補充しつつパワー3000のクリーチャーを場に出せるので非常に優秀なカード。《護りの角フィオナ》をサーチすれば次ターンに進化できるし、同名カードをサーチすれば手札を切らさずに頭数を揃えることができる。《青銅の鎧》から繋がる5マナ帯のカードでは頭一つ抜けて使いやすい。

 

《激昂するダッシュ・ホーン》

f:id:athachigatsu:20190623200809j:plain

 マナゾーンのカードが自然文明のみならば5マナでパワー7000のW・ブレイカーとなるクリーチャー。コストパフォーマンスが非常に良く、単色ならば必須だろう。

 

《応援チューリップ》

f:id:athachigatsu:20190623201011j:plain

 全てのエンジェル・コマンドにパワーアタッカー+4000を与えるシステムクリーチャー。エンジェル・コマンドは元々パワーが高いファッティが多く、わざわざこのクリーチャーを出して強化する必要性があるかは疑問。

 

《ブラッドウイング・マンティス》

f:id:athachigatsu:20190623201158j:plain

 アタックトリガーで自分のマナゾーンからクリーチャーを2体回収する能力を持つW・ブレイカー。5マナでパワー6000のW・ブレイカーは中々強力であり、進化先の《大昆虫ギガマンティス》の効果でマナゾーンへ送られたクリーチャーを手札に回収できる。能力は強制効果なので適当に使うとマナがなくなってしまうので注意。

 

《アンブッシュ・スコーピオン》

f:id:athachigatsu:20190623201633j:plain

 自身がバトルゾーンから墓地に置かれたときマナゾーンから同名カードを召喚できる能力を持つ。条件を満たしていれば除去されてもバトルゾーンの頭数が減らないので【除去コントロール】に対して強い。

 自分のバトルゾーンに《大昆虫ギガマンティス》がいる場合、墓地へ置かれる代わりにマナゾーンへ置かれるためこのクリーチャーの能力は発動しない。

 

《アルティメット・フォース》

f:id:athachigatsu:20190623203145j:plain

 2マナブーストを行う呪文。次ターンには8マナのクリーチャーに繋げられるので、《悪魔神バロム》等の強力なクリーチャーを召喚したいときに使える。

 

《オブシディアン・ビートル》

f:id:athachigatsu:20190623202211j:plain

 上記の《アンブッシュ・スコーピオン》の強化版。1マナ重くなった代わりにサイズが大きくなりW・ブレイカーを得ている。

 

《神拳の超人》

f:id:athachigatsu:20190623202419j:plain

 軽めのジャイアント。相手プレイヤーしか攻撃できない代わりに、ブロックされてもシールドを1枚ブレイクする能力を持つ。パワーが安定しておりジャイアントでは最も扱いやすいと思われる。

 

《月浴するムーン・ホーン》

f:id:athachigatsu:20190623205311j:plain

 相手の水文明・闇文明のクリーチャーの数だけ自身をパンプアップする能力を持つファッティ。敵対文明2つは使用率が高いので能力発動にそれなりに期待できる。

 

《大勇者「ふたつ牙」》

f:id:athachigatsu:20190623203046j:plain

 大型の進化ビーストフォーク。cipで《アルティメット・フォース》を発動する。マナブーストを行いつつ強力なアタッカーが出せるので一気に戦線が強化される。アタッカーでありサポーターでもあるので汎用性は高い。ビーストフォークには《青銅の鎧》を始めとする優良ウィニーが多いため進化元に困らない。

 

《護りの角フィオナ》

f:id:athachigatsu:20190623203533j:plain

 cipで自然文明のクリーチャーをサーチできる進化ホーン・ビースト。《鳴動するギガ・ホーン》から繋げることで手札を切らさずに戦線を強化できる。進化元のホーン・ビーストは全体的にコストが重く、使いやすいクリーチャーが少ないのが難点。

 

ナチュラル・トラップ》

f:id:athachigatsu:20190623203848j:plain

 S・トリガー付きの除去呪文。破壊ではなくマナ送りという形での除去になるため、除去されたカードの回収が難しい点が長所。反面、序盤に発動すると増えたマナで相手の動きが加速してしまうので注意が必要。

 

《ミステリー・ブレス》

f:id:athachigatsu:20190623204947j:plain

 シールド補充呪文。山札の1番上のカードをシールドに加える。他のシールド補充呪文と違い、呪文を唱えた自分すら何のカードがシールドに追加されたのか分からないという特徴がある。手札もマナも減らずにシールドを補充できるが、《深緑の魔方陣》で事足りるだろう。

 

《咆哮するグレート・ホーン》

f:id:athachigatsu:20190623204320j:plain

 準バニラのファッティ。《メテオ・ドラゴン》の上位互換。《青銅の鎧》→《トゲ刺しマンドラ》から繋がる。

 

《シェル・ストーム》

f:id:athachigatsu:20190623211250j:plain

 cipで相手のクリーチャーを1体マナゾーンに送る能力を持つ。どのクリーチャーをマナゾーンに置くかは相手が選択するので狙ったクリーチャーを除去できる可能性は低いがボードアドバンテージを得られる。《腐食虫スワンプワーム》と対になっているが、あちらが進化元になるのに対してこちらは進化元にならない点で劣っている。

 

《ゼノ・マンティス》

f:id:athachigatsu:20190623204508j:plain

 条件付きのアンブロッカブルクリーチャー。決して弱くはないのだが、《キング・オリオン》の下位互換。

 

《夜明けの超人》

f:id:athachigatsu:20190623210451j:plain

 相手プレイヤーしか攻撃できない代わりに高いパワーとW・ブレイカーを持つ。下記の《哀哭の超人》と比較するとパワーが安定していて殴り返しに強いのが長所。

 

《哀哭の超人》

f:id:athachigatsu:20190623204644j:plain

 最軽量のT・ブレイカー。相手プレイヤーしか攻撃できない代わりに攻撃時パワー14000という凄まじいサイズを誇る。しかし自分からクリーチャーに攻撃できないのでそのパワーを活かせることは少なく、非攻撃時はパワー7000と並みなので《クリスタル・ランサー》等に一方的に破壊されてしまうのが欠点。

 

シザーズ・ビートル》

f:id:athachigatsu:20190623205138j:plain

 cipでジャイアント・インセクトをサーチできる。この手のクリーチャーとしてはサイズが大きめだが、その分コストが重くなっていて使いにくい。

 

《いにしえの超人》

f:id:athachigatsu:20190623210205j:plain

 闇文明に対するメタクリーチャー。ジャイアントでは珍しくクリーチャーへの攻撃が禁止されていない。《神速の守護者グラン・リエス》と違い攻撃はされるので、《嘆きの影ベルベットフロー》等のスレイヤーに注意。

 

《シェル・フォートレス》

f:id:athachigatsu:20190623205601j:plain

 cipでランデスを行う重量級クリーチャー。9マナというコストは《大勇者「ふたつ牙」》から繋がるため中盤に出せれば大打撃を与えられるだろう。

 

 総評して、クリーチャーのサーチとマナブーストを行うカードが多いため溜まったマナで多くのクリーチャーを召喚するプレイングに長けている。クリーチャーは良質でバトルは最強。また、マナゾーンからカードを回収するカードと墓地からマナゾーンにカードを送るカードがそれぞれいくつか存在しているので、疑似的なサルベージも得意と言える。

 クリーチャー同士の殴り合いなら最強という点を考えるとタップが得意な光文明と相性が良いが、マナブーストが得意なためどの文明と組み合わせても使いやすい。