きくメモ改

メモ改

デュエル・マスターズ闘魂編カードリスト:火文明

 闘魂編カードリストの火文明編(コスト昇順)

 

《火炎流星弾》

f:id:athachigatsu:20190715131713j:plain

 最軽量の除去呪文。パワー6000以下のブロッカーを焼くことができる。【速攻】では下手にマナチャージすると息切れが早くなってしまうため、僅か1マナで撃てるこの呪文は重宝する。

 

《無限掌》

f:id:athachigatsu:20190715131952j:plain

 選択したクリーチャーを何回でもバトル後にアンタップする呪文。複数の相手クリーチャーがタップされている状況ならばこれ1枚で殲滅できる。勿論そんな状況は対【速攻】以外では中々ないので、《ストームジャベリン・ワイバーン》等のアンタップキラーや《フル・コマンド》等の呪文と組み合わせると良い。

 

《ピーカプのドライバー》

f:id:athachigatsu:20190715132610j:plain

 タップ能力で《クリティカル・ブレード》が撃てるクリーチャー。タップ能力はその確実性のなさと即効性のなさがネックであり、あまり好まれて使用されない傾向にあるがこれだけマナ・コストが軽ければ話は変わってくる。返しのターンで除去されなければ相手は迂闊にブロッカーを召喚できなくなる。ブロッカー除去呪文と比べ、こちらはクリーチャーなので相手がブロッカーを召喚しなくてもシールドブレイクが可能であり腐りにくい。

 

《無謀鉄人チョイヤ》

f:id:athachigatsu:20190715133131j:plain

 被ブロック時にバトルを行わない能力を持つクリーチャー。パワーアタッカーが発動してもパワーは僅か2000のため、バトル中止能力はありがたい場面が多いだろう。ヒューマノイドなので進化元になる。

 

《クック・ポロン》

f:id:athachigatsu:20190715140333j:plain

 攻撃されない能力を持ったクリーチャー。殴り返しが効かないためウィニーとしては生き残りやすい。【速攻】では使いやすいアタッカーとなるだろう。

 

《エグゼズ・ワイバーン

f:id:athachigatsu:20190715133449j:plain

 最軽量のアーマード・ワイバーンであり、高いパワーを持つスピードアタッカー。相手プレイヤーを攻撃できないデメリット能力を持つものの、《アストラル・リーフ》や《大勇者「大地の猛攻」》等の軽量進化クリーチャーに相討ち以上を狙えるため迎撃手段として有力。生き残ってもターン終了時に手札に戻ってしまう。

 

《荒法師ミガサ》

f:id:athachigatsu:20190715134109j:plain

 自分の火文明のクリーチャー1体にW・ブレイカーを与えるタップ能力を持ったクリーチャー。タップ能力を使うとこのクリーチャーが攻撃できなくなるため、S・トリガーを考慮しなければブレイクできるシールドの枚数が変わらない。光ステルスを持つ《暴走番長ギャラン》に使うか?

 

《コッコ・ルピア》

f:id:athachigatsu:20190715134601j:plain

 ドラゴンのマナ・コストを軽減するシステムクリーチャー。除去されなければ次ターンから6マナの強力なドラゴンを召喚できるようになる。能力の効果は重複するので、コストは2までしか下がらないものの複数体並べればそれだけドラゴンのコストは下がる。

 

《襲撃者エグゼドライブ》

f:id:athachigatsu:20190715135027j:plain

 パワーが下がった代わりに相手プレイヤーを攻撃できる《エグゼズ・ワイバーン》。スピードアタッカーとしてはパワーが高く、S・トリガーで《バースト・ショット》を踏んでも破壊されない。ターン終了時に手札に戻ってしまうデメリット能力があるものの、反面殴り返しを食らわないので非常に生き残りやすい。

 

《炎獣兵マグナム・ブルース》

f:id:athachigatsu:20190715135338j:plain

 条件付きでパワーアタッカーを得るクリーチャー。文明は違うが、無条件で同スペックの《ソード・バタフライ》がいる。種族がドラゴノイドのため、《レジェンド・アタッカー》のサポートを受けられる。

 

《クレーターザウルス》

f:id:athachigatsu:20190715135638j:plain

 クラッチ能力でパワーアタッカー持ちのアンタップキラーになるクリーチャー。コストが軽い分、条件が厳しい割に強化幅がイマイチで使いにくい。ロック・ビーストの中では軽い方なので、進化元として使えるかも。

 

《暴走番長ギャラン》

f:id:athachigatsu:20190715140015j:plain

 パワーアタッカーと光ステルスを持つクリーチャー。光ステルスはステルスの中で最も使いやすく、火文明では珍しいアンブロッカブルクリーチャーとしての活躍が期待できる。

 

《肉弾兵ウルティモ

f:id:athachigatsu:20190715140314j:plain

 パワーアタッカーを持ったアンタップキラーになるターボラッシュを持つクリーチャー。同コストに同じくクリーチャー除去系のターボラッシュ持ちの《機怪人形ガチャック》がいるのが目の上の瘤か。種族がドラゴノイドなので《甲冑神龍エグゼキューター》の進化元になる。

 

トット・ピピッチ》

f:id:athachigatsu:20190715141807j:plain

 ドラゴン全てにスピードアタッカーを与えるシステムクリーチャー。パワーの高いドラゴンが召喚酔いしなくなるのは強力である。相手のドラゴンも能力の恩恵を受けるため、ドラゴンデッキのミラーマッチには注意。

 

ジージョのトンカチ》

f:id:athachigatsu:20190715142343j:plain

 選択した種族に強制攻撃とパワーアタッカー+4000を与えるタップ能力を持ったクリーチャー。パワーアタッカーの上昇幅が大きく、一斉攻撃時のみならずアンタップキラーと組み合わせて制圧力を強化する使い方も考えられる。

 

《鳥神兵クウザ》

f:id:athachigatsu:20190715142643j:plain

 クリーチャー攻撃時にブロックされないクリーチャー。パワーアタッカー込みでパワー4000となるため殴り返し要員としてはそれなりに使える。ただし元のパワーは1000のためこのクリーチャー自身が殴り返しに弱い。

 

《ピコット・ミサイル》

f:id:athachigatsu:20190715143012j:plain

 一回り大きくなった《クリムゾン・ハンマー》。焼ける範囲は結構広くなったが、1マナ・コストの差が大きい。システムクリーチャーを破壊する分には《クリムゾン・ハンマー》で充分であり、【速攻】でブロッカー除去に使うなら《火炎流星弾》や《クリティカル・ブレード》があるため、使いどころが少ない。

 

《幻竜砲》

f:id:athachigatsu:20190715143323j:plain

 S・トリガーが付いた代わりに重くなった《クリムゾン・ハンマー》。上位の《トルネード・フレーム》に比べまだ手打ちで撃ちやすいマナ・コストのため、それなりに使いやすい火力呪文である。

 

エナジー・チャージャー》

f:id:athachigatsu:20190715143745j:plain

 自分のクリーチャーをパンプアップするチャージャー呪文。文明は違うが《パワー・チャージャー》の劣化になってしまっている。自然文明に頼らずマナブーストを行える手段は貴重だが、それにしても使いにくいスペックである。

 

《フル・コマンド》

f:id:athachigatsu:20190715144059j:plain

 指定した種族のクリーチャー全てをアンタップキラーにし、更にクリーチャー攻撃時にブロックされなくする呪文。種族で統一したデッキならばこれ1枚で相手クリーチャー陣を一掃できる。

 

《撃神兵マシンガー

f:id:athachigatsu:20190715144338j:plain

 コスト的には標準的なパワーなのに強制攻撃のデメリット能力があるクリーチャー。種族がアーマロイドなので《猿神兵アッシュ》の弾としての活躍になるか。余談だが、フレーバーテキストでは《無謀鉄人チョイヤ》より先に攻撃しそうな感じであるものの、あちらはブロックされても破壊されないためこちらが後に攻撃を仕掛ける方が効率が良い。

 

《重装兵ガルバック》

f:id:athachigatsu:20190715144519j:plain

 アタックトリガーで《トルネード・フレーム》を撃てるターボラッシュを持つクリーチャー。中々強力な能力だが、ビートダウンで使うにはやや重いかもしれない。

 

《ロケットダイブ・ワイバーン

f:id:athachigatsu:20190715145238j:plain

 相手プレイヤーを攻撃できない代わりに、やや高めのパワーと攻撃されない能力を持ったクリーチャー。対クリーチャー要員として同コストに光・水に強い《ストームジャベリン・ワイバーン》がいるが、こちらは攻撃されないためパワーアタッカーを持つ火・自然に強く出られる。

 

《紅神龍メルガルス》

f:id:athachigatsu:20190715145612j:plain

 最軽量ドラゴンの1種。ただのバニラだが、それでも《撃神兵マシンガー》よりはマトモなスペックである。軽さを活かして《超竜バジュラ》への進化を狙いたい。

 

《猿神兵アッシュ》

f:id:athachigatsu:20190715145826j:plain

 自分の他のアーマロイド全てにランデスのpigを与えるシステムクリーチャー。自壊できる《銃神兵ディオライオス》との相性が抜群に良い。

 

《蒸神兵カイン》

f:id:athachigatsu:20190715150715j:plain

 アタックトリガーで自分のシールドを1枚焼却するクリーチャー。たかがパワー5000のクリーチャーに殴らせるためにシールドを犠牲にするのは効率が悪過ぎる。せめて《魔将ダーク・フリード》のようにW・ブレイカーでもあればビートダウンに使えなくもなかったのだが(その場合でも《黒神龍ギランド》等で代用が利いてしまう)。いくら種族がアーマロイドとは言え、まず使われることはないだろう。

 

《甲冑神龍エグゼキューター》

f:id:athachigatsu:20190715152152j:plain

 自分の火文明のクリーチャー全てに、自分の火文明のクリーチャー1体をパンプアップするタップ能力を与える進化ドラゴノイド。パワーを上げるために自分のクリーチャーをタップしてしまうということは、その分ブレイクできるシールドが減ってしまうということであり、ビートダウンには致命的なほど噛み合っていない。

 

《超竜バハム》

f:id:athachigatsu:20190715151128j:plain

 クルー・ブレイカー:ドラゴノイドを持った進化アーマード・ドラゴン。ドラゴノイドは《凶戦士ブレイズ・クロー》や《奇襲兵ブルレイザー》等の優秀なウィニーが揃っているため、場に複数体並べることは難しくないだろう。しかしながら、このクリーチャーは重いアーマード・ドラゴンの進化クリーチャーであるという点が問題。後述の《レジェンド・アタッカー》を使えばドラゴノイドから進化できるようになるが、その場合も8マナ支払うことになるためやはり速攻色の強いドラゴノイドとは噛み合わない。このクリーチャー自身は4マナ・コストでパワー11000と中々強力ではあるのだが、イマイチ活かすのが難しい。

 

《クライシス・ボーラー》

f:id:athachigatsu:20190715151658j:plain

 バトルゾーンかマナゾーンのカードを1枚墓地送りにする呪文。何を墓地送りにするかの選択権は相手にあるのでやや使いにくい。また、テキストではカードを1枚選びとしか書かれていないため、相手が進化クリーチャーをバトルゾーンに出している場合は進化元のクリーチャーを選択することができ、事実上無効化されてしまう。

 

《レジェンド・アタッカー》

f:id:athachigatsu:20190715152807j:plain

 自分のドラゴノイド全ての種族にアーマード・ドラゴンを追加し、パンプアップとW・ブレイカーを与える呪文。テキストにはドラゴンになるとしかないが、実際は前述の通りアーマード・ドラゴンを追加する扱いとなるため、《超竜バハム》への進化が可能となる。ドラゴノイドには優秀なウィニーが数多く存在し、このカードが唱えられるターンまでに複数体並べることは難しくない。種族デッキではフィニッシャーになり得るだろう。

 

《クリムゾン・チャージャー》

f:id:athachigatsu:20190715153204j:plain

 《クリムゾン・ハンマー》のチャージャー版。クリーチャー除去とマナブーストを同時に行えるため腐りにくく、使いやすい。

 

《ピーカプ・リザード

f:id:athachigatsu:20190715153439j:plain

 大きくなった《無謀鉄人チョイヤ》。攻撃時はパワー6000なので、ブロックされた際にバトルを行わない能力は相手にとってメリットとなる可能性が高い。種族にも恵まれないため使われることはないだろう。

 

《捜神兵グチェラリオン》

f:id:athachigatsu:20190715153611j:plain

 《ガルザウルス》に比べパワーアタッカーの強化幅が小さくなった代わりに発動条件が緩和された。しかし厳しい条件を満たして能力が発動しても、《緑神龍グレガリゴン》と同性能にしかならない。

 

《ガザリアス・ドラゴン》

f:id:athachigatsu:20190715153950j:plain

 クラッチ能力でパワー・ブレイク枚数が2倍になるクリーチャー。最軽量のアーマード・ドラゴンだが、アーマード・ドラゴンからしか進化できないクリーチャーは弱いので軽さという強みが活かせることは少ない。

 

アストロノーツワイバーン

f:id:athachigatsu:20190715154331j:plain

 基本セットに存在する《ガルザウルス》の種族違い。種族がアーマード・ワイバーンなので《聖剣炎獣バーレスク》の進化元になる。

 

《爆竜兵ドラグストライク》

f:id:athachigatsu:20190715154615j:plain

 手札からドラゴンを召喚できるpigを持つクリーチャー。コストは重いが、ドラゴンであれば進化クリーチャーでも召喚できる。《恐怖の影スクリーム・アサシン》と組めば召喚した瞬間に自爆でき、《邪魂転生》でドローしつつドラゴンを呼び出せるため、闇文明と相性が良い。

 

《ブルーザー・ドラゴン》

f:id:athachigatsu:20190715155104j:plain

 pigで自分のシールドを焼却する傍迷惑なクリーチャー。《ガザリアス・ドラゴン》と同様最軽量のアーマード・ドラゴンではあるが、流石にこの能力ではデッキに居場所はないだろう。一応、進化元になればデメリットは回避できるが、だからどうしたという話。

 

バトルシップワイバーン

f:id:athachigatsu:20190715155459j:plain

 条件付きのパワーアタッカーを持つクリーチャー。基本セットの《突神兵ドガーン》の上位種と言える。いくらパワーが上がってもW・ブレイカーが付かないため性能はイマイチ。

 

《マウントザウルス》

f:id:athachigatsu:20190715155724j:plain

 相手プレイヤーを攻撃してブロックされなかった時にランデスを行うクリーチャー。能力は強力だが、5マナ・コストでパワー3000は心許ない。その辺のブロッカーに殴り負けてしまうので使うには何かしらの工夫が欲しい。

 

《機神装甲ヴァルカイザー》

f:id:athachigatsu:20190715163026j:plain

 cipで《トルネード・フレーム》が撃てる進化ヒューマノイド。文明も進化元の種族も違うが、《魔獣虫カオス・ワーム》と比べると同サイズで除去能力に差がある。ヒューマノイドデッキでは5マナ・コストは重く、使いにくいだろう。

 

《勇神兵エグゾリウス》

f:id:athachigatsu:20190715160427j:plain

 高いパワーで殴れるアンタップキラー。殴り返しに弱いため《ガトリング・ワイバーン》のような制圧力はないが、種族がアーマロイドなので《猿神兵アッシュ》を軸としたデッキで採用を検討できる。攻撃中にパワーが6000を超えるのに何故かW・ブレイカーがない。

 

《スフィンティラノスβ》

f:id:athachigatsu:20190715160740j:plain

 スピードアタッカーを持つサバイバークリーチャー。スピードアタッカーは強力だが、活かすにはコストが重い点がネック。奇襲という意味合いでは同コストの《流星魚α》の方が使いやすいだろう。

 

《ムラマサ・リザード

f:id:athachigatsu:20190715161052j:plain

 スピードアタッカーと、自分のクリーチャー1体をスピードアタッカーにするタップ能力を持ったクリーチャー。まず自分で攻撃し、次ターン以降は大型クリーチャーをスピードアタッカーにできる。

 

《鎧神兵ガリアクルーズ》

f:id:athachigatsu:20190715162008j:plain

 タップ能力で自分の火文明のクリーチャー全てをアンタップキラーにするクリーチャー。《フル・コマンド》や《クエイク・ゲート》を使った方が早いが、何度でも使えるので除去されない限り恒久的に相手クリーチャーを破壊し続けられる。

 

《ピーポのバール》

f:id:athachigatsu:20190715162227j:plain

 タップ能力で《クリムゾン・ハンマー》が撃てるクリーチャー。基本セットにアタックトリガーで同じことができる《切断伯爵ムラマサ》がいるが、あちらと違いブロッカーに囲まれている時でも発動できるのが長所。ただしあちらと同様に、狙いたいクリーチャーを処理するにはコストが重過ぎて使いにくい。

 

《怪神兵ナグール》

f:id:athachigatsu:20190715162726j:plain

 攻撃されない能力を持つクリーチャー。パワーアタッカーは殴り返しに弱いという弱点を自身の能力で補っている。素のパワーは4000なので火力呪文で焼かれる危険性はあるが、総じて優秀なクリーチャー。特に除去手段がタップ&デストロイになりがちな光文明に対しては脅威となる存在だろう。

 

《紅神龍ジャガルザー》

f:id:athachigatsu:20190715163745j:plain

 自分のクリーチャー全てをスピードアタッカーにするターボラッシュを持つクリーチャー。効果範囲は自身にも及ぶため、召喚したターンにシールドがブレイクできればこのクリーチャーもスピードアタッカーになり攻撃できるようになる。後述の《紅神龍バルガゲイザー》と組み合わせると強力。

 

《特攻隊長マイキー》

f:id:athachigatsu:20190715161427j:plain

 スピードアタッカーと、相手プレイヤーを攻撃してブロックされなかったとき《ピコット・ミサイル》が撃てる能力を持つクリーチャー。能力は優秀なのだが、如何せん6マナでパワー1000は非力過ぎる。

 

《ジョー・リザード

f:id:athachigatsu:20190715164636j:plain

 《鳥神兵クウザ》の上位種。コストの割にパワーが低く、W・ブレイカーもない。クリーチャーを確実に除去したければ各種火力呪文や《フル・コマンド》があるため敢えてこのクリーチャーを使うことはないだろう。

 

《紅神龍バルガゲイザー》

f:id:athachigatsu:20190715164055j:plain

 アタックトリガーで山札の一番上をめくり、それドラゴンであれば即座に召喚できる。進化クリーチャーかどうかは問わないので、めくった先が《超竜バジュラ》であればそのまま進化できるが、このクリーチャーを進化元とした場合はそのターンランデスできない点に注意(アタックトリガーの発動タイミングが既に終わっているため)。

 

《シグマ・トゥレイト》

f:id:athachigatsu:20190715163012j:plain

 クルー・ブレイカーを持つ進化サバイバー。サバイバーは展開力に長けるためたくさんバトルゾーンに並べやすく、フィニッシャーとして活躍できる。進化クリーチャーだけあってパワーが高く、《地獄万力》等で破壊されない。クルー・ブレイカーはサバイバー能力ではないので共有することができない点に注意。

《超巨岩獣ヴォルクラウザー》

f:id:athachigatsu:20190715164613j:plain

 水ステルスを持つ進化ロック・ビースト。水文明はドローソースとしてタッチされやすく、ブロッカーも豊富なためステルスの中では優秀。パワーが高く、みんな大好き《クリスタル・ランサー》を一方的に殴り倒せる。中々のスペックだが、進化元がロック・ビーストである点が難点。

《サウザンド・スピア》

f:id:athachigatsu:20190716001148j:plain

 重めの全体火力。中量級まで射程に入り、何より《光器ペトローバ》を破壊できる点が最大の売り。S・トリガーがないため【速攻】への対策にならないものの、非常に広い範囲の除去ができるため多くのデッキで採用が検討できるだろう。

 

《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》

f:id:athachigatsu:20190716001745j:plain

 シールド焼却能力を持ったファッティ。相手の手札を増やさず、S・トリガーも封じるため逆転を許さず攻め立てることができる。強力なクリーチャーだが、コストが重くスピードアタッカーを持たないため起動が遅いのが弱点。予めバトルゾーンを制圧したり、ハンデスを行い除去手段を奪ったり等の工夫が欲しいところ。特にハンデスとは自身のシールド焼却能力と強烈なシナジーを形成するため是非組み合わせたいところ。

 

《激震闘士スカイ・クラッシャー》

f:id:athachigatsu:20190716002415j:plain

 タップ能力で各プレイヤーをランデスするクリーチャー。タップ能力なので繰り返しランデスが行えるが、それなら1マナ・コスト軽くアタックトリガーで相手のみランデスする《ボルザード・ドラゴン》がいるためこちらを採用する理由に乏しい。敢えて使うなら《聖騎士サーベルフィーリ》でコピーして連打するか、《ゾンビ・カーニバル》等のサルベージ手段と組み合わせて墓地送りをメリットとしたい。そこまでお膳立てしてもパワー4000では場持ちが悪そうだが。

 

《紅神龍オグリストヴァル》

f:id:athachigatsu:20190716002849j:plain

 パワーが自分の手札の数によって上下するクリーチャー。パワーが一定値になるたびにブレイクできるシールドの枚数が増える。コスト相応以上の性能を発揮するには手札が3枚必要だが、それを維持するのは難しいだろう。元々のパワーは0であるため、《ロスト・ソウル》等で手札を0枚にされると他のパンプアップを受けていない限り即座に破壊されてしまうのが弱点。ちなみにこの手の能力に共通しがちだが、《光器ペトローバ》等のパンプアップでパワーが規定値に達した場合もちゃんとW・ブレイカーやT・ブレイカーを得られる。

 

《ミラフォース・ドラゴン》

f:id:athachigatsu:20190716003626j:plain

 自分のドラゴン以外の全てのクリーチャーにパワーアタッカー+4000を与えるクリーチャー。サイズの割にW・ブレイカーがなく、ファッティとしては迫力に欠ける。パワーアタッカーの強化幅は中々大きいものの、ウィニークリーチャーをパンプアップしたいのなら殴り返し・火力に強くなる《光器ペトローバ》に頼る方が確実。

 

《超竜バジュラ》

f:id:athachigatsu:20190716004549j:plain

 アタックトリガーでランデスを行える進化ドラゴン。破壊できるマナゾーンのカードは2枚であり、通常のマナチャージを上回るスピードでランデスできるため止められなければそのままゲームエンドになりかねない。相手からすれば真っ先に除去しなければならないクリーチャーだが、ランデスにより除去呪文が唱えにくくなってしまう。仮にS・トリガーや返しのターンで破壊されてしまったとしても、2マナは破壊できているので最低限のアドバンテージは稼げている。

 他の頭に超竜と名のつく進化クリーチャーは全てアーマード・ドラゴンからしか進化できないが、このクリーチャーは何故かドラゴンなら何でも進化元にできる。このせいで軽いアーマード・ドラゴンたちが立場をなくしていると言っても過言ではない。

 

《地獄万力》

f:id:athachigatsu:20190716004149j:plain

 高コストの割り振り火力。ウィニーならば3体以上破壊できるだろう。《バースト・ショット》等の全体火力とは違い、こちらは大型クリーチャーでも破壊できる点が優秀。

 

《バザガジール・ドラゴン》

f:id:athachigatsu:20190716005350j:plain

 スピードアタッカーを持つアンタップキラー。《エグゼズ・ワイバーン》・《襲撃者エグゼドライブ》と同様ターン終了時に手札に戻ってしまうが、そのため除去呪文の標的になりにくい。進化クリーチャーにも太刀打ちできるパワーが魅力であり、毎ターン撃てる除去呪文のような活躍が期待できる。

《聖剣炎獣バーレスク

f:id:athachigatsu:20190716005800j:plain

 唯一の進化アーマード・ワイバーン。相手プレイヤーを攻撃してブロックされなかった時エクストラターンを得る能力と、自分のターンの終わりに自己バウンスする能力を持っている。前者の能力は極めて強力であり、決まればほぼ必殺の破壊力を発揮する。コストが重く、ターン終了時に進化元ごと手札に戻ってしまうため失敗すれば大きくテンポアドバンテージを損なってしまう。出すときは必殺のタイミングを見極めるようにしたい。ブロックされないことが条件だが、幸いアーマード・ワイバーンには《ストームジャベリン・ワイバーン》や《クリムゾン・ワイバーン》という強力なブロッカー対策クリーチャーが存在しているため、バトルゾーンを制圧して万全の体勢を整えたい。進化速攻をする場合、最軽量のアーマード・ワイバーンは《エグゼズ・ワイバーン》なので12マナ必要になる。

 

《インビンシブル・フォートレス》

f:id:athachigatsu:20190716010455j:plain

 相手のシールドを3枚焼却する超大型呪文。インビンシブルサイクルでは最も勝利に直結する効果であり、使いやすいと思われる。とは言え、13マナという膨大なコストが必要なため採用は厳しいだろう。

 

 《火炎流星弾》《ピーカプのドライバー》等の【速攻】に有用なカード、《サウザンド・スピア》《地獄万力》といった火力呪文、《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》《超竜バジュラ》といった大型ドラゴンが追加され文明の特徴が順当に強化されていると言える。