きくメモ改

メモ改

デュエル・マスターズ闘魂編カードリスト:光文明

 デュエマクラシックの次なるレギュレーションとして闘魂編を解禁することが考えられる

 ということで闘魂編カードリストの光文明編(コスト昇順)

 

  《予言者ユーク》

f:id:athachigatsu:20190711190647j:plain

 1マナというコストの割にパワーが2500と高いが、呪文を唱えたターンにしか召喚できない。《ソーラー・チャージャー》や《神秘の宝箱》等のマナが増える呪文を唱えたあと増えたマナで召喚できる。

 

《予言者ジェス》

f:id:athachigatsu:20190711190713j:plain

 《蒼天の守護者ラ・ウラ・ギガ》に並ぶ最軽量ブロッカー。あちらと違い進化元になれないので、1マナブロッカーが5体以上欲しい場合を除いて採用することはないだろう。

 《プロテクト・フォース》

f:id:athachigatsu:20190711192532j:plain

  自分のブロッカー1体をパンプアップする呪文。上昇幅は4000と大きいが、相手クリーチャーがタップされており、かつクリーチャーを攻撃できるブロッカーがいなければ意味がないので非常に使いづらい。カード名からブロッカーを強化して攻撃を凌ごうというデザインなのだろうが、効果は唱えたターン中しか持続しないため、S・トリガーで唱えなければ守備に使えない。そしてS・トリガーで唱えたということは既に相手の攻撃が通ってしまっているということなのであまりにもちぐはぐである。

 《聖天使ジーク・バリキューラ》で自軍がブロッカーとなっている場合は使い勝手が大幅に改善されるが、それでもカード1枚使って1体をパンプアップするだけでは割に合わないだろう。

 

《聖騎士ムーンティアー》

f:id:athachigatsu:20190711193128j:plain

 少し大きくなった《予言者ユーク》。あちらはチャージャー呪文と好相性であるのに対してこちらはマナを余らせていないと召喚できないので使い勝手は大きく落ちる。

 

《乱撃の使徒ミガロ》

f:id:athachigatsu:20190711200221j:plain

 相手のシールドを2枚見るアタックトリガーのターボラッシュ能力を持ったクリーチャー。ターボラッシュでなく純粋なアタックトリガーでシールドを見られる《予言者ウィン》とコスト・パワーが同一だが、こちらは一度に2枚見られる点と種族がイニシエートである点で勝っている。

 

《日輪の守護者ソル・ガーラ》

f:id:athachigatsu:20190711193453j:plain

 低コストの攻撃できるブロッカー。パワーは低いが、攻撃できるブロッカーとしてはコストパフォーマンスが破格。デメリットがないだけでも優秀なのに更に誰かが呪文を唱えた時そのターンが終わるまで自身をパンプアップさせる能力を持つ。種族もガーディアンと優秀。《キング・クラーケン》は泣いていい。《ソーラー・レイ》や《ライトニング・チャージャー》等のタップ呪文と好相性。

 

《双光の使徒リュート

f:id:athachigatsu:20190711194057j:plain

 条件付きでモヤシ能力を得るクリーチャー。2体以上並んでいるときに《バースト・ショット》等で同時に破壊される場合は全て自分の手札に戻る。

 

《レイン・アロー》

f:id:athachigatsu:20190711194416j:plain

 ピーピングしつつ、限定的なハンデスを行う呪文。コストが2マナと軽く、《ゴースト・タッチ》に先んじることができる可能性がある。しかしやはり闇の呪文しか落とせないという範囲の狭さは致命的。ハンデスがしたいのなら素直に闇文明を使った方が良いだろう。

 

《予言者アドミス》

f:id:athachigatsu:20190711194746j:plain

 シールドを1枚見るタップ能力を持つクリーチャー。こちらは自分のシールドも見られるが、1マナ軽い上に攻撃しながらシールドを見られる《予言者ウィン》の方が優秀。

 

《予言者ベクス》

f:id:athachigatsu:20190711195003j:plain

 クラッチ能力でブロッカーを得るクリーチャー。バニラよりかはマシだがどんぐりの背比べ。種族に恵まれない。

 

《時空の守護者ジル・ワーカ》

f:id:athachigatsu:20190711195315j:plain

 pigで相手クリーチャーを2体までタップできるブロッカー。パワーが低いため能力が発動しやすく、1体で最大3体の攻撃を止められる守護神。少々勿体ないが、種族がガーディアンなので進化元になることができる。

 

ジャスティス・ジャミング》

f:id:athachigatsu:20190711195620j:plain

 闇か火かどちらかの文明のクリーチャーを全てタップする呪文。効果の程が相手に依存するため使いづらい。同じ3マナならばそれなりにコンスタントに効果が期待できる《エンジェル・ソング》が存在する。

 

《ドラコ・バリアー》

f:id:athachigatsu:20190711200741j:plain

 《ソーラー・レイ》が1マナ重くなった代わりに、ドラゴンを対象にしたときシールドを加える能力が追加された呪文。相手がドラゴン主体のデッキならば強力だが、そうでなければクリーチャーを1体タップするのみの効果なので採用できるスペースがあるかどうか疑問。

 

《ソーラー・チャージャー

f:id:athachigatsu:20190711195850j:plain

 ターンの終わりに2体のクリーチャーをアンタップできるチャージャー。効果はいまいち使いにくいため、光文明のマナブーストとしての起用になるだろう。

 

《聖騎士コスモグールド》

f:id:athachigatsu:20190711201058j:plain

 タップ能力で《プロテクト・キューブ》を撃てるクリーチャー。《光翼の精霊サイフォス》のような1回切りの発動でなく、除去されない限り何回でも発動できるのが強み。コントロール色の強いデッキで《ライトニング・チャージャー》や《スパイラル・チャージャー》等を再利用する動きが強そう。

 

《宣凶師エルリオット》

f:id:athachigatsu:20190711201403j:plain

 cipで自分のシールドを全て見ることができるクリーチャー。S・トリガーの有無のみならず場所まで把握できるため《エメラル》や《デビル・ドレーン》等と組み合わせる運用法が考えられるが、場所は分からずとも《ロジック・キューブ》等の各種サーチでシールド内のカードを把握することはできるため敢えてこのカードを使う必要があるかは疑問。

 

《白夜の守護者ロディ・ゲール》

f:id:athachigatsu:20190711201722j:plain

 闇ステルスを持つクリーチャー。《神速の守護者グラン・リエス》と異なり、殴り返しは食らうもののこちらは相手のマナゾーンに闇のカードがあれば《アクア・ガード》等の他文明のブロッカーにも阻まれない。パワーが中々高くコストパフォーマンスは悪くないのだが、如何せん地味な能力である。

 

《捕縛の使徒ローム

f:id:athachigatsu:20190711202040j:plain

 《雷光の使徒ミール》が一回り大きくなった。種族は優秀だが、《預言者コロン》の方が採用されるだろう。

 

《予言者マリエル》※殿堂入りの可能性有り

f:id:athachigatsu:20190711202226j:plain

 お互いにパワー3000以上のクリーチャーの攻撃を禁止するシステムクリーチャー。相手プレイヤーへの攻撃を一時的に解禁する《ダイヤモンド・カッター》と相性が良く、相手の攻撃を封じつつクリーチャーを展開してから唱えることで一方的に相手を追い詰めることができる。パワーが低く除去されやすいため、《光器ペトローバ》でパンプアップする等の工夫が欲しい。

 

《聖騎士メビウスリンク》

f:id:athachigatsu:20190711202805j:plain

 相手プレイヤーを攻撃してブロックされなかった時に《ロジック・キューブ》が撃てるクリーチャー。能力は悪くないがアタックトリガー以上に発動が不確実であり、扱いづらさは否めないだろう。しかしながら発動してしまえば《ホーリー・スパーク》等をサーチして次ターンに勝負を決められる体勢を作れるかも。

 

ジャスティス・バインド》

f:id:athachigatsu:20190711203125j:plain

 ブロッカー以外のクリーチャーを全てタップする呪文。S・トリガーで発動すれば相手の攻撃はほぼ止まるので、デッキによっては5枚目以降の《ホーリー・スパーク》のように扱える。自分のクリーチャーも巻き込んでしまうので手札からは撃ちづらいか。

 

《エレメンタル・シールド》

f:id:athachigatsu:20190711203503j:plain

 条件付きになった代わりに2マナ軽い《ミステリー・ブレス》。同コストの《ホーリー・メール》・《深緑の魔方陣》と比較すると手札やマナが減らない点で勝るが、S・トリガーを仕込めないのでパッとしない。

 

《ライトニング・チャージャー》

f:id:athachigatsu:20190711204256j:plain

 相手のクリーチャーを1体タップするチャージャー。同コストのチャージャーに比べこのカード単体ではアドバンテージを稼げないのが難点だが、光文明主体のデッキでは扱いやすいチャージャーとして採用を検討できるだろう。

 

《ミラクル・ポータル》

f:id:athachigatsu:20190711204656j:plain

 クリーチャー1体の攻撃制限を解除し、アンブロッカブルにする呪文。《ダイヤモンド・カッター》と異なり召喚酔いは無視できない点に注意。最後の1枚のシールドをブレイクしたら《ホーリー・スパーク》だった、という状況ではフィニッシャーになるかもしれない。

 

《レーザー・ウィップ》

f:id:athachigatsu:20190711203815j:plain

 《ソーラー・レイ》と《ソニック・ウイング》が1枚になった、タップ&デストロイをするためのカードといったデザインで、狙ったクリーチャーをほぼ確実に仕留めることができる。しかし、そのような使い方ならば攻撃しなくても良い《デス・スモーク》等の除去カードを使えば良いので、意外と上手く使うのが難しいカード。

 

 《銀界の守護者ル・ギラ・レシール》 

f:id:athachigatsu:20190712190036j:plain

  進化クリーチャーを全てタップインさせるシステムクリーチャー。《飛翔の精霊アリエス》等の進化クリーチャーに劣らない強力なパワーを持つクリーチャーやスレイヤー持ちを並べておくと効果的。

 

綺羅星の精霊ガリアル》

f:id:athachigatsu:20190711205042j:plain

 《予言者ユーク》の最上位版。サイズは大したものだがやはりコストがネック。あちらはその辺の2マナクリーチャーよりパワーが高かったが、こちらは種族は違うものの1マナ増えた《雷撃の求道者ラ・ガイル》と同パワーというのが悲しい。一応最軽量のエンジェル・コマンドの1体ではあるが、5マナで出せない。

 

《光柱樹》

f:id:athachigatsu:20190711200621j:plain

 自分のシールドの数だけ自身をパンプアップさせる能力を持つクリーチャー。初期状態のまま召喚できればパワー11000で1枚ブレイクされていても9000と凄まじい。パワー7000以上でW・ブレイカーを得る等の能力があれば良かったのだが。

 

《鋭刃の使徒グーレ・チェーン》

f:id:athachigatsu:20190711205738j:plain

 タップ能力で《ソーラー・レイ》を撃てるクリーチャー。生き残っている限り毎ターンタップ&デストロイを行える。能力は強力だが、5マナというコストの割にパワーが低く、能力を使うためにタップしなければいけないため非常に破壊されやすい。

 

 《不屈の使徒チーキ・クーレ》

f:id:athachigatsu:20190712183742j:plain

 ブロック時にバトルを行わないブロッカー。パワーは低いものの、ブロック時はバトルが行われないため相手にパワーで負けていようが相手がスレイヤーを持っていようがお構いなしに生き残る。ただし能力が発動するのはブロック時のみなので、このクリーチャー自身が攻撃された場合は普通に破壊されてしまう。コストは重いが、複数体並べられると効果的。

 

《光封樹》

f:id:athachigatsu:20190712184441j:plain

 自分のシールドの身代わりになることができるクリーチャー。攻撃できるシールドと考えればまあまあだが、パワー1000では身代わりになる前に破壊されかねない。同コストに破壊されたらシールドになる《修復の使徒オークス》がいる。

 

《聖騎士プラネットシャイン》

f:id:athachigatsu:20190712185138j:plain

 アタックトリガーで敵対色クリーチャーを1体タップできる。適用範囲が限定的であるカード全般に言えることだが、能力の効果が相手依存であるため使いにくい。特にこのカードについては、同じ能力を持つコストの軽い《予言者レクイル》や、1マナ増えるが適用範囲が全文明になった能力を味方クリーチャー全てに与える《疾風の守護者スール・ミース》が存在するため不遇である。

 

《日向草》

f:id:athachigatsu:20190712185554j:plain

 最強クラスのターボラッシュを持つクリーチャー。1度発動すればそのままゲームエンドに持ち込める爆発力が魅力的。厳しい発動条件も《ホーリー・スパーク》を使えば容易に満たすことができる。

 

 《光器マーシャ》

f:id:athachigatsu:20190712190410j:plain

 ドラゴンから攻撃されない能力を持つクリーチャー。能動的にアドバンテージを稼げる能力ではない上、適用範囲がやたらと狭いのが難点。

 

《予言者ミキュート》

f:id:athachigatsu:20190712190746j:plain

 自分がガーディアンを召喚するたびに相手のクリーチャーをタップできる。この手のクリーチャーとしては珍しくパワーが高く、焼かれにくいのが長所。ガーディアンには優秀なクリーチャーが多く存在するため、能力は使いやすいだろう。

 

《宣凶師ベトラーレ》

f:id:athachigatsu:20190712190947j:plain

 自分のターン終了時にアンタップできるブロッカー。殴り返しを行った後もブロックができる他、タップ&デストロイ戦術と相性が良い。

 

《光器ペトローバ》

f:id:athachigatsu:20190712191150j:plain

 1つの種族を大幅にパンプアップする能力と、アンタッチャブル能力を持つシステムクリーチャー。パワー4000アップは非常に強力で、軽量級ブロッカーが進化クリーチャーと相討ちどころか一方的に殴り倒すようになるし、強力なものが多いアタックトリガー能力を安全に起動できるようになる。光文明ではガーディアン、イニシエートが精鋭揃いで使いやすいだろう。パワーは3500とそこそこあるので、《灼熱波》で焼かれない。このクリーチャーを焼くためだけに《サウザンド・スピア》が採用されることもあるだろう。

 《大勇者「大地の猛攻」》と並べると《青銅の鎧》のような軽量級cipクリーチャーですらパワー7000になる。楽しい。

 

《守護聖天アーク・バイン》

f:id:athachigatsu:20190712191900j:plain

 自分の光クリーチャー全てに《鋭刃の使徒グーレ・チェーン》のタップ能力を与える進化ガーディアン。バトルゾーンに自分の高パワークリーチャーがいれば、相手はクリーチャーを召喚した先からタップ&デストロイされるので事実上召喚を封じられる格好となる。

 

《聖天使カイザル・バジキューラ》

f:id:athachigatsu:20190712192717j:plain

 火ステルスを持った進化イニシエート。5マナで出せるクリーチャーとしてはパワーが高く、《クリスタル・ランサー》等に一方的に殴り勝てる点が強み。イニシエートでは最高のパワーを誇るため種族デッキでは使われることになると思われる。火ステルスは参照する文明にブロッカーがいないので活かせることはあまりないだろう。

 

《開眼者クーカイ

f:id:athachigatsu:20190712193155j:plain

 無限ブロッカーの進化メカサンダー。無限ブロッカーとしては非常にパワーが高く、デッキによってはこれ1枚で手詰まりになることも考えられる。問題は進化元が重量級ばかりで使いにくいこと。《陽光の求道者ル・パーレ》は唯一4マナなので繋ぐことができるが、バニラ以下の性能であるためデッキに入るか非常に怪しい。使うなら《無垢の宝剣》を採用する方が無難だろう。

 

《守護聖天グレナ・ビューレ》

f:id:athachigatsu:20190712193646j:plain

 相手がS・トリガーを使ったときシールドを増やす能力を持った進化ガーディアン。《アクア・サーファー》等を踏んだ際に逆転されるリスクを抑えることができる。

 

《聖域の守護者フォボス・エレインγ》

f:id:athachigatsu:20190712194238j:plain

 cipで呪文をサーチできるサバイバークリーチャー。サバイバーではあるのだが、パワー・種族ともに《真理の伝道師レイーラ》の上位互換であるため呪文を多く使うデッキであればサバイバーデッキ以外にも採用が検討できる。むしろサバイバーデッキでは光文明をタッチすることがそもそも難しく、またデッキの特性上呪文よりクリーチャーを使いたいことが多いため採用はされにくいか。

 

《飛雲の求道者ダバ・トーレ》

f:id:athachigatsu:20190712194657j:plain

 カードプール中唯一のマッドネスクリーチャー。《スケルトン・バイス》が恐らく使えないことを考えると、相対的に当時より弱体化していると言える。中々ピンポイントなメタである割にはコスト・パワーが中途半端で使いにくい。

 

《栄光の精霊アイリス》

f:id:athachigatsu:20190712195138j:plain

 自身をブロッカーにし自分のターン終了時にアンタップできるクラッチ能力を持ったファッティ。能力発動時は《浄化の精霊ウルス》の強化版となる。普通に使っても他文明の同コスト準バニラファッティと同性能なのでコストパフォーマンスは悪くない。エンジェル・コマンドとしては軽い方なのでそれなりに使えるかも。

 

《疾風の守護者スール・ミース》

f:id:athachigatsu:20190712195640j:plain

 自分のクリーチャー全てに相手クリーチャーを1体タップするアタックトリガー能力を与えるシステムクリーチャー。攻撃対象が1つでもあれば連鎖的に全てのクリーチャーに攻撃できるようになるため、制圧力が極めて高い。この手のクリーチャーにしては珍しく、自身にも効果が及ぶ。

 

《宣凶師ロンドビル》

f:id:athachigatsu:20190712200740j:plain

 自分のクリーチャーをシールドにするタップ能力を持つクリーチャー。《予言者コロン》や《アクア・サーファー》等のcip持ちS・トリガー獣を再利用できると強力。自身も対象に選択できるため、いざというときは自身がシールドになってプレイヤーを守ることができる。弱点はコストの重さとタップ能力ゆえの起動の遅さ。

 

《月虹の守護者アール・ノアール》

f:id:athachigatsu:20190712200025j:plain

 1つの種族のクリーチャーをターン終了時に全てアンタップするタップ能力を持った重量級ガーディアン。種族を揃えたデッキならば《希望の使徒トール》のような効果が見込める。あちらと比べるとコストが重く能力発動が遅いが、パワーが高く除去されにくいという点で勝る。

 

《聖天使クラウゼ・バルキューラ》

f:id:athachigatsu:20190712200321j:plain

 cipで《ムーンライト・フラッシュ》を撃てる進化イニシエート。《雷光の使徒ミール》の強化版といったスペックである。召喚酔いしないため自身の効果でタップした相手クリーチャーを自ら殴り倒せる即効性がある。勿論ブロッカーを止めてシールドを割りにいくプレイングも強力で、イニシエートデッキでは強力なフィニッシャーとなる。弱点はパワーの低さで、同コストの進化クリーチャーでは最弱である。《光器ペトローバ》等のサポートを受けたいところ。

 

《セレブ・チャージャー》

f:id:athachigatsu:20190712201046j:plain

 《ホーリー・メール》のチャージャー版。シールドとマナが増えるのはありがたいのだが、マナブースト手段として6マナは重い。手札をシールドに加えるのでS・トリガーを仕込むことができるが、6マナ溜まる頃には大型のS・トリガーは既にマナゾーンに置かれてしまっているだろう。

 

爆雷の求道者ガラ・ガンダール》

f:id:athachigatsu:20190712201458j:plain

 タップ能力で光文明のクリーチャーを全てターン終了時にアンタップできるファッティ。適用範囲は違うが1マナ軽い《月虹の守護者アール・ノアール》や、パワーは低いが2マナ軽く適用範囲の広い《希望の使徒トール》が存在するため、種族にも恵まれないこのカードを使うことはあまりないだろう。

 

《光器ナスターシャ》

f:id:athachigatsu:20190712201755j:plain

 《光封樹》の強化版。シールドが1枚ブレイクされるとき身代わりになることができる能力は悪くないが、シールド1枚のためにファッティを犠牲にする価値があるかどうかといったところ。基本的にはシールドを増やす方が手っ取り早いので採用は難しいか。

 

《閃光の求道者ラ・ベイル》

f:id:athachigatsu:20190712202222j:plain

 攻撃できるブロッカーで、自身をターン終了時にアンタップする能力を持つ。コストは重いものの、こなせる仕事が多いため召喚できれば大きな活躍が期待できる。進化クリーチャーでないファッティとしては随一の性能を誇る。

 

《天光の精霊ミハイル》

f:id:athachigatsu:20190712202515j:plain

 他のクリーチャー全てに破壊を無効にする置換効果を与える能力を持つクリーチャー。無効にできるのは破壊のみなので、《スパイラル・ゲート》や《ナチュラル・トラップ》等と組み合わせることで相手のクリーチャーだけ除去することができる。なお、このクリーチャーの能力によってシールドの身代わりとなった《光封樹》をバトルゾーンに留めることはできない。これは置換効果は2つ同時に発生しないためである。

 

《インビンシブル・オーラ》

f:id:athachigatsu:20190712203058j:plain

 シールドを3枚増やせる呪文。コストが凄まじく重い上、効果が勝利に直結しないため非常に使いづらい。シールドを増やす効果が有効に働くのは主に対ビートダウンだが、13マナでは遅過ぎて間に合わない。山札からシールドを追加するという点もイマイチで、せっかく大量のカードがマナゾーンにあるのだからそちらからS・トリガーを仕込む方が効果的な防御になるだろう。

 

 基本セットに比べ、相手をタップする能力を持つクリーチャーが多く増えたことでタップ&デストロイ戦法が採りやすくなった。またガーディアンとイニシエートに多くの進化クリーチャーが追加され、それらの種族デッキが非常に強力になった。その2つの種族に限らず、《光器ペトローバ》が存在するためあらゆる文明の種族デッキにタッチされる文明となったと言えるだろう。