きくメモ改

メモ改

デュエル・マスターズ闘魂編カードリスト:自然文明

 闘魂編カードリストの自然文明編(コスト昇順)

 

《シェル・ラック》

f:id:athachigatsu:20190720000302j:plain

 最軽量コロニー・ビートル。《超空要塞バビロン》の進化元になる。

 

《滑降妖精ガラポン》

f:id:athachigatsu:20190720000052j:plain

 《喧嘩屋タイラー》の文明違い版。あちらと違い種族に恵まれない。ビートダウン用のクリーチャーだが、後述の《怒髪の豪腕》が強過ぎるため使うことはないだろう。

 

《竜舞の化身》

f:id:athachigatsu:20190720000846j:plain

 条件付きのpigを持つクリーチャー。被破壊時にマナゾーンのドラゴンと入れ替わる。ドラゴンには重量級が多く、序盤に引いた場合はマナゾーンに置かれがちでありそれの回収に役立つ。

 

《怒髪の豪腕》

f:id:athachigatsu:20190720000237j:plain

 他のクリーチャーが召喚された際に自身をパンプアップする能力を持つクリーチャー。強化幅は3000と大きく、一度発動するだけで中量級まで手が届く。明らかにマナ・コストに見合わない強力な能力であり、更に種族にも恵まれている。

 

《フェアリー・ライフ》

f:id:athachigatsu:20190720001206j:plain

 マナブーストを行う呪文。効果は単純だが、序盤のマナブーストは隙になりにくく、かつ長い目で見たときの恩恵が大きいため非常に強力なカードである。S・トリガーまで付いており、発動すれば【速攻】に対して全体火力が間に合う等の恩恵がある。このカードの存在が自然文明を使う最大の理由と言って良い。

 

《ブルーレイザー・ビートル》

f:id:athachigatsu:20190720001950j:plain

 相手プレイヤーを攻撃できない代わりに高いパワーとパワーアタッカーを持つクリーチャー。攻撃時のパワーは8000にもなるため、殴り返し要員として非常に頼れる存在である。

 

《幻惑ベリー》

f:id:athachigatsu:20190720002832j:plain

 バニラのツリーフォーク。

 

《シェル・キャリアー》

f:id:athachigatsu:20190720002915j:plain

 《ソード・バタフライ》の種族違い版。こちらはコロニー・ビートルなので《超空要塞バビロン》の進化元になる。

 

《盗賊の盾》

f:id:athachigatsu:20190720003036j:plain

 自分のクリーチャー1体をパンプアップするタップ能力を持ったクリーチャー。強化幅は5000と非常に大きく、適当なウィニークリーチャーで進化クリーチャーを討ち取ることが可能になる。

 

《ランチャー・スパイダー》

f:id:athachigatsu:20190720003715j:plain

 条件付きのパワーアタッカーを持つクリーチャー。このクリーチャー以外に3体のクリーチャーが存在してやっと《ソード・バタフライ》と同スペックなので使いにくい。種族は違うが、基本セットに存在する《跳躍するトルネード・ホーン》の劣化である(あちらは自身も数に含める)。

 

《誕生の祈》

f:id:athachigatsu:20190720004046j:plain

 相手プレイヤーを攻撃してブロックされなかった時にクリーチャーをサーチできる能力を持ったクリーチャー。発動条件が厳しく、即効性に欠けるため同コストの《ディメンジョン・ゲート》と上手く使い分けたい。似たような能力を持つクリーチャー群と比較して、種族がビーストフォークであるためサポートを受けやすいという強みがある。

 

《神秘の宝箱》

f:id:athachigatsu:20190720004942j:plain

 コストが軽くなった代わりに自然文明のカードを選べなくなった《レインボー・ストーン》。元々が色事故をなくすための呪文なので、コストの軽いこちらの方が使いやすいだろう。

 

大自然の意志》

f:id:athachigatsu:20190720005244j:plain

 進化クリーチャーの一番上のカードのみに対象が絞られた《ナチュラル・トラップ》。手打ちしやすいマナ・コストだが、進化クリーチャーを使わないデッキ相手には当然無力であり、シールドから出てきても腐りやすい。

 

メビウス・チャージャー》

f:id:athachigatsu:20190720005710j:plain

 《ガイアズ・ソング》のチャージャー版。序盤から大幅なマナブーストが狙えるカードだが、ボードアドバンテージを失ってしまう。効果は強制なので、バトルゾーンにクリーチャーがいれば必ずマナゾーンに置かなければならない点に注意。《守護聖天ラルバ・ギア》や《アストラル・リーフ》といった軽量級のcip持ち進化クリーチャーを対象にすることで大きなアドバンテージが稼げる。

 

《氷結ハンマー》

f:id:athachigatsu:20190720010241j:plain

 敵対文明のクリーチャーを1体マナゾーン送りにする呪文。文明は選ぶものの、コストが軽い点とクリーチャーのパワーや状態を問わない点が強み。

 

《ライフ・チャージャー》

f:id:athachigatsu:20190720010522j:plain

 唱えたターン中に破壊された自分のクリーチャーをマナゾーン送りにするチャージャー呪文。スレイヤーや《邪魂転生》と好相性。

 

《パワー・チャージャー》

f:id:athachigatsu:20190720011201j:plain

 自分のクリーチャーをパンプアップするチャージャー呪文。強化幅は3000と中々大きいものの、元々マナブーストが得意な自然文明でパンプアップするだけのチャージャー呪文を採用するメリットは少ない。なお、火文明の《エナジー・チャージャー》の上位互換である。あちらは自分のクリーチャー1体を2000パンプアップするチャージャー呪文で、何故かこちらと同コスト。クリーチャーの強化は自然文明の十八番ということだろうか。

 

《強欲の開拓》

f:id:athachigatsu:20190720011608j:plain

 選択した種族のクリーチャーを手札から好きなだけマナゾーンに置くことができる呪文。種族がほぼ統一されたデッキでしか上手く使えない上、使うと手札消費が激しい。《オブシディアン・ビートル》等をマナゾーンに埋めるのに使えるかもしれないが、《青銅の鎧》のような基本的なマナブースト手段で事足りるだろう。

 

《魅了妖精チャミリア》

f:id:athachigatsu:20190720012130j:plain

 タップ能力で《ディメンジョン・ゲート》が撃てるクリーチャー。タップ能力ゆえに確実性・即効性に欠けるものの、攻撃せずに手札を補充できるため、生き残っている限り一方的にアドバンテージを稼ぐことができる。

 

《樹界を守るパラダイス・ホーン》

f:id:athachigatsu:20190720012742j:plain

 《ソード・バタフライ》と比べ、素のパワーが1000上がった代わりにパワーアタッカーの上昇幅が1000低くなっている。そのためマナ・コストが重くなった割に攻撃時のパワーに変化はない。

 

《無垢の宝剣》

f:id:athachigatsu:20190720112519j:plain

 あらゆる進化クリーチャーの進化元になれるクリーチャー。エンジェル・コマンドやドラゴン等の重いクリーチャーの代用になる。2種類以上の種族の進化クリーチャーを使うデッキでは柔軟性のある進化元として使えるだろう。《超竜バハム》を使うならほぼ必須のカード。

 

《草原の種》

f:id:athachigatsu:20190720013014j:plain

 自分の手札を3枚までマナゾーンに置くタップ能力を持ったクリーチャー。手札消費の激しい自然文明ではこのクリーチャーのタップ能力を発動できるときに手札が充分に残っているか怪しいところがあるため、水文明と組んでドローソースを用意した方が良いだろう。《神々の逆流》の後にマナを素早く回復することができる。

 

《シェル・ブリーダー》

f:id:athachigatsu:20190720013416j:plain

 マナゾーンからクリーチャーを回収するタップ能力を持ったクリーチャー。進化クリーチャーである《超空要塞バビロン》の能力によってマナゾーンに埋まったクリーチャーを掘り出すのに使える。

 

《撃墜するスティンガー・ホーン》

f:id:athachigatsu:20190720013944j:plain

 パワーアタッカーと水ステルスを持つクリーチャー。 水文明はドローソースとしてタッチされやすいため発動機会は多いだろう。

 

《春風妖精ポップル》

f:id:athachigatsu:20190720114458j:plain

 タップ能力で《フェアリー・ライフ》が使えるクリーチャー。除去されない限り複数回のマナブーストが可能だが、タイミングがアタックステップゆえに増えたマナを使えるのは次のターンに持ち越されてしまう。

 

《緑神龍ガミラタール》

f:id:athachigatsu:20190720120019j:plain

 cipで相手のクリーチャーのコストを踏み倒すというデメリット能力を持ったクリーチャー。自身のパワーはマナ・コストの割に高いものの、相手の手札にそれ以上のクリーチャーが存在した場合は非常に苦しい展開となる。最悪の場合《悪魔神バロム》等が出てきて自身が除去されてしまう可能性もあり、使用にはハンデスやピーピングを駆使したプレイングが要求される。

 

《カーボナイト・ビートル》

f:id:athachigatsu:20190720121300j:plain

 被ブロック時にシールドをブレイクするターボラッシュを持つクリーチャー。ターボラッシュは相手のシールドをブレイクしないと発動しないのに、その能力が被ブロック前提なのでまるで噛み合っていない。

 

《シェル・コロシアム》

f:id:athachigatsu:20190720122331j:plain

 被ブロック時に《フェアリー・ライフ》が撃てるクリーチャー。マナブースト手段としては確実性がなく、更に遅いため使いにくい。

 

《食獣セニア》

f:id:athachigatsu:20190720122656j:plain

 自身をパンプアップするターボラッシュを持つクリーチャー。能力が発動すればパワー8000のW・ブレイカーとなり中々強力。種族がツリーフォークなので《世界樹ユグドラジーガ》の進化元になる。

 

《沈黙するバックラー・ホーン》

f:id:athachigatsu:20190720123537j:plain

 ドラゴンまたはドラゴノイドを召喚するたびにマナブーストを行うシステムクリーチャー。ドラゴンは重いため主にドラゴノイドと連携して使われることになるだろう。《襲撃者エグゼドライブ》と相性が良く、毎ターンマナブーストを行うことができる。能力の発動は強制なので、ライブラリアウトには注意。

 

《夢蒼の剛剣》

f:id:athachigatsu:20190720124044j:plain

 選択した種族を条件付きアンブロッカブルにするタップ能力を持つクリーチャー。

 

《怪力の化身》

f:id:athachigatsu:20190720125524j:plain

 cipで同名カードをサーチできるクリーチャー。事実上、手札を使わずにクリーチャーを召喚できる。1マナ・コスト重い代わりにクリーチャーなら何でもサーチできる《鳴動するギガ・ホーン》 がいる。

 

《大勇者「猛虎の怒り」》

f:id:athachigatsu:20190720184032j:plain

 アタックトリガーで選択したブロッカーと強制的にバトルさせる能力と、被ブロック時に自身をパンプアップ能力を持った進化ビーストフォーク。相手にブロッカーの召喚を躊躇わせることができる。そのためターボラッシュや《誕生の祈》のような能力を持ったクリーチャーと相性が良い。ただし、相手にブロッカーがいなければ《大勇者「大地の猛攻」》の劣化となってしまう。

 

《不死身の果実》

f:id:athachigatsu:20190720191653j:plain

 S・トリガーが付いた代わりに、マナ・コストが重くなり、対象が1体だけになり、チャージャーでなくなった《ライフ・チャージャー》。S・トリガーが付いたと言っても、普通はクリーチャーを攻撃してからシールドをブレイクするため発動したところで手札を1枚失っただけになりがち。

 

《ソイル・チャージャー》

f:id:athachigatsu:20190720184749j:plain

 相手のクリーチャーを1体マナゾーン送りにするチャージャー呪文。《死の宣告》と同様、クリーチャーを選択するのは相手なので狙ったクリーチャーを除去できる可能性は低い。除去とマナブーストを兼ねる高性能な呪文ではあるが、相手のマナも増えてしまうためタイミングによっては相手の動きを良くしてしまう恐れがある。

 

《神秘の超人》

f:id:athachigatsu:20190720190003j:plain

 マナ・コストに対してパワーが高い代わりに、タップされていない自分のクリーチャーが他に1体でもいれば攻撃できないデメリット能力を持ったクリーチャー。ビートダウンデッキならば最後に攻撃すれば良いだけなのでデメリットはあまり気にならないだろう。当然だが、このクリーチャーを2体以上並べると全て攻撃できなくなる。

 

《戦いの化身》

f:id:athachigatsu:20190720185459j:plain

 相手のクリーチャーにミステリー・トーテムへの攻撃を強制するクリーチャー。自身もミステリー・トーテムなので、タップ状態にしておけばパワー4000未満のクリーチャーは勝手に自爆してくれる。ただしパワー4000は同マナ・コスト帯では大した数値ではないため守ってくれるブロッカーが欲しいところ。

 

《爆転の化身》

f:id:athachigatsu:20190720190932j:plain

 自分の自然文明のクリーチャー全てにブロック貫通能力を与えるタップ能力を持つクリーチャー。ビートダウン向けの能力だが、コストが重く発動が遅いため使いにくい。能力を使った際に攻撃できるクリーチャーの頭数が減ってしまうのも痛い。

《緑神龍グレガリゴン》

f:id:athachigatsu:20190720192653j:plain

 パワーアタッカーとW・ブレイカーを持つクリーチャー。いわゆる準バニラだが、中量級のアタッカーとして優秀なスペックであり使いやすい。種族は違うが基本セットの《デスブレード・ビートル》の上位互換である。多くの中量級アタッカーはこのカードに存在を否定されてしまう(主に火文明)。

《鼓舞の化身》

f:id:athachigatsu:20190720193448j:plain

 自分の他のクリーチャーがバトルゾーンに出るたびにビーストフォークをパンプアップしW・ブレイカーを与えるシステムクリーチャー。ビーストフォークはウィニーが多く、数で押し切る戦略を得意とするため、よく噛み合っている能力と言える。ただし、このクリーチャーが召喚された時には発動しないため即効性に欠ける。マナを溜めて他のクリーチャーと一緒に召喚したいところ。

 

《ウィップ・スコーピオン》

f:id:athachigatsu:20190720202144j:plain

 S・トリガーが付いた代わりに2マナ・コスト重くなった《ソード・バタフライ》。通常S・トリガーが付くと1マナ・コスト重くなるので、余計に重くなってしまっているこのカードは不遇なデザインである。

 

《超空要塞バビロン》

f:id:athachigatsu:20190720213318j:plain

 唯一の進化コロニー・ビートル。自分の自然文明のクリーチャー全てにマナブーストするタップ能力を与える。爆発的なマナブーストが可能であり、インビンシブル呪文を唱えたい場合には有力なマナブースト手段となり得る。しかし、タップ能力でのマナブーストはタイミングが悪く使いづらさは否めない。

 

《超神龍バイラス・ゲイル》

f:id:athachigatsu:20190720194154j:plain

 S・トリガーを使って呪文を唱えた際に、墓地に置かず手札に戻す能力を持った進化ドラゴン。《深緑の魔方陣》と組み合わせると驚異的な粘り強さを発揮できる。自分のシールドにS・トリガーがなければ意味がない能力であるため、《エメラル》や《ホーリー・メール》等で積極的にS・トリガーを仕込みたいところ。

 

《大昆虫ジェネラルマンティス》

f:id:athachigatsu:20190720194748j:plain

 自分のパワー5000以上の他のクリーチャーのシールドブレイク枚数を増やす能力を持った進化ジャイアント・インセクトエラッタされており、実際のテキストは「パワー5000以上の自分の他のクリーチャーが、相手プレイヤーを攻撃してブロックされなかった時、シールドをさらにもう1枚ブレイクする。」である。

 元々パワー5000以上のクリーチャーはW・ブレイカーが多く、それらをT・ブレイカーにすることができる。また《光器ペトローバ》等でパンプアップしたウィニークリーチャーをW・ブレイカーにすることもできる。なお、攻撃の処理は

 1.攻撃宣言

 2.攻撃中の常在型能力(パワーアタッカー等)の発動

 3.アタックトリガー能力の発動

 4.ブロックするorしないの宣言

 5.ブロックしたorされたorしなかったorされなかった時の能力発動

 6.バトルorシールドブレイクor直接攻撃による勝利

 7.攻撃終了

 という順で行われる。パワーアタッカーの発動タイミングは2.であり、《大昆虫ジェネラルマンティス》の能力が発動するのは5.であり、ブレイクするシールドの枚数・標的が確定するタイミングは6.である。よって、元々のパワーは5000に満たないがパワーアタッカーの発動によりパワー5000以上となるクリーチャーについては《大昆虫ジェネラルマンティス》の能力によりブレイクするシールドの数が1枚増える。

 

《殺戮の化身》

f:id:athachigatsu:20190720202401j:plain

 1マナ・コスト軽くなった代わりに素のパワーが減った《ゼノ・マンティス》。6マナ・コストの重量級にしてはパワーが低く、殴り返しにも火力にも弱い。

《シェル・ファクトリーγ》

f:id:athachigatsu:20190720202901j:plain

 cipでサバイバーをサーチできる能力を持ったサバイバークリーチャー。除去されない限りどんどんサバイバーを手札に呼び込むことができる、サバイバーデッキのキーカード。サバイバーデッキでは如何に早くコストの重いこのクリーチャーを召喚できるかが勝敗を分けるため、マナブースト手段を用意しておきたい。

 

《恵みの化身》

f:id:athachigatsu:20190720203457j:plain

 墓地のカードを3枚までマナゾーンに置くタップ能力を持ったクリーチャー。普通に使う分にはやや過剰気味のマナブーストといった能力だが、ランデスへの強力なメタとなる他、クリーチャーだけでなく呪文も選択できるため《ミスティック・クリエーション》等のマナ回収と組み合わせて実質的なサルベージ手段とすることができる。呪文をサルベージする方法は貴重である。

 

《呪紋の化身》※殿堂入りまたはプレミアム殿堂入りの可能性あり

f:id:athachigatsu:20190720204037j:plain

 相手のS・トリガーを封じるクリーチャー。相手のターン中に行える唯一の行動を禁止するその能力は非常に強力である。一斉攻撃前に召喚して呪文のように扱うだけでなく、自身も中々のパワーとW・ブレイカーを持つためアタッカーとしても活躍できる。

 

《緑神龍アンリストヴァル》

f:id:athachigatsu:20190720204349j:plain

 自分の他のクリーチャー1体につき2000のパワーを得るクリーチャー。最低でも3体いないとマナ・コストに見合ったパワーにならず、《サウザンド・スピア》等で他のクリーチャーを全て焼かれてしまうと自身も破壊されてしまう等使いにくさが目立つ。

 

《警護するソリッド・ホーン》

f:id:athachigatsu:20190720205035j:plain

 サイズが一回り大きくなった《レッドアイ・スコーピオン》。《無敵の咆哮》の最上位版とも言える。コストが6マナなので、パワー6000でW・ブレイカーを持っているのが標準のデザインである。そのため非常に物足りないスペックと言える。

 

《大昆虫ガイアマンティス》

f:id:athachigatsu:20190720210051j:plain

 条件付きアンブロッカブル能力を持つ進化ジャイアント・インセクト。パワー8000を超えるブロッカーは数が少なく、まずブロックされない。《クリスタル・ランサー》よりパワーが高いのが嬉しい。

 

世界樹ユグドラジーガ》

f:id:athachigatsu:20190720214405j:plain

 唯一の進化ツリーフォーク。闇ステルスを持つ。パワーアタッカーを持つ分、素のパワーがやや低めに設定されており、殴り返しに弱い。同コストの進化クリーチャーに殴られるとほぼ一方的に討ち取られてしまうため扱いが難しい。

《ガイアクロウ・ワスプ》

f:id:athachigatsu:20190720214443j:plain

 被ブロック時にシールドをブレイクする能力を持つクリーチャー。よくあるブロック貫通能力と違いクリーチャーを攻撃した時にも能力が発動するため、相手に手札を与えたくない場合は注意が必要。元々のパワーが低く殴り返しに弱い。ブロック貫通能力を使いたいならば《神拳の超人》の方が扱いやすいだろう。

 

《跳躍の超人》

f:id:athachigatsu:20190720214454j:plain

 準バニラのファッティ。W・ブレイカー以外に能力を持ち合わせていないのにも関わらずパワーがマナ・コストに見合っていない(7マナならばパワー9000が妥当)。デメリット能力を持っていることが多いジャイアントの中では癖がなく扱いやすい方だと言えるが、そうだとしても敢えてこのクリーチャーを使う理由はないだろう。

 

《幻想妖精カチュア》

f:id:athachigatsu:20190720214536j:plain

 デッキから1ターンだけ保つドラゴンをバトルゾーンに出すタップ能力を持つクリーチャー。《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》等の優秀なクリーチャーを出してすぐに攻撃させられるのは非常に強力。《バルキリー・ドラゴン》を出してcipを発動させることもできる。弱点はコストの重さとパワーの低さ。

 

《驚天の超人》

f:id:athachigatsu:20190720214713j:plain

 cipで相手のクリーチャー2体のコストを踏み倒す、《緑神龍ガミラタール》の大型版とも言えるクリーチャー。あちらも危険なカードだが、こちらはバトルゾーンに出た時点でバトルゾーンに進化元がいなくても進化元クリーチャーと進化クリーチャーが相手の手札に揃っていればそれが出てくる等、危険度は非常に高い。召喚する前に《ロスト・ソウル》を撃っておく等の対策は必須。

 

《クリスタル・フュージョン

f:id:athachigatsu:20190721215841j:plain

 普通に唱えた場合は8マナも増える大型呪文。《ラブ・エルフィン》でコストを軽減していてもなお《インビンシブル・パワー》等を唱えるのに充分なマナが溜まる。《聖剣炎獣バーレスク》を使うデッキでは必然的に大量のマナを要するため使われるかもしれない。

 

《金剛の超人》

f:id:athachigatsu:20190720214656j:plain

 非常に高いパワーと条件付きアンブロッカブル能力を持つ代わりに、手札を捨てなければ攻撃できないというデメリット能力を持つクリーチャー。コストが重い上、手札まで要求されるとなれば流石に使いにくいだろう。そもそも、コスト論にしたがえば9マナ・コストならばパワー11000~13000が標準なので、重いデメリットと引き換えに得たものが中々にしょっぱい。ロマンこそあるが、こんなクリーチャーを召喚するくらいならもう1マナ溜めて《グラディアン・レッド・ドラゴン》を呼び出した方が良いだろう。一応、《ミラクル・ポータル》や《ダイヤモンド・カッター》等でデメリットを無視して攻撃することが可能。

 

《インビンシブル・パワー》

f:id:athachigatsu:20190720214755j:plain

 唱えたターン中自分のクリーチャーを大幅にパンプアップし、T・ブレイカーを与える超大型呪文。序盤に呼び出した《青銅の鎧》等のウィニーもT・ブレイカーを持った大型クリーチャーに化けるためクリーチャーが3体いればシールドが5枚あっても決着がつけられる。奇襲性は非常に高い。ただし、クリーチャーが3体いれば決着がつくという意味ではS・トリガーを踏むリスクが軽減される《インビンシブル・フォートレス》がある。 

 

 基本セットと比べ、やはり《フェアリー・ライフ》の追加が大きい。これにより《青銅の鎧》と併せて使い勝手の良いマナブースト手段を8枚体勢にできるようになり、自然文明を使う理由が大きく強化されたと言って良い。クリーチャーでは《怒髪の豪腕》や《誕生の祈》といった小粒ながら強力なビーストフォークが追加されており、種族デッキに磨きがかかった。一方大型クリーチャーは《呪紋の化身》・《幻想妖精カチュア》以外パッとせず、イマイチなラインナップ。