きくメモ改

メモ改

第10回SPLオフ裏2次会

 第10回SPLオフの裏2次会企画。オフ運営が企画した本来の2次会は年齢(学年)的にちょっと……な人や、2次会参加枠が申請開始22秒後に埋まってしまったためにあぶれてしまったという人は参加してね。

 なお、老人クラブのような様相を呈することになると思われるため、その点は注意。

 

概要

幹事:菊葉月

日時:令和元年8月31日(土) 20:00~

会場:和食ごはん順風満帆(SPLオフ会場徒歩圏内)

定員:24名(幹事含む)

予算:定食が1,000円程度でご飯お代わり無料。酒の価格は標準的。

申請期間:令和元年7月26日(金)~8月2日(金)

申請方法:ブログコメントまたはTwitterリプライ

問い合せ:Twitterリプライ

 

対戦ルール

 多分割り勘にはならない。食べたい奴は好きなだけ食べればいいし飲みたい奴は好きなだけ飲めばいい。なお、幹事ほか数名で以前食事にいった際は全員大変満足して帰った。

 

注意事項

 既に店に電話して座敷を貸せと話しているので、あまりにも参加人数が少ないと悲しいことになる。当該時間帯に暇そうな人がいたら誘ってほしい。

 

参加者一覧(継承略)

1.菊葉月

2.とべし

3.本名マン

4.†ワイエヌシーアスベル†

5.じゃっけ

6.うぇいぱ

7.赤鹿

8.そば

9.ittkn

10.よこじ

11.こてっちゃん

12.ラグ

13.そらちゃん

14.でいじー

デュエル・マスターズ闘魂編カードリスト:自然文明

 闘魂編カードリストの自然文明編(コスト昇順)

 

《シェル・ラック》

f:id:athachigatsu:20190720000302j:plain

 最軽量コロニー・ビートル。《超空要塞バビロン》の進化元になる。

 

《滑降妖精ガラポン》

f:id:athachigatsu:20190720000052j:plain

 《喧嘩屋タイラー》の文明違い版。あちらと違い種族に恵まれない。ビートダウン用のクリーチャーだが、後述の《怒髪の豪腕》が強過ぎるため使うことはないだろう。

 

《竜舞の化身》

f:id:athachigatsu:20190720000846j:plain

 条件付きのpigを持つクリーチャー。被破壊時にマナゾーンのドラゴンと入れ替わる。ドラゴンには重量級が多く、序盤に引いた場合はマナゾーンに置かれがちでありそれの回収に役立つ。

 

《怒髪の豪腕》

f:id:athachigatsu:20190720000237j:plain

 他のクリーチャーが召喚された際に自身をパンプアップする能力を持つクリーチャー。強化幅は3000と大きく、一度発動するだけで中量級まで手が届く。明らかにマナ・コストに見合わない強力な能力であり、更に種族にも恵まれている。

 

《フェアリー・ライフ》

f:id:athachigatsu:20190720001206j:plain

 マナブーストを行う呪文。効果は単純だが、序盤のマナブーストは隙になりにくく、かつ長い目で見たときの恩恵が大きいため非常に強力なカードである。S・トリガーまで付いており、発動すれば【速攻】に対して全体火力が間に合う等の恩恵がある。このカードの存在が自然文明を使う最大の理由と言って良い。

 

《ブルーレイザー・ビートル》

f:id:athachigatsu:20190720001950j:plain

 相手プレイヤーを攻撃できない代わりに高いパワーとパワーアタッカーを持つクリーチャー。攻撃時のパワーは8000にもなるため、殴り返し要員として非常に頼れる存在である。

 

《幻惑ベリー》

f:id:athachigatsu:20190720002832j:plain

 バニラのツリーフォーク。

 

《シェル・キャリアー》

f:id:athachigatsu:20190720002915j:plain

 《ソード・バタフライ》の種族違い版。こちらはコロニー・ビートルなので《超空要塞バビロン》の進化元になる。

 

《盗賊の盾》

f:id:athachigatsu:20190720003036j:plain

 自分のクリーチャー1体をパンプアップするタップ能力を持ったクリーチャー。強化幅は5000と非常に大きく、適当なウィニークリーチャーで進化クリーチャーを討ち取ることが可能になる。

 

《ランチャー・スパイダー》

f:id:athachigatsu:20190720003715j:plain

 条件付きのパワーアタッカーを持つクリーチャー。このクリーチャー以外に3体のクリーチャーが存在してやっと《ソード・バタフライ》と同スペックなので使いにくい。種族は違うが、基本セットに存在する《跳躍するトルネード・ホーン》の劣化である(あちらは自身も数に含める)。

 

《誕生の祈》

f:id:athachigatsu:20190720004046j:plain

 相手プレイヤーを攻撃してブロックされなかった時にクリーチャーをサーチできる能力を持ったクリーチャー。発動条件が厳しく、即効性に欠けるため同コストの《ディメンジョン・ゲート》と上手く使い分けたい。似たような能力を持つクリーチャー群と比較して、種族がビーストフォークであるためサポートを受けやすいという強みがある。

 

《神秘の宝箱》

f:id:athachigatsu:20190720004942j:plain

 コストが軽くなった代わりに自然文明のカードを選べなくなった《レインボー・ストーン》。元々が色事故をなくすための呪文なので、コストの軽いこちらの方が使いやすいだろう。

 

大自然の意志》

f:id:athachigatsu:20190720005244j:plain

 進化クリーチャーの一番上のカードのみに対象が絞られた《ナチュラル・トラップ》。手打ちしやすいマナ・コストだが、進化クリーチャーを使わないデッキ相手には当然無力であり、シールドから出てきても腐りやすい。

 

メビウス・チャージャー》

f:id:athachigatsu:20190720005710j:plain

 《ガイアズ・ソング》のチャージャー版。序盤から大幅なマナブーストが狙えるカードだが、ボードアドバンテージを失ってしまう。効果は強制なので、バトルゾーンにクリーチャーがいれば必ずマナゾーンに置かなければならない点に注意。《守護聖天ラルバ・ギア》や《アストラル・リーフ》といった軽量級のcip持ち進化クリーチャーを対象にすることで大きなアドバンテージが稼げる。

 

《氷結ハンマー》

f:id:athachigatsu:20190720010241j:plain

 敵対文明のクリーチャーを1体マナゾーン送りにする呪文。文明は選ぶものの、コストが軽い点とクリーチャーのパワーや状態を問わない点が強み。

 

《ライフ・チャージャー》

f:id:athachigatsu:20190720010522j:plain

 唱えたターン中に破壊された自分のクリーチャーをマナゾーン送りにするチャージャー呪文。スレイヤーや《邪魂転生》と好相性。

 

《パワー・チャージャー》

f:id:athachigatsu:20190720011201j:plain

 自分のクリーチャーをパンプアップするチャージャー呪文。強化幅は3000と中々大きいものの、元々マナブーストが得意な自然文明でパンプアップするだけのチャージャー呪文を採用するメリットは少ない。なお、火文明の《エナジー・チャージャー》の上位互換である。あちらは自分のクリーチャー1体を2000パンプアップするチャージャー呪文で、何故かこちらと同コスト。クリーチャーの強化は自然文明の十八番ということだろうか。

 

《強欲の開拓》

f:id:athachigatsu:20190720011608j:plain

 選択した種族のクリーチャーを手札から好きなだけマナゾーンに置くことができる呪文。種族がほぼ統一されたデッキでしか上手く使えない上、使うと手札消費が激しい。《オブシディアン・ビートル》等をマナゾーンに埋めるのに使えるかもしれないが、《青銅の鎧》のような基本的なマナブースト手段で事足りるだろう。

 

《魅了妖精チャミリア》

f:id:athachigatsu:20190720012130j:plain

 タップ能力で《ディメンジョン・ゲート》が撃てるクリーチャー。タップ能力ゆえに確実性・即効性に欠けるものの、攻撃せずに手札を補充できるため、生き残っている限り一方的にアドバンテージを稼ぐことができる。

 

《樹界を守るパラダイス・ホーン》

f:id:athachigatsu:20190720012742j:plain

 《ソード・バタフライ》と比べ、素のパワーが1000上がった代わりにパワーアタッカーの上昇幅が1000低くなっている。そのためマナ・コストが重くなった割に攻撃時のパワーに変化はない。

 

《無垢の宝剣》

f:id:athachigatsu:20190720112519j:plain

 あらゆる進化クリーチャーの進化元になれるクリーチャー。エンジェル・コマンドやドラゴン等の重いクリーチャーの代用になる。2種類以上の種族の進化クリーチャーを使うデッキでは柔軟性のある進化元として使えるだろう。《超竜バハム》を使うならほぼ必須のカード。

 

《草原の種》

f:id:athachigatsu:20190720013014j:plain

 自分の手札を3枚までマナゾーンに置くタップ能力を持ったクリーチャー。手札消費の激しい自然文明ではこのクリーチャーのタップ能力を発動できるときに手札が充分に残っているか怪しいところがあるため、水文明と組んでドローソースを用意した方が良いだろう。《神々の逆流》の後にマナを素早く回復することができる。

 

《シェル・ブリーダー》

f:id:athachigatsu:20190720013416j:plain

 マナゾーンからクリーチャーを回収するタップ能力を持ったクリーチャー。進化クリーチャーである《超空要塞バビロン》の能力によってマナゾーンに埋まったクリーチャーを掘り出すのに使える。

 

《撃墜するスティンガー・ホーン》

f:id:athachigatsu:20190720013944j:plain

 パワーアタッカーと水ステルスを持つクリーチャー。 水文明はドローソースとしてタッチされやすいため発動機会は多いだろう。

 

《春風妖精ポップル》

f:id:athachigatsu:20190720114458j:plain

 タップ能力で《フェアリー・ライフ》が使えるクリーチャー。除去されない限り複数回のマナブーストが可能だが、タイミングがアタックステップゆえに増えたマナを使えるのは次のターンに持ち越されてしまう。

 

《緑神龍ガミラタール》

f:id:athachigatsu:20190720120019j:plain

 cipで相手のクリーチャーのコストを踏み倒すというデメリット能力を持ったクリーチャー。自身のパワーはマナ・コストの割に高いものの、相手の手札にそれ以上のクリーチャーが存在した場合は非常に苦しい展開となる。最悪の場合《悪魔神バロム》等が出てきて自身が除去されてしまう可能性もあり、使用にはハンデスやピーピングを駆使したプレイングが要求される。

 

《カーボナイト・ビートル》

f:id:athachigatsu:20190720121300j:plain

 被ブロック時にシールドをブレイクするターボラッシュを持つクリーチャー。ターボラッシュは相手のシールドをブレイクしないと発動しないのに、その能力が被ブロック前提なのでまるで噛み合っていない。

 

《シェル・コロシアム》

f:id:athachigatsu:20190720122331j:plain

 被ブロック時に《フェアリー・ライフ》が撃てるクリーチャー。マナブースト手段としては確実性がなく、更に遅いため使いにくい。

 

《食獣セニア》

f:id:athachigatsu:20190720122656j:plain

 自身をパンプアップするターボラッシュを持つクリーチャー。能力が発動すればパワー8000のW・ブレイカーとなり中々強力。種族がツリーフォークなので《世界樹ユグドラジーガ》の進化元になる。

 

《沈黙するバックラー・ホーン》

f:id:athachigatsu:20190720123537j:plain

 ドラゴンまたはドラゴノイドを召喚するたびにマナブーストを行うシステムクリーチャー。ドラゴンは重いため主にドラゴノイドと連携して使われることになるだろう。《襲撃者エグゼドライブ》と相性が良く、毎ターンマナブーストを行うことができる。能力の発動は強制なので、ライブラリアウトには注意。

 

《夢蒼の剛剣》

f:id:athachigatsu:20190720124044j:plain

 選択した種族を条件付きアンブロッカブルにするタップ能力を持つクリーチャー。

 

《怪力の化身》

f:id:athachigatsu:20190720125524j:plain

 cipで同名カードをサーチできるクリーチャー。事実上、手札を使わずにクリーチャーを召喚できる。1マナ・コスト重い代わりにクリーチャーなら何でもサーチできる《鳴動するギガ・ホーン》 がいる。

 

《大勇者「猛虎の怒り」》

f:id:athachigatsu:20190720184032j:plain

 アタックトリガーで選択したブロッカーと強制的にバトルさせる能力と、被ブロック時に自身をパンプアップ能力を持った進化ビーストフォーク。相手にブロッカーの召喚を躊躇わせることができる。そのためターボラッシュや《誕生の祈》のような能力を持ったクリーチャーと相性が良い。ただし、相手にブロッカーがいなければ《大勇者「大地の猛攻」》の劣化となってしまう。

 

《不死身の果実》

f:id:athachigatsu:20190720191653j:plain

 S・トリガーが付いた代わりに、マナ・コストが重くなり、対象が1体だけになり、チャージャーでなくなった《ライフ・チャージャー》。S・トリガーが付いたと言っても、普通はクリーチャーを攻撃してからシールドをブレイクするため発動したところで手札を1枚失っただけになりがち。

 

《ソイル・チャージャー》

f:id:athachigatsu:20190720184749j:plain

 相手のクリーチャーを1体マナゾーン送りにするチャージャー呪文。《死の宣告》と同様、クリーチャーを選択するのは相手なので狙ったクリーチャーを除去できる可能性は低い。除去とマナブーストを兼ねる高性能な呪文ではあるが、相手のマナも増えてしまうためタイミングによっては相手の動きを良くしてしまう恐れがある。

 

《神秘の超人》

f:id:athachigatsu:20190720190003j:plain

 マナ・コストに対してパワーが高い代わりに、タップされていない自分のクリーチャーが他に1体でもいれば攻撃できないデメリット能力を持ったクリーチャー。ビートダウンデッキならば最後に攻撃すれば良いだけなのでデメリットはあまり気にならないだろう。当然だが、このクリーチャーを2体以上並べると全て攻撃できなくなる。

 

《戦いの化身》

f:id:athachigatsu:20190720185459j:plain

 相手のクリーチャーにミステリー・トーテムへの攻撃を強制するクリーチャー。自身もミステリー・トーテムなので、タップ状態にしておけばパワー4000未満のクリーチャーは勝手に自爆してくれる。ただしパワー4000は同マナ・コスト帯では大した数値ではないため守ってくれるブロッカーが欲しいところ。

 

《爆転の化身》

f:id:athachigatsu:20190720190932j:plain

 自分の自然文明のクリーチャー全てにブロック貫通能力を与えるタップ能力を持つクリーチャー。ビートダウン向けの能力だが、コストが重く発動が遅いため使いにくい。能力を使った際に攻撃できるクリーチャーの頭数が減ってしまうのも痛い。

《緑神龍グレガリゴン》

f:id:athachigatsu:20190720192653j:plain

 パワーアタッカーとW・ブレイカーを持つクリーチャー。いわゆる準バニラだが、中量級のアタッカーとして優秀なスペックであり使いやすい。種族は違うが基本セットの《デスブレード・ビートル》の上位互換である。多くの中量級アタッカーはこのカードに存在を否定されてしまう(主に火文明)。

《鼓舞の化身》

f:id:athachigatsu:20190720193448j:plain

 自分の他のクリーチャーがバトルゾーンに出るたびにビーストフォークをパンプアップしW・ブレイカーを与えるシステムクリーチャー。ビーストフォークはウィニーが多く、数で押し切る戦略を得意とするため、よく噛み合っている能力と言える。ただし、このクリーチャーが召喚された時には発動しないため即効性に欠ける。マナを溜めて他のクリーチャーと一緒に召喚したいところ。

 

《ウィップ・スコーピオン》

f:id:athachigatsu:20190720202144j:plain

 S・トリガーが付いた代わりに2マナ・コスト重くなった《ソード・バタフライ》。通常S・トリガーが付くと1マナ・コスト重くなるので、余計に重くなってしまっているこのカードは不遇なデザインである。

 

《超空要塞バビロン》

f:id:athachigatsu:20190720213318j:plain

 唯一の進化コロニー・ビートル。自分の自然文明のクリーチャー全てにマナブーストするタップ能力を与える。爆発的なマナブーストが可能であり、インビンシブル呪文を唱えたい場合には有力なマナブースト手段となり得る。しかし、タップ能力でのマナブーストはタイミングが悪く使いづらさは否めない。

 

《超神龍バイラス・ゲイル》

f:id:athachigatsu:20190720194154j:plain

 S・トリガーを使って呪文を唱えた際に、墓地に置かず手札に戻す能力を持った進化ドラゴン。《深緑の魔方陣》と組み合わせると驚異的な粘り強さを発揮できる。自分のシールドにS・トリガーがなければ意味がない能力であるため、《エメラル》や《ホーリー・メール》等で積極的にS・トリガーを仕込みたいところ。

 

《大昆虫ジェネラルマンティス》

f:id:athachigatsu:20190720194748j:plain

 自分のパワー5000以上の他のクリーチャーのシールドブレイク枚数を増やす能力を持った進化ジャイアント・インセクトエラッタされており、実際のテキストは「パワー5000以上の自分の他のクリーチャーが、相手プレイヤーを攻撃してブロックされなかった時、シールドをさらにもう1枚ブレイクする。」である。

 元々パワー5000以上のクリーチャーはW・ブレイカーが多く、それらをT・ブレイカーにすることができる。また《光器ペトローバ》等でパンプアップしたウィニークリーチャーをW・ブレイカーにすることもできる。なお、攻撃の処理は

 1.攻撃宣言

 2.攻撃中の常在型能力(パワーアタッカー等)の発動

 3.アタックトリガー能力の発動

 4.ブロックするorしないの宣言

 5.ブロックしたorされたorしなかったorされなかった時の能力発動

 6.バトルorシールドブレイクor直接攻撃による勝利

 7.攻撃終了

 という順で行われる。パワーアタッカーの発動タイミングは2.であり、《大昆虫ジェネラルマンティス》の能力が発動するのは5.であり、ブレイクするシールドの枚数・標的が確定するタイミングは6.である。よって、元々のパワーは5000に満たないがパワーアタッカーの発動によりパワー5000以上となるクリーチャーについては《大昆虫ジェネラルマンティス》の能力によりブレイクするシールドの数が1枚増える。

 

《殺戮の化身》

f:id:athachigatsu:20190720202401j:plain

 1マナ・コスト軽くなった代わりに素のパワーが減った《ゼノ・マンティス》。6マナ・コストの重量級にしてはパワーが低く、殴り返しにも火力にも弱い。

《シェル・ファクトリーγ》

f:id:athachigatsu:20190720202901j:plain

 cipでサバイバーをサーチできる能力を持ったサバイバークリーチャー。除去されない限りどんどんサバイバーを手札に呼び込むことができる、サバイバーデッキのキーカード。サバイバーデッキでは如何に早くコストの重いこのクリーチャーを召喚できるかが勝敗を分けるため、マナブースト手段を用意しておきたい。

 

《恵みの化身》

f:id:athachigatsu:20190720203457j:plain

 墓地のカードを3枚までマナゾーンに置くタップ能力を持ったクリーチャー。普通に使う分にはやや過剰気味のマナブーストといった能力だが、ランデスへの強力なメタとなる他、クリーチャーだけでなく呪文も選択できるため《ミスティック・クリエーション》等のマナ回収と組み合わせて実質的なサルベージ手段とすることができる。呪文をサルベージする方法は貴重である。

 

《呪紋の化身》※殿堂入りまたはプレミアム殿堂入りの可能性あり

f:id:athachigatsu:20190720204037j:plain

 相手のS・トリガーを封じるクリーチャー。相手のターン中に行える唯一の行動を禁止するその能力は非常に強力である。一斉攻撃前に召喚して呪文のように扱うだけでなく、自身も中々のパワーとW・ブレイカーを持つためアタッカーとしても活躍できる。

 

《緑神龍アンリストヴァル》

f:id:athachigatsu:20190720204349j:plain

 自分の他のクリーチャー1体につき2000のパワーを得るクリーチャー。最低でも3体いないとマナ・コストに見合ったパワーにならず、《サウザンド・スピア》等で他のクリーチャーを全て焼かれてしまうと自身も破壊されてしまう等使いにくさが目立つ。

 

《警護するソリッド・ホーン》

f:id:athachigatsu:20190720205035j:plain

 サイズが一回り大きくなった《レッドアイ・スコーピオン》。《無敵の咆哮》の最上位版とも言える。コストが6マナなので、パワー6000でW・ブレイカーを持っているのが標準のデザインである。そのため非常に物足りないスペックと言える。

 

《大昆虫ガイアマンティス》

f:id:athachigatsu:20190720210051j:plain

 条件付きアンブロッカブル能力を持つ進化ジャイアント・インセクト。パワー8000を超えるブロッカーは数が少なく、まずブロックされない。《クリスタル・ランサー》よりパワーが高いのが嬉しい。

 

世界樹ユグドラジーガ》

f:id:athachigatsu:20190720214405j:plain

 唯一の進化ツリーフォーク。闇ステルスを持つ。パワーアタッカーを持つ分、素のパワーがやや低めに設定されており、殴り返しに弱い。同コストの進化クリーチャーに殴られるとほぼ一方的に討ち取られてしまうため扱いが難しい。

《ガイアクロウ・ワスプ》

f:id:athachigatsu:20190720214443j:plain

 被ブロック時にシールドをブレイクする能力を持つクリーチャー。よくあるブロック貫通能力と違いクリーチャーを攻撃した時にも能力が発動するため、相手に手札を与えたくない場合は注意が必要。元々のパワーが低く殴り返しに弱い。ブロック貫通能力を使いたいならば《神拳の超人》の方が扱いやすいだろう。

 

《跳躍の超人》

f:id:athachigatsu:20190720214454j:plain

 準バニラのファッティ。W・ブレイカー以外に能力を持ち合わせていないのにも関わらずパワーがマナ・コストに見合っていない(7マナならばパワー9000が妥当)。デメリット能力を持っていることが多いジャイアントの中では癖がなく扱いやすい方だと言えるが、そうだとしても敢えてこのクリーチャーを使う理由はないだろう。

 

《幻想妖精カチュア》

f:id:athachigatsu:20190720214536j:plain

 デッキから1ターンだけ保つドラゴンをバトルゾーンに出すタップ能力を持つクリーチャー。《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》等の優秀なクリーチャーを出してすぐに攻撃させられるのは非常に強力。《バルキリー・ドラゴン》を出してcipを発動させることもできる。弱点はコストの重さとパワーの低さ。

 

《驚天の超人》

f:id:athachigatsu:20190720214713j:plain

 cipで相手のクリーチャー2体のコストを踏み倒す、《緑神龍ガミラタール》の大型版とも言えるクリーチャー。あちらも危険なカードだが、こちらはバトルゾーンに出た時点でバトルゾーンに進化元がいなくても進化元クリーチャーと進化クリーチャーが相手の手札に揃っていればそれが出てくる等、危険度は非常に高い。召喚する前に《ロスト・ソウル》を撃っておく等の対策は必須。

 

《クリスタル・フュージョン

f:id:athachigatsu:20190721215841j:plain

 普通に唱えた場合は8マナも増える大型呪文。《ラブ・エルフィン》でコストを軽減していてもなお《インビンシブル・パワー》等を唱えるのに充分なマナが溜まる。《聖剣炎獣バーレスク》を使うデッキでは必然的に大量のマナを要するため使われるかもしれない。

 

《金剛の超人》

f:id:athachigatsu:20190720214656j:plain

 非常に高いパワーと条件付きアンブロッカブル能力を持つ代わりに、手札を捨てなければ攻撃できないというデメリット能力を持つクリーチャー。コストが重い上、手札まで要求されるとなれば流石に使いにくいだろう。そもそも、コスト論にしたがえば9マナ・コストならばパワー11000~13000が標準なので、重いデメリットと引き換えに得たものが中々にしょっぱい。ロマンこそあるが、こんなクリーチャーを召喚するくらいならもう1マナ溜めて《グラディアン・レッド・ドラゴン》を呼び出した方が良いだろう。一応、《ミラクル・ポータル》や《ダイヤモンド・カッター》等でデメリットを無視して攻撃することが可能。

 

《インビンシブル・パワー》

f:id:athachigatsu:20190720214755j:plain

 唱えたターン中自分のクリーチャーを大幅にパンプアップし、T・ブレイカーを与える超大型呪文。序盤に呼び出した《青銅の鎧》等のウィニーもT・ブレイカーを持った大型クリーチャーに化けるためクリーチャーが3体いればシールドが5枚あっても決着がつけられる。奇襲性は非常に高い。ただし、クリーチャーが3体いれば決着がつくという意味ではS・トリガーを踏むリスクが軽減される《インビンシブル・フォートレス》がある。 

 

 基本セットと比べ、やはり《フェアリー・ライフ》の追加が大きい。これにより《青銅の鎧》と併せて使い勝手の良いマナブースト手段を8枚体勢にできるようになり、自然文明を使う理由が大きく強化されたと言って良い。クリーチャーでは《怒髪の豪腕》や《誕生の祈》といった小粒ながら強力なビーストフォークが追加されており、種族デッキに磨きがかかった。一方大型クリーチャーは《呪紋の化身》・《幻想妖精カチュア》以外パッとせず、イマイチなラインナップ。

デュエル・マスターズ闘魂編カードリスト:火文明

 闘魂編カードリストの火文明編(コスト昇順)

 

《火炎流星弾》

f:id:athachigatsu:20190715131713j:plain

 最軽量の除去呪文。パワー6000以下のブロッカーを焼くことができる。【速攻】では下手にマナチャージすると息切れが早くなってしまうため、僅か1マナで撃てるこの呪文は重宝する。

 

《無限掌》

f:id:athachigatsu:20190715131952j:plain

 選択したクリーチャーを何回でもバトル後にアンタップする呪文。複数の相手クリーチャーがタップされている状況ならばこれ1枚で殲滅できる。勿論そんな状況は対【速攻】以外では中々ないので、《ストームジャベリン・ワイバーン》等のアンタップキラーや《フル・コマンド》等の呪文と組み合わせると良い。

 

《ピーカプのドライバー》

f:id:athachigatsu:20190715132610j:plain

 タップ能力で《クリティカル・ブレード》が撃てるクリーチャー。タップ能力はその確実性のなさと即効性のなさがネックであり、あまり好まれて使用されない傾向にあるがこれだけマナ・コストが軽ければ話は変わってくる。返しのターンで除去されなければ相手は迂闊にブロッカーを召喚できなくなる。ブロッカー除去呪文と比べ、こちらはクリーチャーなので相手がブロッカーを召喚しなくてもシールドブレイクが可能であり腐りにくい。

 

《無謀鉄人チョイヤ》

f:id:athachigatsu:20190715133131j:plain

 被ブロック時にバトルを行わない能力を持つクリーチャー。パワーアタッカーが発動してもパワーは僅か2000のため、バトル中止能力はありがたい場面が多いだろう。ヒューマノイドなので進化元になる。

 

《クック・ポロン》

f:id:athachigatsu:20190715140333j:plain

 攻撃されない能力を持ったクリーチャー。殴り返しが効かないためウィニーとしては生き残りやすい。【速攻】では使いやすいアタッカーとなるだろう。

 

《エグゼズ・ワイバーン

f:id:athachigatsu:20190715133449j:plain

 最軽量のアーマード・ワイバーンであり、高いパワーを持つスピードアタッカー。相手プレイヤーを攻撃できないデメリット能力を持つものの、《アストラル・リーフ》や《大勇者「大地の猛攻」》等の軽量進化クリーチャーに相討ち以上を狙えるため迎撃手段として有力。生き残ってもターン終了時に手札に戻ってしまう。

 

《荒法師ミガサ》

f:id:athachigatsu:20190715134109j:plain

 自分の火文明のクリーチャー1体にW・ブレイカーを与えるタップ能力を持ったクリーチャー。タップ能力を使うとこのクリーチャーが攻撃できなくなるため、S・トリガーを考慮しなければブレイクできるシールドの枚数が変わらない。光ステルスを持つ《暴走番長ギャラン》に使うか?

 

《コッコ・ルピア》

f:id:athachigatsu:20190715134601j:plain

 ドラゴンのマナ・コストを軽減するシステムクリーチャー。除去されなければ次ターンから6マナの強力なドラゴンを召喚できるようになる。能力の効果は重複するので、コストは2までしか下がらないものの複数体並べればそれだけドラゴンのコストは下がる。

 

《襲撃者エグゼドライブ》

f:id:athachigatsu:20190715135027j:plain

 パワーが下がった代わりに相手プレイヤーを攻撃できる《エグゼズ・ワイバーン》。スピードアタッカーとしてはパワーが高く、S・トリガーで《バースト・ショット》を踏んでも破壊されない。ターン終了時に手札に戻ってしまうデメリット能力があるものの、反面殴り返しを食らわないので非常に生き残りやすい。

 

《炎獣兵マグナム・ブルース》

f:id:athachigatsu:20190715135338j:plain

 条件付きでパワーアタッカーを得るクリーチャー。文明は違うが、無条件で同スペックの《ソード・バタフライ》がいる。種族がドラゴノイドのため、《レジェンド・アタッカー》のサポートを受けられる。

 

《クレーターザウルス》

f:id:athachigatsu:20190715135638j:plain

 クラッチ能力でパワーアタッカー持ちのアンタップキラーになるクリーチャー。コストが軽い分、条件が厳しい割に強化幅がイマイチで使いにくい。ロック・ビーストの中では軽い方なので、進化元として使えるかも。

 

《暴走番長ギャラン》

f:id:athachigatsu:20190715140015j:plain

 パワーアタッカーと光ステルスを持つクリーチャー。光ステルスはステルスの中で最も使いやすく、火文明では珍しいアンブロッカブルクリーチャーとしての活躍が期待できる。

 

《肉弾兵ウルティモ

f:id:athachigatsu:20190715140314j:plain

 パワーアタッカーを持ったアンタップキラーになるターボラッシュを持つクリーチャー。同コストに同じくクリーチャー除去系のターボラッシュ持ちの《機怪人形ガチャック》がいるのが目の上の瘤か。種族がドラゴノイドなので《甲冑神龍エグゼキューター》の進化元になる。

 

トット・ピピッチ》

f:id:athachigatsu:20190715141807j:plain

 ドラゴン全てにスピードアタッカーを与えるシステムクリーチャー。パワーの高いドラゴンが召喚酔いしなくなるのは強力である。相手のドラゴンも能力の恩恵を受けるため、ドラゴンデッキのミラーマッチには注意。

 

ジージョのトンカチ》

f:id:athachigatsu:20190715142343j:plain

 選択した種族に強制攻撃とパワーアタッカー+4000を与えるタップ能力を持ったクリーチャー。パワーアタッカーの上昇幅が大きく、一斉攻撃時のみならずアンタップキラーと組み合わせて制圧力を強化する使い方も考えられる。

 

《鳥神兵クウザ》

f:id:athachigatsu:20190715142643j:plain

 クリーチャー攻撃時にブロックされないクリーチャー。パワーアタッカー込みでパワー4000となるため殴り返し要員としてはそれなりに使える。ただし元のパワーは1000のためこのクリーチャー自身が殴り返しに弱い。

 

《ピコット・ミサイル》

f:id:athachigatsu:20190715143012j:plain

 一回り大きくなった《クリムゾン・ハンマー》。焼ける範囲は結構広くなったが、1マナ・コストの差が大きい。システムクリーチャーを破壊する分には《クリムゾン・ハンマー》で充分であり、【速攻】でブロッカー除去に使うなら《火炎流星弾》や《クリティカル・ブレード》があるため、使いどころが少ない。

 

《幻竜砲》

f:id:athachigatsu:20190715143323j:plain

 S・トリガーが付いた代わりに重くなった《クリムゾン・ハンマー》。上位の《トルネード・フレーム》に比べまだ手打ちで撃ちやすいマナ・コストのため、それなりに使いやすい火力呪文である。

 

エナジー・チャージャー》

f:id:athachigatsu:20190715143745j:plain

 自分のクリーチャーをパンプアップするチャージャー呪文。文明は違うが《パワー・チャージャー》の劣化になってしまっている。自然文明に頼らずマナブーストを行える手段は貴重だが、それにしても使いにくいスペックである。

 

《フル・コマンド》

f:id:athachigatsu:20190715144059j:plain

 指定した種族のクリーチャー全てをアンタップキラーにし、更にクリーチャー攻撃時にブロックされなくする呪文。種族で統一したデッキならばこれ1枚で相手クリーチャー陣を一掃できる。

 

《撃神兵マシンガー

f:id:athachigatsu:20190715144338j:plain

 コスト的には標準的なパワーなのに強制攻撃のデメリット能力があるクリーチャー。種族がアーマロイドなので《猿神兵アッシュ》の弾としての活躍になるか。余談だが、フレーバーテキストでは《無謀鉄人チョイヤ》より先に攻撃しそうな感じであるものの、あちらはブロックされても破壊されないためこちらが後に攻撃を仕掛ける方が効率が良い。

 

《重装兵ガルバック》

f:id:athachigatsu:20190715144519j:plain

 アタックトリガーで《トルネード・フレーム》を撃てるターボラッシュを持つクリーチャー。中々強力な能力だが、ビートダウンで使うにはやや重いかもしれない。

 

《ロケットダイブ・ワイバーン

f:id:athachigatsu:20190715145238j:plain

 相手プレイヤーを攻撃できない代わりに、やや高めのパワーと攻撃されない能力を持ったクリーチャー。対クリーチャー要員として同コストに光・水に強い《ストームジャベリン・ワイバーン》がいるが、こちらは攻撃されないためパワーアタッカーを持つ火・自然に強く出られる。

 

《紅神龍メルガルス》

f:id:athachigatsu:20190715145612j:plain

 最軽量ドラゴンの1種。ただのバニラだが、それでも《撃神兵マシンガー》よりはマトモなスペックである。軽さを活かして《超竜バジュラ》への進化を狙いたい。

 

《猿神兵アッシュ》

f:id:athachigatsu:20190715145826j:plain

 自分の他のアーマロイド全てにランデスのpigを与えるシステムクリーチャー。自壊できる《銃神兵ディオライオス》との相性が抜群に良い。

 

《蒸神兵カイン》

f:id:athachigatsu:20190715150715j:plain

 アタックトリガーで自分のシールドを1枚焼却するクリーチャー。たかがパワー5000のクリーチャーに殴らせるためにシールドを犠牲にするのは効率が悪過ぎる。せめて《魔将ダーク・フリード》のようにW・ブレイカーでもあればビートダウンに使えなくもなかったのだが(その場合でも《黒神龍ギランド》等で代用が利いてしまう)。いくら種族がアーマロイドとは言え、まず使われることはないだろう。

 

《甲冑神龍エグゼキューター》

f:id:athachigatsu:20190715152152j:plain

 自分の火文明のクリーチャー全てに、自分の火文明のクリーチャー1体をパンプアップするタップ能力を与える進化ドラゴノイド。パワーを上げるために自分のクリーチャーをタップしてしまうということは、その分ブレイクできるシールドが減ってしまうということであり、ビートダウンには致命的なほど噛み合っていない。

 

《超竜バハム》

f:id:athachigatsu:20190715151128j:plain

 クルー・ブレイカー:ドラゴノイドを持った進化アーマード・ドラゴン。ドラゴノイドは《凶戦士ブレイズ・クロー》や《奇襲兵ブルレイザー》等の優秀なウィニーが揃っているため、場に複数体並べることは難しくないだろう。しかしながら、このクリーチャーは重いアーマード・ドラゴンの進化クリーチャーであるという点が問題。後述の《レジェンド・アタッカー》を使えばドラゴノイドから進化できるようになるが、その場合も8マナ支払うことになるためやはり速攻色の強いドラゴノイドとは噛み合わない。このクリーチャー自身は4マナ・コストでパワー11000と中々強力ではあるのだが、イマイチ活かすのが難しい。

 

《クライシス・ボーラー》

f:id:athachigatsu:20190715151658j:plain

 バトルゾーンかマナゾーンのカードを1枚墓地送りにする呪文。何を墓地送りにするかの選択権は相手にあるのでやや使いにくい。また、テキストではカードを1枚選びとしか書かれていないため、相手が進化クリーチャーをバトルゾーンに出している場合は進化元のクリーチャーを選択することができ、事実上無効化されてしまう。

 

《レジェンド・アタッカー》

f:id:athachigatsu:20190715152807j:plain

 自分のドラゴノイド全ての種族にアーマード・ドラゴンを追加し、パンプアップとW・ブレイカーを与える呪文。テキストにはドラゴンになるとしかないが、実際は前述の通りアーマード・ドラゴンを追加する扱いとなるため、《超竜バハム》への進化が可能となる。ドラゴノイドには優秀なウィニーが数多く存在し、このカードが唱えられるターンまでに複数体並べることは難しくない。種族デッキではフィニッシャーになり得るだろう。

 

《クリムゾン・チャージャー》

f:id:athachigatsu:20190715153204j:plain

 《クリムゾン・ハンマー》のチャージャー版。クリーチャー除去とマナブーストを同時に行えるため腐りにくく、使いやすい。

 

《ピーカプ・リザード

f:id:athachigatsu:20190715153439j:plain

 大きくなった《無謀鉄人チョイヤ》。攻撃時はパワー6000なので、ブロックされた際にバトルを行わない能力は相手にとってメリットとなる可能性が高い。種族にも恵まれないため使われることはないだろう。

 

《捜神兵グチェラリオン》

f:id:athachigatsu:20190715153611j:plain

 《ガルザウルス》に比べパワーアタッカーの強化幅が小さくなった代わりに発動条件が緩和された。しかし厳しい条件を満たして能力が発動しても、《緑神龍グレガリゴン》と同性能にしかならない。

 

《ガザリアス・ドラゴン》

f:id:athachigatsu:20190715153950j:plain

 クラッチ能力でパワー・ブレイク枚数が2倍になるクリーチャー。最軽量のアーマード・ドラゴンだが、アーマード・ドラゴンからしか進化できないクリーチャーは弱いので軽さという強みが活かせることは少ない。

 

アストロノーツワイバーン

f:id:athachigatsu:20190715154331j:plain

 基本セットに存在する《ガルザウルス》の種族違い。種族がアーマード・ワイバーンなので《聖剣炎獣バーレスク》の進化元になる。

 

《爆竜兵ドラグストライク》

f:id:athachigatsu:20190715154615j:plain

 手札からドラゴンを召喚できるpigを持つクリーチャー。コストは重いが、ドラゴンであれば進化クリーチャーでも召喚できる。《恐怖の影スクリーム・アサシン》と組めば召喚した瞬間に自爆でき、《邪魂転生》でドローしつつドラゴンを呼び出せるため、闇文明と相性が良い。

 

《ブルーザー・ドラゴン》

f:id:athachigatsu:20190715155104j:plain

 pigで自分のシールドを焼却する傍迷惑なクリーチャー。《ガザリアス・ドラゴン》と同様最軽量のアーマード・ドラゴンではあるが、流石にこの能力ではデッキに居場所はないだろう。一応、進化元になればデメリットは回避できるが、だからどうしたという話。

 

バトルシップワイバーン

f:id:athachigatsu:20190715155459j:plain

 条件付きのパワーアタッカーを持つクリーチャー。基本セットの《突神兵ドガーン》の上位種と言える。いくらパワーが上がってもW・ブレイカーが付かないため性能はイマイチ。

 

《マウントザウルス》

f:id:athachigatsu:20190715155724j:plain

 相手プレイヤーを攻撃してブロックされなかった時にランデスを行うクリーチャー。能力は強力だが、5マナ・コストでパワー3000は心許ない。その辺のブロッカーに殴り負けてしまうので使うには何かしらの工夫が欲しい。

 

《機神装甲ヴァルカイザー》

f:id:athachigatsu:20190715163026j:plain

 cipで《トルネード・フレーム》が撃てる進化ヒューマノイド。文明も進化元の種族も違うが、《魔獣虫カオス・ワーム》と比べると同サイズで除去能力に差がある。ヒューマノイドデッキでは5マナ・コストは重く、使いにくいだろう。

 

《勇神兵エグゾリウス》

f:id:athachigatsu:20190715160427j:plain

 高いパワーで殴れるアンタップキラー。殴り返しに弱いため《ガトリング・ワイバーン》のような制圧力はないが、種族がアーマロイドなので《猿神兵アッシュ》を軸としたデッキで採用を検討できる。攻撃中にパワーが6000を超えるのに何故かW・ブレイカーがない。

 

《スフィンティラノスβ》

f:id:athachigatsu:20190715160740j:plain

 スピードアタッカーを持つサバイバークリーチャー。スピードアタッカーは強力だが、活かすにはコストが重い点がネック。奇襲という意味合いでは同コストの《流星魚α》の方が使いやすいだろう。

 

《ムラマサ・リザード

f:id:athachigatsu:20190715161052j:plain

 スピードアタッカーと、自分のクリーチャー1体をスピードアタッカーにするタップ能力を持ったクリーチャー。まず自分で攻撃し、次ターン以降は大型クリーチャーをスピードアタッカーにできる。

 

《鎧神兵ガリアクルーズ》

f:id:athachigatsu:20190715162008j:plain

 タップ能力で自分の火文明のクリーチャー全てをアンタップキラーにするクリーチャー。《フル・コマンド》や《クエイク・ゲート》を使った方が早いが、何度でも使えるので除去されない限り恒久的に相手クリーチャーを破壊し続けられる。

 

《ピーポのバール》

f:id:athachigatsu:20190715162227j:plain

 タップ能力で《クリムゾン・ハンマー》が撃てるクリーチャー。基本セットにアタックトリガーで同じことができる《切断伯爵ムラマサ》がいるが、あちらと違いブロッカーに囲まれている時でも発動できるのが長所。ただしあちらと同様に、狙いたいクリーチャーを処理するにはコストが重過ぎて使いにくい。

 

《怪神兵ナグール》

f:id:athachigatsu:20190715162726j:plain

 攻撃されない能力を持つクリーチャー。パワーアタッカーは殴り返しに弱いという弱点を自身の能力で補っている。素のパワーは4000なので火力呪文で焼かれる危険性はあるが、総じて優秀なクリーチャー。特に除去手段がタップ&デストロイになりがちな光文明に対しては脅威となる存在だろう。

 

《紅神龍ジャガルザー》

f:id:athachigatsu:20190715163745j:plain

 自分のクリーチャー全てをスピードアタッカーにするターボラッシュを持つクリーチャー。効果範囲は自身にも及ぶため、召喚したターンにシールドがブレイクできればこのクリーチャーもスピードアタッカーになり攻撃できるようになる。後述の《紅神龍バルガゲイザー》と組み合わせると強力。

 

《特攻隊長マイキー》

f:id:athachigatsu:20190715161427j:plain

 スピードアタッカーと、相手プレイヤーを攻撃してブロックされなかったとき《ピコット・ミサイル》が撃てる能力を持つクリーチャー。能力は優秀なのだが、如何せん6マナでパワー1000は非力過ぎる。

 

《ジョー・リザード

f:id:athachigatsu:20190715164636j:plain

 《鳥神兵クウザ》の上位種。コストの割にパワーが低く、W・ブレイカーもない。クリーチャーを確実に除去したければ各種火力呪文や《フル・コマンド》があるため敢えてこのクリーチャーを使うことはないだろう。

 

《紅神龍バルガゲイザー》

f:id:athachigatsu:20190715164055j:plain

 アタックトリガーで山札の一番上をめくり、それドラゴンであれば即座に召喚できる。進化クリーチャーかどうかは問わないので、めくった先が《超竜バジュラ》であればそのまま進化できるが、このクリーチャーを進化元とした場合はそのターンランデスできない点に注意(アタックトリガーの発動タイミングが既に終わっているため)。

 

《シグマ・トゥレイト》

f:id:athachigatsu:20190715163012j:plain

 クルー・ブレイカーを持つ進化サバイバー。サバイバーは展開力に長けるためたくさんバトルゾーンに並べやすく、フィニッシャーとして活躍できる。進化クリーチャーだけあってパワーが高く、《地獄万力》等で破壊されない。クルー・ブレイカーはサバイバー能力ではないので共有することができない点に注意。

《超巨岩獣ヴォルクラウザー》

f:id:athachigatsu:20190715164613j:plain

 水ステルスを持つ進化ロック・ビースト。水文明はドローソースとしてタッチされやすく、ブロッカーも豊富なためステルスの中では優秀。パワーが高く、みんな大好き《クリスタル・ランサー》を一方的に殴り倒せる。中々のスペックだが、進化元がロック・ビーストである点が難点。

《サウザンド・スピア》

f:id:athachigatsu:20190716001148j:plain

 重めの全体火力。中量級まで射程に入り、何より《光器ペトローバ》を破壊できる点が最大の売り。S・トリガーがないため【速攻】への対策にならないものの、非常に広い範囲の除去ができるため多くのデッキで採用が検討できるだろう。

 

《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》

f:id:athachigatsu:20190716001745j:plain

 シールド焼却能力を持ったファッティ。相手の手札を増やさず、S・トリガーも封じるため逆転を許さず攻め立てることができる。強力なクリーチャーだが、コストが重くスピードアタッカーを持たないため起動が遅いのが弱点。予めバトルゾーンを制圧したり、ハンデスを行い除去手段を奪ったり等の工夫が欲しいところ。特にハンデスとは自身のシールド焼却能力と強烈なシナジーを形成するため是非組み合わせたいところ。

 

《激震闘士スカイ・クラッシャー》

f:id:athachigatsu:20190716002415j:plain

 タップ能力で各プレイヤーをランデスするクリーチャー。タップ能力なので繰り返しランデスが行えるが、それなら1マナ・コスト軽くアタックトリガーで相手のみランデスする《ボルザード・ドラゴン》がいるためこちらを採用する理由に乏しい。敢えて使うなら《聖騎士サーベルフィーリ》でコピーして連打するか、《ゾンビ・カーニバル》等のサルベージ手段と組み合わせて墓地送りをメリットとしたい。そこまでお膳立てしてもパワー4000では場持ちが悪そうだが。

 

《紅神龍オグリストヴァル》

f:id:athachigatsu:20190716002849j:plain

 パワーが自分の手札の数によって上下するクリーチャー。パワーが一定値になるたびにブレイクできるシールドの枚数が増える。コスト相応以上の性能を発揮するには手札が3枚必要だが、それを維持するのは難しいだろう。元々のパワーは0であるため、《ロスト・ソウル》等で手札を0枚にされると他のパンプアップを受けていない限り即座に破壊されてしまうのが弱点。ちなみにこの手の能力に共通しがちだが、《光器ペトローバ》等のパンプアップでパワーが規定値に達した場合もちゃんとW・ブレイカーやT・ブレイカーを得られる。

 

《ミラフォース・ドラゴン》

f:id:athachigatsu:20190716003626j:plain

 自分のドラゴン以外の全てのクリーチャーにパワーアタッカー+4000を与えるクリーチャー。サイズの割にW・ブレイカーがなく、ファッティとしては迫力に欠ける。パワーアタッカーの強化幅は中々大きいものの、ウィニークリーチャーをパンプアップしたいのなら殴り返し・火力に強くなる《光器ペトローバ》に頼る方が確実。

 

《超竜バジュラ》

f:id:athachigatsu:20190716004549j:plain

 アタックトリガーでランデスを行える進化ドラゴン。破壊できるマナゾーンのカードは2枚であり、通常のマナチャージを上回るスピードでランデスできるため止められなければそのままゲームエンドになりかねない。相手からすれば真っ先に除去しなければならないクリーチャーだが、ランデスにより除去呪文が唱えにくくなってしまう。仮にS・トリガーや返しのターンで破壊されてしまったとしても、2マナは破壊できているので最低限のアドバンテージは稼げている。

 他の頭に超竜と名のつく進化クリーチャーは全てアーマード・ドラゴンからしか進化できないが、このクリーチャーは何故かドラゴンなら何でも進化元にできる。このせいで軽いアーマード・ドラゴンたちが立場をなくしていると言っても過言ではない。

 

《地獄万力》

f:id:athachigatsu:20190716004149j:plain

 高コストの割り振り火力。ウィニーならば3体以上破壊できるだろう。《バースト・ショット》等の全体火力とは違い、こちらは大型クリーチャーでも破壊できる点が優秀。

 

《バザガジール・ドラゴン》

f:id:athachigatsu:20190716005350j:plain

 スピードアタッカーを持つアンタップキラー。《エグゼズ・ワイバーン》・《襲撃者エグゼドライブ》と同様ターン終了時に手札に戻ってしまうが、そのため除去呪文の標的になりにくい。進化クリーチャーにも太刀打ちできるパワーが魅力であり、毎ターン撃てる除去呪文のような活躍が期待できる。

《聖剣炎獣バーレスク

f:id:athachigatsu:20190716005800j:plain

 唯一の進化アーマード・ワイバーン。相手プレイヤーを攻撃してブロックされなかった時エクストラターンを得る能力と、自分のターンの終わりに自己バウンスする能力を持っている。前者の能力は極めて強力であり、決まればほぼ必殺の破壊力を発揮する。コストが重く、ターン終了時に進化元ごと手札に戻ってしまうため失敗すれば大きくテンポアドバンテージを損なってしまう。出すときは必殺のタイミングを見極めるようにしたい。ブロックされないことが条件だが、幸いアーマード・ワイバーンには《ストームジャベリン・ワイバーン》や《クリムゾン・ワイバーン》という強力なブロッカー対策クリーチャーが存在しているため、バトルゾーンを制圧して万全の体勢を整えたい。進化速攻をする場合、最軽量のアーマード・ワイバーンは《エグゼズ・ワイバーン》なので12マナ必要になる。

 

《インビンシブル・フォートレス》

f:id:athachigatsu:20190716010455j:plain

 相手のシールドを3枚焼却する超大型呪文。インビンシブルサイクルでは最も勝利に直結する効果であり、使いやすいと思われる。とは言え、13マナという膨大なコストが必要なため採用は厳しいだろう。

 

 《火炎流星弾》《ピーカプのドライバー》等の【速攻】に有用なカード、《サウザンド・スピア》《地獄万力》といった火力呪文、《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》《超竜バジュラ》といった大型ドラゴンが追加され文明の特徴が順当に強化されていると言える。

デュエル・マスターズ闘魂編カードリスト:闇文明

 闘魂編カードリストの闇文明編(コスト昇順)

 

《孤独の影ロンリー・ウォーカー》

f:id:athachigatsu:20190713233348j:plain

 自分の他のクリーチャーがバトルゾーンにいなければ自壊するデメリット能力を持つクリーチャー。1マナのアタッカーではあるが、その能力ゆえに1ターン目から召喚することはできない。種族がゴーストなので進化元になる。

《暴虐虫タイラント・ワーム》

f:id:athachigatsu:20190714001227j:plain

 自分のクリーチャーがバトルゾーンに出たとき自壊するデメリット能力を持ったクリーチャー。ビートダウンでは後続が展開できないので使いづらい。コストが安いことを利用して《魔獣虫カオス・ワーム》の進化速攻要員として使うと良いだろう。

 

《刃滅人形ポール》

f:id:athachigatsu:20190713235029j:plain

 自分クリーチャー1体にスレイヤーを与えるタップ能力を持つクリーチャー。相手のターンには持ち越されないので、自爆特攻させるためにしか使えない。下記の《飛行男》等のpig持ちと好相性。

 

《飛行男》

f:id:athachigatsu:20190713235205j:plain

 pigでハンデスを行うクリーチャー。ウィニーゆえに破壊されやすいが強力なpigでそれを補っている。ビートダウン系のデッキでは使いやすいだろう。

 

《逆歯怪人トマホーク》

f:id:athachigatsu:20190714001908j:plain

 《嘆きの影ベルベットフロー》の種族違い版。進化元にならないが、スレイヤーが数多く欲しい場合に。

 

《ポイズン・ティアラ》

f:id:athachigatsu:20190714002309j:plain

 被攻撃時にスレイヤーとなるクリーチャー。上記の《逆歯怪人トマホーク》等と比べパワーが1000高いだけで自分のターンにはスレイヤーがないので使いにくい。

 

《隠密人形ゲザリー》

f:id:athachigatsu:20190714004235j:plain

 自然ステルスを持つクリーチャー。自然文明にはブロッカーがいないのでステルスの中では使いにくい部類だが、マナブーストのためにタッチされやすい色なのでそれなりに発動の機会はあるだろう。

 

《機怪人形ガチャック》

f:id:athachigatsu:20190714004652j:plain

 相手プレイヤーを攻撃してブロックされなかった時に確定除去を撃てるターボラッシュを持つクリーチャー。発動条件が厳しい割に効果がイマイチなものが多いターボラッシュの中では群を抜いて強力であり、一度発動させられれば連続して発動が狙える。

 

《ディメンジョン・チョーカー》

f:id:athachigatsu:20190714005419j:plain

 cipでドラゴンを全てサルベージできるクリーチャー。僅か3マナ・コストという軽さで大量のサルベージができるためドラゴンをメインに据えるデッキでは欲しい1枚と言えるだろう。

 

《毒牙虫ベノム・ワーム》

f:id:athachigatsu:20190714010343j:plain

 選んだ種族をスレイヤーにするタップ能力を持ったクリーチャー。《刃滅人形ポール》の上位版と言える。あちらと同様自分のターン終了時に効果が解けてしまうため特攻以外の使い道がない。種族がパラサイトワームであるため進化元になる。

 

《暗闇に潜む者バット・ドクター》

f:id:athachigatsu:20190714010806j:plain

 pigで他のクリーチャーを1体サルベージできるクリーチャー。テキストには他のクリーチャーとあるがカード名の指定はないため、もう1枚の《暗闇に潜む者バット・ドクター》が墓地にあればそれをサルベージすることが可能。

 

《恐慌の魔黒デス・スペクター》

f:id:athachigatsu:20190714191322j:plain

  自分のゴースト全てにスレイヤーを与える能力を持つ進化ゴースト。当然自身もスレイヤーになる。ゴーストにはパワーが低いクリーチャーが多いため、このクリーチャーの能力は噛み合っていると言える。

 

《邪魂転生》

f:id:athachigatsu:20190714010849j:plain

 自分のクリーチャーを破壊し、破壊したクリーチャー1体につき2ドローする呪文。闇文明のクリーチャーにはpig持ちが多いためそれらを破壊することで多くのアドバンテージを得ることが可能。また、《絶望の魔黒ジャックバイパー》の存在下で撃てばリソースを減らさずドローができる(その場合pigは発動しないが)。

 

《ブラッディ・チャージャー》

f:id:athachigatsu:20190714010959j:plain

 クリーチャー1体にスレイヤーを与えるチャージャー呪文。効果は小さいが、コストの軽いマナブースト手段として採用が検討できる。《飛行男》等のpig持ちと組み合わせたいところ。

 

《ロスト・チャージャー》※プレミアム殿堂入りの可能性あり

f:id:athachigatsu:20190714011050j:plain

 僅か3マナでデッキ破壊を行うチャージャー呪文。そのデッキ破壊の方法は、相手のデッキを全て見た上で1枚選択し墓地へ送るという凶悪なもの。相手のデッキを見て戦略を把握し、そのキーカードを的確に捨てさせられる。その上チャージャーであるためマナブーストになる他、《聖騎士コスモグールド》・《ストーム・クロウラー》等で容易に再利用できるためマナ・コストの軽さも相俟って簡単に相手のデッキをボロボロにできる。

 チャージャー化した呪文は元の呪文から2マナ・コスト増える法則を考えると山札から1枚捨てさせる行為が1マナ・コストとして計上されており、明らかにデザインミスである。

 

《憤怒の猛将ダイダロス

f:id:athachigatsu:20190714011253j:plain

 軽いマナ・コストとは裏腹に強大なパワーとW・ブレイカーを持つクリーチャー。ただし自分のクリーチャーを1体破壊しなければ攻撃できないというデメリット能力も持ち合わせている。《飛行男》や《時空の守護者ジル・ワーカ》等の強力なpig持ちと組んだり、《ダイヤモンド・カッター》でデメリット能力を無視したりといった運用法が考えられる。

 

《虚空の翼ダークモルダー》

f:id:athachigatsu:20190714011117j:plain

 逆スレイヤーを持つアタッカー。クリーチャーを攻撃できないため高いパワーを活かしにくい。しかしながらW・ブレイカーとしてはコストが軽くビートダウンにも入りやすい。

 

《戦男》

f:id:athachigatsu:20190714011140j:plain

 ブロッカーしか攻撃できない代わりに高いパワーを持ったクリーチャー。アンタップキラーではないため、扱いにくさは否めない。パワーは1000下がるが、《ストームジャベリン・ワイバーン》の方が使い勝手は良いだろう。1マナ・コスト重くなるが殴り返し要員としては《荒廃の巨王ジェノサイド》等もいる。

 

《鬼眼怪人スカルカッター》

f:id:athachigatsu:20190714011207j:plain

 《孤独の影ロンリー・ウォーカー》と同様のデメリット能力を持った準バニラ。闇文明のクリーチャーはデメリット能力なしに標準的なパワーが持てないという特性を身を以て示している。種族に恵まれない。

 

《カース・ペンダント》

f:id:athachigatsu:20190714011233j:plain

 最軽量のスレイヤー持ちブロッカー。パワーが低く除去されやすいものの、強大な進化クリーチャーすら相討ちに持ち込めるため闇文明を使ったコントロール系のデッキならば採用の余地ありだろう。

 

《三面怪人アシュラファング》

f:id:athachigatsu:20190714011421j:plain

 基本セットの《邪剣バラガ》の種族違い。あちらと違い進化元になれないので使われることはないだろう。

 

《夢幻の影ダーク・バンディット》

f:id:athachigatsu:20190714011458j:plain

 基本セットの《ギガスタンド》の種族違い。手札を捨てることでモヤシになる能力を持つ。スペックは大したことがないので、手札を捨ててまで能力を使うかは疑問。一応、《飛雲の求道者ダバ・トーレ》を相手依存なしに召喚する方法として使えないこともない。

 

《単車男》

f:id:athachigatsu:20190714011532j:plain

 自分の他のクリーチャーが召喚された時に自壊するデメリット能力を持ったブロッカー。以降の展開が阻害されるためコスト・パワーが同じ《ダーク・クラウン》等の逆スレイヤーの方が使い勝手が良いだろう。

 

黒神龍ギランド》

f:id:athachigatsu:20190714011619j:plain

 上記の《虚空の翼ダークモルダー》のパワーを1000下げた代わりにクリーチャーを攻撃できるようになったクリーチャー。《紅神龍メルガルス》と同じくドラゴンでは最軽量のため、ドラゴンを使うデッキでは主力を担える。逆スレイヤーのため死にやすいが、闇文明には《ディメンジョン・チョーカー》・《ゾンビ・カーニバル》等のサルベージ手段が豊富にある。

 

《悪戯人形ハロ》

f:id:athachigatsu:20190714011647j:plain

 相手プレイヤーを攻撃してブロックされなかった時に《死の宣告》を撃つクリーチャー。似たような能力を持つ《機怪人形ガチャック》と比べ、こちらは破壊するクリーチャーを相手が選ぶため狙ったクリーチャーを破壊しづらい分、能力の発動がいくらか容易である。

 

《死の宣告》

f:id:athachigatsu:20190714011723j:plain

 相手のクリーチャーを1体破壊する呪文。他の多くの確定除去と違い、破壊するクリーチャーは相手が選ぶため狙ったクリーチャーを破壊しづらい。S・トリガーで使用しても、攻撃済みのクリーチャーを破壊されれば足止めにならない。その代わり、アンタッチャブルである《光器ペトローバ》を破壊できる可能性があるという点で優れる。

 

《バキューム・ジェル》

f:id:athachigatsu:20190714011745j:plain

 対象が敵対色に限定された代わりにS・トリガーになった《デス・スモーク》。S・トリガーなので相手の足止めができるが、適用範囲がタップされていない光または自然のクリーチャーと非常に狭いため使いにくい。

 

《スケルトン・バイス※プレミアム殿堂入りの可能性あり

f:id:athachigatsu:20190714011839j:plain

 2枚ハンデスする呪文。1枚ハンデスの《ゴースト・タッチ》が2マナ・コストかつS・トリガー付きなのでこちらは適正なデザインに見えるが、4マナ・コストという軽さで相手の手札を2枚落とせるのは強力である。先攻ならば《フェアリー・ライフ》から繋げることで《エナジー・ライト》を唱える前に落とすことができる。

 

《リバース・チャージャー》

f:id:athachigatsu:20190714012251j:plain

 《ダーク・リバース》のチャージャー版。《ブレイン・チャージャー》と同様、手札補充とマナブーストを同時に行うため6マナ・コスト域へ繋げやすい。4ターン目に唱えるとすれば、タイミング的にはちょうど2ターン目に召喚した《飛行男》が破壊された頃合いになるか。

 

《生命剥奪》

f:id:athachigatsu:20190714012317j:plain

 S・トリガーがなくなった代わりにシールドを対象に含められる《死の宣告》。相手のクリーチャーが1体もいない状態で唱えれば必然的にシールドを1枚焼却する呪文になる。一方、クリーチャー除去呪文として考えると《光器ペトローバ》を破壊できるチャンスに撃ってもシールドを身代わりにされる可能性が出てくる等、《死の宣告》に比べ相手に選択肢をより多く与えてしまう。

 

《死縛虫グレイブ・ワームγ》

f:id:athachigatsu:20190714012407j:plain

 cipでサバイバーをサルベージできるサバイバークリーチャー。パワーが低く破壊されやすいサバイバーにとってサルベージ能力はありがたい。マナが残っている限り墓地からどんどんサバイバーを展開していけるようになる。能力は強力だが、破壊されたときマナゾーンに置くpig持ちの《フウセンアワダケβ》とは噛み合わないので注意。

 

《幽鬼の影リバース・ソウル》

f:id:athachigatsu:20190714012706j:plain

 闇文明のクリーチャーをサルベージするタップ能力を持ったクリーチャー。能力は悪くないが、文明が限定されていることやタップ能力ゆえの確実性・即効性のなさが気になる。《ディメンジョン・チョーカー》や《リバース・チャージャー》、《ゾンビ・カーニバル》等のサルベージ手段の方が使いやすいだろう。

 

《ギガバスター》

f:id:athachigatsu:20190714012814j:plain

 cipでシールド回収を行うブロッカー。シールド回収は手札補充と捉えることができるが、基本的にはデメリットとなってしまうだろう。スペックもコストの割にパワーが低めとイマイチ。

 

《暗黒皇女メガリア》

f:id:athachigatsu:20190714012841j:plain

 全てのクリーチャーをスレイヤーにするシステムクリーチャー。このクリーチャーがバトルゾーンにある限り全てのバトルは相討ちになる。軽量クリーチャーを多く並べて一斉攻撃する前に召喚すると効果的。《絶望の魔黒ジャックバイパー》と組み合わせると楽しい。

 

《ギガクローズ》

f:id:athachigatsu:20190714012907j:plain

 アタックトリガーで《ロスト・ソウル》を撃つターボラッシュを持つクリーチャー。このクリーチャーの攻撃が通るかどうかは関係ないので、適当なアンブロッカブルクリーチャーと組み合わせることで相手の手札を全て捨てることができる。また《クリスタル・パラディン》とは凶悪なシナジーがあり、バウンスしたブロッカー全てを墓地送りにしてしまう。

 

《崩壊の影デス・タギア》

f:id:athachigatsu:20190714013508j:plain

 相手が呪文を唱えたときハンデスランデスを行うシステムクリーチャー。パワーが低く除去されやすいものの、《クリムゾン・ハンマー》等の呪文で除去された場合はこのカード1枚と除去呪文・手札・マナの1:3交換になるため相手にディスアドバンテージを押しつけられる。《エナジー・ライト》のような手札補充カードを無効化でき、相手の行動を著しく制限できるためマナブーストから早期に召喚できるとかなりの制圧力を発揮するだろう。

 

《墓堀怪人アシッドフィスト》

f:id:athachigatsu:20190714013609j:plain

 一回り大きくなった《カース・ペンダント》。スレイヤーである以上パワーの高さよりコストの軽さを見たいためこちらを使うことはあまりないだろう。

 

《超幻獣グラザルド》

f:id:athachigatsu:20190714012758j:plain

 自分の闇文明のクリーチャー全てにハンデスを行うタップ能力を与える進化キマイラ。自身が召喚酔いせず、また他のクリーチャーに能力を与えるため召喚したターンから複数枚ハンデスが行える即効性が魅力。更にハンデスを行うタイミングがアタックステップであるため、シールドをブレイクして増えた相手の手札を使われる前に捨てさせられる。

 

《超幻獣ドグザバル》

f:id:athachigatsu:20190714014128j:plain

 光ステルスを持った進化キマイラ。強力な光文明のブロッカー陣をすり抜けられる。コストの割にパワーは9000と高く、《クリスタル・ランサー》等に殴り勝てるのは勿論、《光器ペトローバ》でパンプアップされた小型クリーチャーも問題なく殴り倒せる。

 

《チェイン・スラッシュ》

f:id:athachigatsu:20190714014201j:plain

 S・トリガーがなくなった代わりに1マナ・コスト軽くなった《デーモン・ハンド》。クセのない除去呪文だが、S・トリガーがないため足止めに使えず、除去呪文にはより軽い《デス・スモーク》があるため中途半端な感じは拭えない。

 

《ゾンビ・カーニバル》

f:id:athachigatsu:20190714014339j:plain

 選んだ種族のみだが、最大で3体のクリーチャーをサルベージできる呪文。コストはやや重いものの、1体サルベージする《ダーク・リバース》が2マナ・コストなので比べるとむしろ軽いと言えるかもしれない。

 

《戦慄の剛将アブリン》

f:id:athachigatsu:20190714191542j:plain

 《孤独の影ロンリー・ウォーカー》の最上位種。《鬼眼怪人スカルカッター》と異なり、コストの割にパワーが高くまだ使いやすい。

 

《闇侯爵ハウクス》

f:id:athachigatsu:20190714014424j:plain

 バトルゾーンから墓地へ置かれた時、全てのプレイヤーに《ロスト・ソウル》を撃つクリーチャー。破壊された時に能力が発動する(=pig)のではなく、あくまで墓地へ置かれた時に発動するため、後述の《死皇帝アザガースト》の進化元になっていた場合も墓地へ置かれれば能力が発動する。

 

《ギガボアー》

f:id:athachigatsu:20190714014446j:plain

 《カース・ペンダント》が二回り大きくなったクリーチャー。《墓堀怪人アシッドフィスト》と同様、スレイヤーである以上はパワーはある程度どうでもいいため敢えてこのクリーチャーを使う理由は少ないだろう。種族がキマイラなので進化元になる。

 

《戦艦男》

f:id:athachigatsu:20190714014529j:plain

 自分の闇文明のクリーチャー全てをパンプアップしW・ブレイカーと逆スレイヤーを与えるタップ能力を持つクリーチャー。《ねじれる者ボーン・スライム》のようなウィニーと相性が良い。フィニッシャーにもなり得るクリーチャーだが、タップ能力ゆえの即効性のなさが惜しい。W・ブレイカーを付与するだけなら《スネークアタック》という軽い呪文もある。

 

黒神龍ガルバジーク》

f:id:athachigatsu:20190714015122j:plain

 攻撃するたびに自分のシールドを焼却するデメリット能力を持ったファッティ。パワーはそこそこ高いが、それだけではシールドを失うデメリットに見合っているとは言えないだろう。基本セットの《魔将ダーク・フリード》の上位種と言える。

 

《恐怖の影スクリーム・アサシン》

f:id:athachigatsu:20190714015213j:plain

 自分のドラゴンまたはドラゴノイドが召喚された時、バトルゾーンにある最もパワーが低いクリーチャーを破壊する能力を持ったクリーチャー。有力なドラゴノイドは小型クリーチャーに多いので、能力により破壊されてしまう危険性が高い。そのため主にドラゴンと組むことになるだろう。自身のパワーは4000とそこそこあるので自害するケースは少ないだろうが、味方を巻き込みかねないことには注意が必要である。

 

《闘将バグザグール》

f:id:athachigatsu:20190714015237j:plain

 全てのクリーチャーに攻撃を強制するクリーチャー。自身のクリーチャーにも効果が及ぶため、使いやすい能力ではない。《竜巻草》等の無限ブロッカーと組めば相手のウィニーを根絶やしにできる。

 

黒神龍イゾリストヴァル》

f:id:athachigatsu:20190714015529j:plain

 自分の墓地に闇文明のクリーチャーがいればいるほどパワーが上がるクリーチャー。3体以上墓地にいればW・ブレイカーを得るが、コストに見合った性能を発揮するには4体は欲しいところ。闇文明が得意とするサルベージと相性が悪く、使いにくい。

 

《凶星王ダーク・ヒドラ※殿堂入り・プレミアム殿堂入りの可能性あり

f:id:athachigatsu:20190714015553j:plain

 召喚したクリーチャーと同じ種族のクリーチャーをサルベージできる能力を持つシステムクリーチャー。自身を召喚した時もダークロードが墓地にあればそれをサルベージできる。種族が統一されたデッキでは全てのクリーチャーがcipでサルベージ能力を使えるようになるようなもので、非常に強力。《銃神兵ディオライオス》と組むと自壊したそばから手札に戻ってくるため、手札を失わず《死の宣告》が撃てるようになるような状態になり、相性が良い。

 

《超神龍アブゾ・ドルバ》

f:id:athachigatsu:20190714015646j:plain

 墓地のクリーチャー1体につき自身を2000パンプアップする能力を持つ進化ドラゴン。見た目は派手だが、能力は《ボルシャック・ドラゴン》の上位といったところで元々強力なドラゴンから進化するにしては地味と言わざるを得ない。

 

《死皇帝アザガースト》

f:id:athachigatsu:20190714020017j:plain

 自分がゴーストを召喚するたびに《デス・スモーク》が撃てる進化ダークロード。ゴーストには軽いクリーチャーが多く能力は発動させやすいが、進化元がダークロードである点が問題。ダークロードは重い上に有用なクリーチャーが少なく、強力な《凶星王ダーク・ヒドラ》等は進化しない方が良いケースが多いため召喚に困る。

 

《呪縛の剣豪バロスト》

f:id:athachigatsu:20190714020335j:plain

 バトルゾーンから墓地に置かれた時に全てのクリーチャーを破壊するクリーチャー。《闇侯爵ハウクス》と同様にpigではないため、《悪魔神バロム》の進化元になっている場合は被破壊時にもう一度全体除去を放つことになる。

 

《ヘル・スラッシュ》※プレミアム殿堂入りの可能性あり

f:id:athachigatsu:20190714020414j:plain

  相手の山札を見てその中から3枚を墓地送りにする呪文。コストは相応に重いものの、1枚で3枚ものカードを破壊できる。《暁の守護者ファル・イーガ》や《恵みの化身》+《ミスティック・クリエーション》等で回収して複数回撃つライブラリアウト戦法が非常に強力である。

 

《戦車男》

f:id:athachigatsu:20190714020305j:plain

 タップ能力で《死の宣告》が撃てるクリーチャー。能力は強力だが、9マナ・コストと重く、更にタップ能力なので起動が遅い点が問題。パワー6000なのにW・ブレイカーがない等、妙に不遇なカード。

 

《インビンシブル・アビス》

f:id:athachigatsu:20190714020537j:plain

 相手のクリーチャーを全て破壊する超大型呪文。【クリーチャーコントロール】へのメタカードとして使えるが、大抵はこれを唱える前に《ダイヤモンド・カッター》で切り刻まれてしまっているだろう。インビンシブルサイクルの中では比較的使える効果だが、コストを軽減する手段が少ない闘魂編環境では使うことは難しいだろう。

 

 基本セットに比べ、スレイヤーとサルベージに関わるカードが多く追加され闇文明の元々の得意分野が強化された。ハンデスカードも追加されたが、《スケルトン・バイス》は恐らく使用禁止となってしまうだろう。

 《飛行男》や《機怪人形ガチャック》を初めとした優秀なウィニーが追加され、ビートダウンも得意になったと言える。またサバイバーデッキの核の1つである《死縛虫グレイブ・ワームγ》が登場したことによりサバイバーデッキには欠かせない文明となった。

デュエル・マスターズ闘魂編カードリスト:水文明

 闘魂編カードリストの水文明編(コスト昇順)

 

《ゼピメテウス》

f:id:athachigatsu:20190713143318j:plain

 最軽量ブロッカー。水文明には同性能のクリーチャーが他に2種いて、それぞれ進化元として活躍できるので、敢えてこのクリーチャーを採用する理由はないだろう。

 

《マドリオン・フィッシュ》

f:id:athachigatsu:20190713143516j:plain

 基本セットの《狩猟魚》と同性能。どちらにしても種族に恵まれず、あまり使われない。

 

《グレープ・ジェリー》

f:id:athachigatsu:20190713143701j:plain

 cipでピーピングを行うクリーチャー。直接アドバンテージを稼げない能力は通常敬遠されがちだが、このクリーチャーは《アクア・ビークル》や《エレガント・ランプ》等の同コストのバニラと同パワーなので優秀である。サイバー・ウイルスなので《アストラル・リーフ》と《アストラル・メデューサ》の進化元になる。

 

《フェアリー・キャンドル》

f:id:athachigatsu:20190713144221j:plain

 ブロック時に《サブマリン・プロジェクト》を撃つ小型ブロッカー。パワーが低いのでブロックすればほぼ確実に破壊されてしまうが、手札が増えるのでアドバンテージを失いにくい点が優秀。4枚のうちに必要なカードが複数枚あるとどれかが山札の下に送られてしまう欠点はあるが、手札に加えるカードを選択できるのは強力。

 

《プロメフィウスα》

f:id:athachigatsu:20190713144648j:plain

 受信専門のサバイバークリーチャー。文明は違うが、《威嚇するスマッシュ・ホーンα》の劣化である。サバイバーの中ではコストが軽い方なので、頭数が欲しい場合は採用を検討されるかもしれない。

 

《キュリアス・アイ》

f:id:athachigatsu:20190713145012j:plain

 アタックトリガーで相手のシールドを1枚見ることができるクリーチャー。基本セットの《スティンガー・ボール》と種族まで全て同性能。文明は違うがコスト・パワーどちらも負けている《予言者ウィン》が存在している。

 

《セティボルス》

f:id:athachigatsu:20190713145250j:plain

 pigで1ドローできるクリーチャー。cipで1ドローできる《アクア・ハルカス》と比べると能力発動のタイミングが違い使いづらそうな印象を受けるが、水文明の同コストバニラはパワー2000が相場なのでこのクリーチャー自体は弱くない。種族が恵まれていればといったところか(尤も進化元になった場合pigは発動しないが)。

 

《ビコラキス》

f:id:athachigatsu:20190713145557j:plain

 アタックトリガーで《クリスタル・メモリー》を撃てるターボラッシュを持つクリーチャー。優秀な能力を持つ分パワーは低めだが、コストが軽いのが売り。同効果の呪文が4マナなので1度でも発動できればブロックされて破壊されても充分。

 

《キャンディ・クラスター》

f:id:athachigatsu:20190713150023j:plain

 《キャンディ・ドロップ》のサイバー・クラスター版。アンブロッカブルなのでターボラッシュの火付け役として使いやすい。《フォート・メガクラスター》の進化元になる。

 

《スカウト・クラスター》

f:id:athachigatsu:20190713161256j:plain

 パワーが高い攻撃できるブロッカーだが、自分のクリーチャーが召喚されると手札に戻ってしまう能力を持つクリーチャー。攻撃できるブロッカーということでビートダウンに組み込もうにも、後続を呼ぶと手札に戻ってしまうので使いづらい。

 

《エンペラー・マロル》

f:id:athachigatsu:20190713150350j:plain

 味方がバトルゾーンに出ると手札に戻る能力と、ブロックされたときに相手をバウンスする能力を持った進化サイバーロード。前者の能力は普通に使えばデメリットになりかねないため《シュトラ》や《コーライル》のcipを使い回す等の工夫が欲しい。

 

エナジー・ライト》

f:id:athachigatsu:20190713151104j:plain

 基本セットにありそうでなかった標準的なドロー呪文。繋がる4マナ・コスト帯には《アクアン》や《ブレイン・チャージャー》等の優秀なカードが多い。

 

《ウェーブ・ランス》

f:id:athachigatsu:20190713151613j:plain

 1マナ重くなりS・トリガーがなくなった代わりに、ドラゴンを対象にした場合1ドローが付いてくる《スパイラル・ゲート》。あちらに比べるとコストが重い点が気になるが、《一角魚》や《スパイラル・チャージャー》等を見れば分かるように本来クリーチャーのバウンスは3マナ・コスト相当なので、このカードのスペックはそこそこ優秀。あちらが軽過ぎるだけである。

 対象は自分でも相手でもどちらでも良いので、自分の《バルキリー・ドラゴン》に撃って1ドローしつつcipを再利用するプレイングが可能。

 

《サブマリン・プロジェクト》

f:id:athachigatsu:20190713152128j:plain

 山札の上から4枚を見て、その中の好きなカード1枚を手札に加える呪文。手札に加えるカードをある程度選べる利点はあるが、1マナ・コスト上に山札全てから選べる《クリスタル・メモリー》があり、同コストには選択肢がないものの手札が増える《エナジー・ライト》がある。あまりこのカードを採用する理由はないだろう。

 なお、《フェアリー・キャンドル》と《ストーク・クロウラー》はこの呪文を内蔵している。特に前者は2マナと軽いため疑似サーチが使いたいならそちらを使った方が良いだろう。

 

《ストーム・クロウラー》

f:id:athachigatsu:20190713152709j:plain

 cipでマナゾーンからカードを1枚回収するブロッカー。能力は強制発動である点には注意。充分なパワーを持ち汎用性が高く、特にマナブーストを行うデッキでは採用する価値が高いだろう。

 

《ソピアン》

f:id:athachigatsu:20190713153345j:plain

 自分のクリーチャー1体をアンブロッカブルにするタップ能力を持つクリーチャー。タップ能力ゆえに効果発動が不確実でタイムラグがあるものの、生き残っている限り何度でも発動できる。《聖剣炎獣バーレスク》の攻撃を通すのに使えば、S・トリガーで除去されない限り勝つまで殴り続けられる。

 

《アクア・ライダー》

f:id:athachigatsu:20190713153744j:plain

 条件付きでブロッカーになるクリーチャー。基本セットの《アクア・シューター》にすら劣る性能だが、ターンの初めはブロッカーではないので《火炎流星弾》等のブロッカー除去呪文で破壊されにくい。

 

《スプラッシュ・ゼブラフィッシュ》

f:id:athachigatsu:20190713154045j:plain

 1マナ・コスト増えた代わりにアンブロッカブルになった《岩肌魚》。アンブロッカブルクリーチャーとしてはパワーが高く、それでいて軽い方なので使いやすい。《ストーム・クロウラー》同様、マナブーストを絡めるデッキと相性が良い。

 

《ウォール・クラスター》

f:id:athachigatsu:20190713154311j:plain

 攻撃されないブロッカー。《ストームジャベリン・ワイバーン》に一方的に殴られないのは評価できる。除去されにくいので《フォート・メガクラスター》の進化元として最適。

 

《ガラティアヌス》

f:id:athachigatsu:20190713154618j:plain

 タップ能力で山札の上3枚の順番を操作できるクリーチャー。ドローの質を上げることができるが、発動にタイムラグがあることとややコストが重いことが気になる。

テンペスト・キラーホエール》

f:id:athachigatsu:20190713155059j:plain

 《アクア・シューター》の種族違い。あちらですらまず使われないのにこちらは種族に恵まれない。

 

《イリュージョン・フィッシュ》

f:id:athachigatsu:20190713155202j:plain

 ターボラッシュでアンブロッカブルになるクリーチャー。通常のアンブロッカブルクリーチャーはパワーが低めに設定されるが、このクリーチャーは4マナでパワー3000とそこそこある。しかし、攻撃を通さないと発動しないターボラッシュでアンブロッカブル能力が付与されるというのはまるで噛み合っていない。

 

《ポキラ》

f:id:athachigatsu:20190713160305j:plain

 選んだ種族をモヤシにするタップ能力を持ったクリーチャー。効果が持続するのはターン終了時までのため、相手ターンに殴り返しを食らった場合は普通に破壊されてしまう点に注意。

 

《ミスティック・クリエーション》

f:id:athachigatsu:20190713155608j:plain

 コストが重くなった分、枚数が増えた《ハイパー・ウェーブ》。マナ回収はマナゾーンにカードが溢れているときに使うものなのでコストが重い点は気にならないだろう。この呪文を唱える際にタップしたカードを3枚回収すれば実質1マナで使える。

 

《ブレイン・チャージャー》

f:id:athachigatsu:20190713160004j:plain

 手札を減らさずマナブーストできる、優秀なチャージャー呪文。仮に毎ターンマナチャージしながら1枚ずつ手札をプレイした場合、先攻4ターン目で手札がなくなってしまうが、このカードを使えば手札を補充しつつ強力なカードが犇めく6マナ・コスト帯に繋げられる。

 

《ハザード・クロウラー》

f:id:athachigatsu:20190713161241j:plain

 準バニラのブロッカー。単色なら同パワーになる《アングラー・クラスター》が存在し、また最軽量のブロッカー除去呪文である《火炎流星弾》の射程圏内に入ってしまっているため、採用理由に乏しい。

《デコ・クラスター》

f:id:athachigatsu:20190713161859j:plain

 一回り大きくなった《アクア・ライダー》。あちらと同様除去されにくいものの、使いにくさは否めないだろう。

 

《アクア・グラップラー

f:id:athachigatsu:20190713162233j:plain

 アタックトリガーで自分のタップされているクリーチャー1体につき1ドローできるクリーチャー。一斉攻撃後に発動すればたくさんドローできるわけだが、《ミラクル・サーチャー》等と同じくドローできるタイミングがアタックステップである点が気になる。

 

《ストーク・クロウラー》

f:id:athachigatsu:20190713162718j:plain

 大きくなった《フェアリー・キャンドル》。こちらはそこそこパワーがあるので複数回能力が発動できることがあるだろうが、基本的には軽いあちらの方が使いやすいと思われる。

 

《ティコラクス》

f:id:athachigatsu:20190713162815j:plain

 cipで相手のシールドを全て見るクリーチャー。こちらはクリーチャーであるものの、1マナ・コスト下に手札も見られる《リキッド・スコープ》がある。種族に恵まれない。

 

《テンタクル・クラスター》

f:id:athachigatsu:20190713163713j:plain

 相手プレイヤーを攻撃してブロックされなかった時に《スパイラル・ゲート》が撃てるクリーチャー。《ソピアン》等でアンブロッカブルにしてやれば恒常的にクリーチャーをバウンスできる。

 

《フォート・メガクラスター》

f:id:athachigatsu:20190713164023j:plain

 唯一の進化サイバー・クラスター。自分の水文明のクリーチャー全てに1ドローするタップ能力を与える。能力は悪くないが、やはりドローするタイミングがアタックステップである点が気になる。サイバー・クラスターはコストが軽いクリーチャーが多いので進化元にはさほど困らないだろう。

 

《アストラル・メデューサ

f:id:athachigatsu:20190713164458j:plain

 ターン初めのドローを2枚にできる進化サイバー・ウイルス。能力は強力だが、活かすには最低でも次の相手のターンを生き延びる必要がある。しかし5マナ・コスト帯にはこのクリーチャーを破壊できる手段が無数にあり、安定したドローエンジンとして採用するのは難しいだろう。

 

《ショック・ハリケーン

f:id:athachigatsu:20190713165817j:plain

 自分と相手のクリーチャーを同じ数だけバウンスする呪文。普通に使う分には自分のクリーチャーを戻す必要がない《テレポーテーション》の方が使いやすいため、このカードを使う場合は《コーライル》等の強力なcipクリーチャーと組み合わせる等の工夫が必要になる。

 

《スパイラル・チャージャー》

f:id:athachigatsu:20190713165109j:plain

 クリーチャーを1体バウンスするチャージャー呪文。マナブースト手段としてはコストが重いが、除去を兼ねるため中々優秀。

 

《サイバー・トンネル》

f:id:athachigatsu:20190713164920j:plain

 指定した種族をアンブロッカブルにする呪文。種族デッキではフィニッシャーになり得る。《ホーリー・スパーク》でも相手のブロッカーを無力化できるが、こちらは5マナなのでよりビートダウンに向いている。

 

ラプター・フィッシュ》

f:id:athachigatsu:20190713165342j:plain

 cipで手札を入れ替えるクリーチャー。手札交換自体は悪くないのだが、そのために6マナも支払うのは疑問である。それだけマナが支払えるのならばドローまたはサーチを行う方が確実である。

 

《キュロロ》

f:id:athachigatsu:20190713165541j:plain

 シールドがブレイクされる際にどのシールドをブレイクさせるか自分で選ぶことができるようになる能力を持ったクリーチャー。《エメラル》や《ホーリー・メール》等で仕込んだS・トリガーを踏ませるのに使えるが、6マナというコストでパワー2000は貧弱過ぎる。能力を発揮する前に適当な呪文で吹き飛ばされてしまうことも珍しくないだろう。

 

ロータス・ミントγ》

f:id:athachigatsu:20190713170104j:plain

 cipで相手クリーチャーを1体タップできるサバイバークリーチャー。サバイバーはパワーが低いクリーチャーが多いためタップ&デストロイに使うのは難しく、かといってブロッカーを無力化するだけなら同コストの《流星魚α》の方が強いため使いにくい。

 

ビアンカス》

f:id:athachigatsu:20190713170349j:plain

 2マナ・コスト重くなった代わりにパワーが1000上がりブロッカーを得た《ソピアン》。タップ能力とブロッカーが噛み合わないので、軽い《ソピアン》の方が使いやすいだろう。

 

《アクア・レンジャー》

f:id:athachigatsu:20190713170559j:plain

 アンブロッカブルなモヤシ。能力自体は強力なのだが、とにかく重いコストが問題。

 

《ラシリウス

f:id:athachigatsu:20190713170912j:plain

 アタックトリガーで相手の山札の1番上と手札が見られるクリーチャー。相手のターンのドロー後の手札が把握できるようになる。しかし直接的にアドバンテージを稼げる能力ではないので、6マナも支払って使いたいものではない。ピーピングだけなら《グレープ・ジェリー》が2マナで行えるため、こちらにお呼びがかかることはないだろう。

 

《マーチング・スプライト》

f:id:athachigatsu:20190713171146j:plain

 自分が他のサイバーを召喚するたびに1ドローできるシステムクリーチャー。サイバーロードとサイバー・ウイルスともに良質なクリーチャーが揃っているため能力の発動は難しくないが、1マナ・コスト軽くプレイヤー・種族を問わない《雷鳴の守護者ミスト・リエス》の存在が目の上の瘤。

 

《アクア・マスター》

f:id:athachigatsu:20190713171523j:plain

 相手プレイヤーを攻撃してブロックされなかった時、相手のシールドを1枚表向きにするクリーチャー。シールドを表向きにするという効果は、相手にもシールドの中身が分かってしまう点で水文明によくあるシールドを見る効果より弱い。6マナのアタッカーとしてはパワーが貧弱でW・ブレイカーすらない等、火力の低さが目立つ。

 

 《エンペラー・アクア》

f:id:athachigatsu:20190713173158j:plain

  進化サイバーロード。相手がS・トリガーを使った際に2枚までドローできる能力を持ちS・トリガーの使用を牽制できるが、似たような能力を持つ《守護聖天グレナ・ビューレ》と比べると異様にパワーが低く使いにくい。ブロッカーを持っているためにかえって《火炎流星弾》等で除去されやすくなってしまっている点も厳しい。

 

《エウロピカ》

f:id:athachigatsu:20190713172144j:plain

 タップ能力で《スパイラル・ゲート》が撃てるクリーチャー。パワーが低くバトルに弱いためブロッカーでしっかり守ってやる必要があるが、生き残っている限り何度でもバウンスが撃てるのは強力。

 

《シャインシェル・クラスター》

f:id:athachigatsu:20190713172415j:plain

 タップ能力で《エナジー・ライト》が撃てるクリーチャー。アタックステップ中のドローになるため引いたカードでこのクリーチャーを守ってやることができない。上記の《エウロピカ》は自身を狙うクリーチャーをバウンスすることである程度自衛できるが、こちらはバトルゾーンに干渉できないので使うならより防御を固める必要がある。

 

《キャバリア・シャーク》

f:id:athachigatsu:20190713172700j:plain

 大きな《エメラル》。最大2枚もS・トリガーを仕込めるのは面白いが、コストが重過ぎて召喚する頃には手札が残っていないことも少なくないだろうし、7枚マナゾーンにあるのなら手打ちする選択肢も充分にあるので使いにくい。

 

《アクア・フェンサー》

f:id:athachigatsu:20190713172936j:plain

 相手のマナゾーンのカードをバウンスするタップ能力を持つクリーチャー。相手のマナを削ること自体は強力なのだが、コストが重く、このクリーチャーが能力を発動する頃には相手のマナゾーンにも豊富にカードがあることが考えられ、大きな効果は期待できない。

 

 《クリスタル・ジャベリン》

f:id:athachigatsu:20190713173217j:plain

 モヤシ能力を持った進化リキッド・ピープル。破壊される際には進化元ごと手札に戻ってくるため、《アクア・ハルカス》や《クリスタル・パラディン》のcipを使い回せる。

 

 《マリン・スクランブル》

f:id:athachigatsu:20190713173336j:plain

  自分のクリーチャーを全てアンブロッカブルにする大型呪文。《サイバー・トンネル》同様フィニッシャーになり得るだろう。

 

 《アナライズ・チャージャー》

f:id:athachigatsu:20190713173145j:plain

  《テレポーテーション》のチャージャー版。コストが重いためマナブースト手段としては考えにくいが、効果が大きいため《ストーク・クロウラー》や《スナイプ・モスキート》等のマナ回収と併用して使い回すと強力。特に後者は毎ターン回収できるので相性が良い。

 

 《キング・トラファルガー》

f:id:athachigatsu:20190713173227j:plain

  3種類存在する条件付きブロッカークリーチャー。文明は違うが《閃光の求道者ラ・ベイル》の劣化である。コストに見合う性能ではないので、使うことはないだろう。

 

《ナイト・クロウラー》

f:id:athachigatsu:20190713173236j:plain

   cipで1枚マナバウンスするファッティ。コストが重いため、《アクア・フェンサー》と同様あまり大きな効果は得られないだろう。むしろこちらは強制的に発動する能力なので、場合によっては相手の手札補充を助けることになりかねない。

 

《キング・アクエリアス

f:id:athachigatsu:20190713173248j:plain

   タップ能力で《マリン・スクランブル》が撃てるファッティ。タップ能力であるため除去されない限り毎ターン能力を発動できるが、1度発動すればそのままゲームエンドに持ち込めるような効果なので即効性のある《マリン・スクランブル》の方が使いやすいだろう。

 

《ゼータ・トゥレイト》

f:id:athachigatsu:20190713171737j:plain

 cipでサバイバーの数だけドローできる進化サバイバー。自身もサバイバーであるため最低でも1ドローできる。大量展開した後に召喚し、更なるサバイバーの展開を狙うようなデザインのカードだが、一度大量展開に成功したらそのまま殴りきる戦術を採るサバイバーデッキとはやや噛み合っていない。また、サバイバーの展開については同コストの《シェル・ファクトリーγ》が極めて優秀であり、そもそも水文明が使われることがあまりなく使いにくい。

 

 《インビンシブル・テクノロジー

f:id:athachigatsu:20190713173409j:plain

 山札から好きなだけ好きなカードをサーチできる超大型呪文。コストが重いため唱える頃にはあらかた山札は掘り尽くされているだろうし、コストに見合った枚数をサーチしていてはライブラリアウトしかねない。

 

 基本セットに比べ、《クリスタル・ランサー》や《アストラル・リーフ》のようなデッキの核になるようなカードがなく、強化は控えめである。しかしながら《エナジー・ライト》・《ストーム・クロウラー》・《ブレイン・チャージャー》等の汎用性に優れるカードがいくつか追加されており、あらゆるデッキでタッチする意義がある文明と言える。

デュエル・マスターズ闘魂編カードリスト:光文明

 デュエマクラシックの次なるレギュレーションとして闘魂編を解禁することが考えられる

 ということで闘魂編カードリストの光文明編(コスト昇順)

 

  《予言者ユーク》

f:id:athachigatsu:20190711190647j:plain

 1マナというコストの割にパワーが2500と高いが、呪文を唱えたターンにしか召喚できない。《ソーラー・チャージャー》や《神秘の宝箱》等のマナが増える呪文を唱えたあと増えたマナで召喚できる。

 

《予言者ジェス》

f:id:athachigatsu:20190711190713j:plain

 《蒼天の守護者ラ・ウラ・ギガ》に並ぶ最軽量ブロッカー。あちらと違い進化元になれないので、1マナブロッカーが5体以上欲しい場合を除いて採用することはないだろう。

 《プロテクト・フォース》

f:id:athachigatsu:20190711192532j:plain

  自分のブロッカー1体をパンプアップする呪文。上昇幅は4000と大きいが、相手クリーチャーがタップされており、かつクリーチャーを攻撃できるブロッカーがいなければ意味がないので非常に使いづらい。カード名からブロッカーを強化して攻撃を凌ごうというデザインなのだろうが、効果は唱えたターン中しか持続しないため、S・トリガーで唱えなければ守備に使えない。そしてS・トリガーで唱えたということは既に相手の攻撃が通ってしまっているということなのであまりにもちぐはぐである。

 《聖天使ジーク・バリキューラ》で自軍がブロッカーとなっている場合は使い勝手が大幅に改善されるが、それでもカード1枚使って1体をパンプアップするだけでは割に合わないだろう。

 

《聖騎士ムーンティアー》

f:id:athachigatsu:20190711193128j:plain

 少し大きくなった《予言者ユーク》。あちらはチャージャー呪文と好相性であるのに対してこちらはマナを余らせていないと召喚できないので使い勝手は大きく落ちる。

 

《乱撃の使徒ミガロ》

f:id:athachigatsu:20190711200221j:plain

 相手のシールドを2枚見るアタックトリガーのターボラッシュ能力を持ったクリーチャー。ターボラッシュでなく純粋なアタックトリガーでシールドを見られる《予言者ウィン》とコスト・パワーが同一だが、こちらは一度に2枚見られる点と種族がイニシエートである点で勝っている。

 

《日輪の守護者ソル・ガーラ》

f:id:athachigatsu:20190711193453j:plain

 低コストの攻撃できるブロッカー。パワーは低いが、攻撃できるブロッカーとしてはコストパフォーマンスが破格。デメリットがないだけでも優秀なのに更に誰かが呪文を唱えた時そのターンが終わるまで自身をパンプアップさせる能力を持つ。種族もガーディアンと優秀。《キング・クラーケン》は泣いていい。《ソーラー・レイ》や《ライトニング・チャージャー》等のタップ呪文と好相性。

 

《双光の使徒リュート

f:id:athachigatsu:20190711194057j:plain

 条件付きでモヤシ能力を得るクリーチャー。2体以上並んでいるときに《バースト・ショット》等で同時に破壊される場合は全て自分の手札に戻る。

 

《レイン・アロー》

f:id:athachigatsu:20190711194416j:plain

 ピーピングしつつ、限定的なハンデスを行う呪文。コストが2マナと軽く、《ゴースト・タッチ》に先んじることができる可能性がある。しかしやはり闇の呪文しか落とせないという範囲の狭さは致命的。ハンデスがしたいのなら素直に闇文明を使った方が良いだろう。

 

《予言者アドミス》

f:id:athachigatsu:20190711194746j:plain

 シールドを1枚見るタップ能力を持つクリーチャー。こちらは自分のシールドも見られるが、1マナ軽い上に攻撃しながらシールドを見られる《予言者ウィン》の方が優秀。

 

《予言者ベクス》

f:id:athachigatsu:20190711195003j:plain

 クラッチ能力でブロッカーを得るクリーチャー。バニラよりかはマシだがどんぐりの背比べ。種族に恵まれない。

 

《時空の守護者ジル・ワーカ》

f:id:athachigatsu:20190711195315j:plain

 pigで相手クリーチャーを2体までタップできるブロッカー。パワーが低いため能力が発動しやすく、1体で最大3体の攻撃を止められる守護神。少々勿体ないが、種族がガーディアンなので進化元になることができる。

 

ジャスティス・ジャミング》

f:id:athachigatsu:20190711195620j:plain

 闇か火かどちらかの文明のクリーチャーを全てタップする呪文。効果の程が相手に依存するため使いづらい。同じ3マナならばそれなりにコンスタントに効果が期待できる《エンジェル・ソング》が存在する。

 

《ドラコ・バリアー》

f:id:athachigatsu:20190711200741j:plain

 《ソーラー・レイ》が1マナ重くなった代わりに、ドラゴンを対象にしたときシールドを加える能力が追加された呪文。相手がドラゴン主体のデッキならば強力だが、そうでなければクリーチャーを1体タップするのみの効果なので採用できるスペースがあるかどうか疑問。

 

《ソーラー・チャージャー

f:id:athachigatsu:20190711195850j:plain

 ターンの終わりに2体のクリーチャーをアンタップできるチャージャー。効果はいまいち使いにくいため、光文明のマナブーストとしての起用になるだろう。

 

《聖騎士コスモグールド》

f:id:athachigatsu:20190711201058j:plain

 タップ能力で《プロテクト・キューブ》を撃てるクリーチャー。《光翼の精霊サイフォス》のような1回切りの発動でなく、除去されない限り何回でも発動できるのが強み。コントロール色の強いデッキで《ライトニング・チャージャー》や《スパイラル・チャージャー》等を再利用する動きが強そう。

 

《宣凶師エルリオット》

f:id:athachigatsu:20190711201403j:plain

 cipで自分のシールドを全て見ることができるクリーチャー。S・トリガーの有無のみならず場所まで把握できるため《エメラル》や《デビル・ドレーン》等と組み合わせる運用法が考えられるが、場所は分からずとも《ロジック・キューブ》等の各種サーチでシールド内のカードを把握することはできるため敢えてこのカードを使う必要があるかは疑問。

 

《白夜の守護者ロディ・ゲール》

f:id:athachigatsu:20190711201722j:plain

 闇ステルスを持つクリーチャー。《神速の守護者グラン・リエス》と異なり、殴り返しは食らうもののこちらは相手のマナゾーンに闇のカードがあれば《アクア・ガード》等の他文明のブロッカーにも阻まれない。パワーが中々高くコストパフォーマンスは悪くないのだが、如何せん地味な能力である。

 

《捕縛の使徒ローム

f:id:athachigatsu:20190711202040j:plain

 《雷光の使徒ミール》が一回り大きくなった。種族は優秀だが、《預言者コロン》の方が採用されるだろう。

 

《予言者マリエル》※殿堂入りの可能性有り

f:id:athachigatsu:20190711202226j:plain

 お互いにパワー3000以上のクリーチャーの攻撃を禁止するシステムクリーチャー。相手プレイヤーへの攻撃を一時的に解禁する《ダイヤモンド・カッター》と相性が良く、相手の攻撃を封じつつクリーチャーを展開してから唱えることで一方的に相手を追い詰めることができる。パワーが低く除去されやすいため、《光器ペトローバ》でパンプアップする等の工夫が欲しい。

 

《聖騎士メビウスリンク》

f:id:athachigatsu:20190711202805j:plain

 相手プレイヤーを攻撃してブロックされなかった時に《ロジック・キューブ》が撃てるクリーチャー。能力は悪くないがアタックトリガー以上に発動が不確実であり、扱いづらさは否めないだろう。しかしながら発動してしまえば《ホーリー・スパーク》等をサーチして次ターンに勝負を決められる体勢を作れるかも。

 

ジャスティス・バインド》

f:id:athachigatsu:20190711203125j:plain

 ブロッカー以外のクリーチャーを全てタップする呪文。S・トリガーで発動すれば相手の攻撃はほぼ止まるので、デッキによっては5枚目以降の《ホーリー・スパーク》のように扱える。自分のクリーチャーも巻き込んでしまうので手札からは撃ちづらいか。

 

《エレメンタル・シールド》

f:id:athachigatsu:20190711203503j:plain

 条件付きになった代わりに2マナ軽い《ミステリー・ブレス》。同コストの《ホーリー・メール》・《深緑の魔方陣》と比較すると手札やマナが減らない点で勝るが、S・トリガーを仕込めないのでパッとしない。

 

《ライトニング・チャージャー》

f:id:athachigatsu:20190711204256j:plain

 相手のクリーチャーを1体タップするチャージャー。同コストのチャージャーに比べこのカード単体ではアドバンテージを稼げないのが難点だが、光文明主体のデッキでは扱いやすいチャージャーとして採用を検討できるだろう。

 

《ミラクル・ポータル》

f:id:athachigatsu:20190711204656j:plain

 クリーチャー1体の攻撃制限を解除し、アンブロッカブルにする呪文。《ダイヤモンド・カッター》と異なり召喚酔いは無視できない点に注意。最後の1枚のシールドをブレイクしたら《ホーリー・スパーク》だった、という状況ではフィニッシャーになるかもしれない。

 

《レーザー・ウィップ》

f:id:athachigatsu:20190711203815j:plain

 《ソーラー・レイ》と《ソニック・ウイング》が1枚になった、タップ&デストロイをするためのカードといったデザインで、狙ったクリーチャーをほぼ確実に仕留めることができる。しかし、そのような使い方ならば攻撃しなくても良い《デス・スモーク》等の除去カードを使えば良いので、意外と上手く使うのが難しいカード。

 

 《銀界の守護者ル・ギラ・レシール》 

f:id:athachigatsu:20190712190036j:plain

  進化クリーチャーを全てタップインさせるシステムクリーチャー。《飛翔の精霊アリエス》等の進化クリーチャーに劣らない強力なパワーを持つクリーチャーやスレイヤー持ちを並べておくと効果的。

 

綺羅星の精霊ガリアル》

f:id:athachigatsu:20190711205042j:plain

 《予言者ユーク》の最上位版。サイズは大したものだがやはりコストがネック。あちらはその辺の2マナクリーチャーよりパワーが高かったが、こちらは種族は違うものの1マナ増えた《雷撃の求道者ラ・ガイル》と同パワーというのが悲しい。一応最軽量のエンジェル・コマンドの1体ではあるが、5マナで出せない。

 

《光柱樹》

f:id:athachigatsu:20190711200621j:plain

 自分のシールドの数だけ自身をパンプアップさせる能力を持つクリーチャー。初期状態のまま召喚できればパワー11000で1枚ブレイクされていても9000と凄まじい。パワー7000以上でW・ブレイカーを得る等の能力があれば良かったのだが。

 

《鋭刃の使徒グーレ・チェーン》

f:id:athachigatsu:20190711205738j:plain

 タップ能力で《ソーラー・レイ》を撃てるクリーチャー。生き残っている限り毎ターンタップ&デストロイを行える。能力は強力だが、5マナというコストの割にパワーが低く、能力を使うためにタップしなければいけないため非常に破壊されやすい。

 

 《不屈の使徒チーキ・クーレ》

f:id:athachigatsu:20190712183742j:plain

 ブロック時にバトルを行わないブロッカー。パワーは低いものの、ブロック時はバトルが行われないため相手にパワーで負けていようが相手がスレイヤーを持っていようがお構いなしに生き残る。ただし能力が発動するのはブロック時のみなので、このクリーチャー自身が攻撃された場合は普通に破壊されてしまう。コストは重いが、複数体並べられると効果的。

 

《光封樹》

f:id:athachigatsu:20190712184441j:plain

 自分のシールドの身代わりになることができるクリーチャー。攻撃できるシールドと考えればまあまあだが、パワー1000では身代わりになる前に破壊されかねない。同コストに破壊されたらシールドになる《修復の使徒オークス》がいる。

 

《聖騎士プラネットシャイン》

f:id:athachigatsu:20190712185138j:plain

 アタックトリガーで敵対色クリーチャーを1体タップできる。適用範囲が限定的であるカード全般に言えることだが、能力の効果が相手依存であるため使いにくい。特にこのカードについては、同じ能力を持つコストの軽い《予言者レクイル》や、1マナ増えるが適用範囲が全文明になった能力を味方クリーチャー全てに与える《疾風の守護者スール・ミース》が存在するため不遇である。

 

《日向草》

f:id:athachigatsu:20190712185554j:plain

 最強クラスのターボラッシュを持つクリーチャー。1度発動すればそのままゲームエンドに持ち込める爆発力が魅力的。厳しい発動条件も《ホーリー・スパーク》を使えば容易に満たすことができる。

 

 《光器マーシャ》

f:id:athachigatsu:20190712190410j:plain

 ドラゴンから攻撃されない能力を持つクリーチャー。能動的にアドバンテージを稼げる能力ではない上、適用範囲がやたらと狭いのが難点。

 

《予言者ミキュート》

f:id:athachigatsu:20190712190746j:plain

 自分がガーディアンを召喚するたびに相手のクリーチャーをタップできる。この手のクリーチャーとしては珍しくパワーが高く、焼かれにくいのが長所。ガーディアンには優秀なクリーチャーが多く存在するため、能力は使いやすいだろう。

 

《宣凶師ベトラーレ》

f:id:athachigatsu:20190712190947j:plain

 自分のターン終了時にアンタップできるブロッカー。殴り返しを行った後もブロックができる他、タップ&デストロイ戦術と相性が良い。

 

《光器ペトローバ》

f:id:athachigatsu:20190712191150j:plain

 1つの種族を大幅にパンプアップする能力と、アンタッチャブル能力を持つシステムクリーチャー。パワー4000アップは非常に強力で、軽量級ブロッカーが進化クリーチャーと相討ちどころか一方的に殴り倒すようになるし、強力なものが多いアタックトリガー能力を安全に起動できるようになる。光文明ではガーディアン、イニシエートが精鋭揃いで使いやすいだろう。パワーは3500とそこそこあるので、《灼熱波》で焼かれない。このクリーチャーを焼くためだけに《サウザンド・スピア》が採用されることもあるだろう。

 《大勇者「大地の猛攻」》と並べると《青銅の鎧》のような軽量級cipクリーチャーですらパワー7000になる。楽しい。

 

《守護聖天アーク・バイン》

f:id:athachigatsu:20190712191900j:plain

 自分の光クリーチャー全てに《鋭刃の使徒グーレ・チェーン》のタップ能力を与える進化ガーディアン。バトルゾーンに自分の高パワークリーチャーがいれば、相手はクリーチャーを召喚した先からタップ&デストロイされるので事実上召喚を封じられる格好となる。

 

《聖天使カイザル・バジキューラ》

f:id:athachigatsu:20190712192717j:plain

 火ステルスを持った進化イニシエート。5マナで出せるクリーチャーとしてはパワーが高く、《クリスタル・ランサー》等に一方的に殴り勝てる点が強み。イニシエートでは最高のパワーを誇るため種族デッキでは使われることになると思われる。火ステルスは参照する文明にブロッカーがいないので活かせることはあまりないだろう。

 

《開眼者クーカイ

f:id:athachigatsu:20190712193155j:plain

 無限ブロッカーの進化メカサンダー。無限ブロッカーとしては非常にパワーが高く、デッキによってはこれ1枚で手詰まりになることも考えられる。問題は進化元が重量級ばかりで使いにくいこと。《陽光の求道者ル・パーレ》は唯一4マナなので繋ぐことができるが、バニラ以下の性能であるためデッキに入るか非常に怪しい。使うなら《無垢の宝剣》を採用する方が無難だろう。

 

《守護聖天グレナ・ビューレ》

f:id:athachigatsu:20190712193646j:plain

 相手がS・トリガーを使ったときシールドを増やす能力を持った進化ガーディアン。《アクア・サーファー》等を踏んだ際に逆転されるリスクを抑えることができる。

 

《聖域の守護者フォボス・エレインγ》

f:id:athachigatsu:20190712194238j:plain

 cipで呪文をサーチできるサバイバークリーチャー。サバイバーではあるのだが、パワー・種族ともに《真理の伝道師レイーラ》の上位互換であるため呪文を多く使うデッキであればサバイバーデッキ以外にも採用が検討できる。むしろサバイバーデッキでは光文明をタッチすることがそもそも難しく、またデッキの特性上呪文よりクリーチャーを使いたいことが多いため採用はされにくいか。

 

《飛雲の求道者ダバ・トーレ》

f:id:athachigatsu:20190712194657j:plain

 カードプール中唯一のマッドネスクリーチャー。《スケルトン・バイス》が恐らく使えないことを考えると、相対的に当時より弱体化していると言える。中々ピンポイントなメタである割にはコスト・パワーが中途半端で使いにくい。

 

《栄光の精霊アイリス》

f:id:athachigatsu:20190712195138j:plain

 自身をブロッカーにし自分のターン終了時にアンタップできるクラッチ能力を持ったファッティ。能力発動時は《浄化の精霊ウルス》の強化版となる。普通に使っても他文明の同コスト準バニラファッティと同性能なのでコストパフォーマンスは悪くない。エンジェル・コマンドとしては軽い方なのでそれなりに使えるかも。

 

《疾風の守護者スール・ミース》

f:id:athachigatsu:20190712195640j:plain

 自分のクリーチャー全てに相手クリーチャーを1体タップするアタックトリガー能力を与えるシステムクリーチャー。攻撃対象が1つでもあれば連鎖的に全てのクリーチャーに攻撃できるようになるため、制圧力が極めて高い。この手のクリーチャーにしては珍しく、自身にも効果が及ぶ。

 

《宣凶師ロンドビル》

f:id:athachigatsu:20190712200740j:plain

 自分のクリーチャーをシールドにするタップ能力を持つクリーチャー。《予言者コロン》や《アクア・サーファー》等のcip持ちS・トリガー獣を再利用できると強力。自身も対象に選択できるため、いざというときは自身がシールドになってプレイヤーを守ることができる。弱点はコストの重さとタップ能力ゆえの起動の遅さ。

 

《月虹の守護者アール・ノアール》

f:id:athachigatsu:20190712200025j:plain

 1つの種族のクリーチャーをターン終了時に全てアンタップするタップ能力を持った重量級ガーディアン。種族を揃えたデッキならば《希望の使徒トール》のような効果が見込める。あちらと比べるとコストが重く能力発動が遅いが、パワーが高く除去されにくいという点で勝る。

 

《聖天使クラウゼ・バルキューラ》

f:id:athachigatsu:20190712200321j:plain

 cipで《ムーンライト・フラッシュ》を撃てる進化イニシエート。《雷光の使徒ミール》の強化版といったスペックである。召喚酔いしないため自身の効果でタップした相手クリーチャーを自ら殴り倒せる即効性がある。勿論ブロッカーを止めてシールドを割りにいくプレイングも強力で、イニシエートデッキでは強力なフィニッシャーとなる。弱点はパワーの低さで、同コストの進化クリーチャーでは最弱である。《光器ペトローバ》等のサポートを受けたいところ。

 

《セレブ・チャージャー》

f:id:athachigatsu:20190712201046j:plain

 《ホーリー・メール》のチャージャー版。シールドとマナが増えるのはありがたいのだが、マナブースト手段として6マナは重い。手札をシールドに加えるのでS・トリガーを仕込むことができるが、6マナ溜まる頃には大型のS・トリガーは既にマナゾーンに置かれてしまっているだろう。

 

爆雷の求道者ガラ・ガンダール》

f:id:athachigatsu:20190712201458j:plain

 タップ能力で光文明のクリーチャーを全てターン終了時にアンタップできるファッティ。適用範囲は違うが1マナ軽い《月虹の守護者アール・ノアール》や、パワーは低いが2マナ軽く適用範囲の広い《希望の使徒トール》が存在するため、種族にも恵まれないこのカードを使うことはあまりないだろう。

 

《光器ナスターシャ》

f:id:athachigatsu:20190712201755j:plain

 《光封樹》の強化版。シールドが1枚ブレイクされるとき身代わりになることができる能力は悪くないが、シールド1枚のためにファッティを犠牲にする価値があるかどうかといったところ。基本的にはシールドを増やす方が手っ取り早いので採用は難しいか。

 

《閃光の求道者ラ・ベイル》

f:id:athachigatsu:20190712202222j:plain

 攻撃できるブロッカーで、自身をターン終了時にアンタップする能力を持つ。コストは重いものの、こなせる仕事が多いため召喚できれば大きな活躍が期待できる。進化クリーチャーでないファッティとしては随一の性能を誇る。

 

《天光の精霊ミハイル》

f:id:athachigatsu:20190712202515j:plain

 他のクリーチャー全てに破壊を無効にする置換効果を与える能力を持つクリーチャー。無効にできるのは破壊のみなので、《スパイラル・ゲート》や《ナチュラル・トラップ》等と組み合わせることで相手のクリーチャーだけ除去することができる。なお、このクリーチャーの能力によってシールドの身代わりとなった《光封樹》をバトルゾーンに留めることはできない。これは置換効果は2つ同時に発生しないためである。

 

《インビンシブル・オーラ》

f:id:athachigatsu:20190712203058j:plain

 シールドを3枚増やせる呪文。コストが凄まじく重い上、効果が勝利に直結しないため非常に使いづらい。シールドを増やす効果が有効に働くのは主に対ビートダウンだが、13マナでは遅過ぎて間に合わない。山札からシールドを追加するという点もイマイチで、せっかく大量のカードがマナゾーンにあるのだからそちらからS・トリガーを仕込む方が効果的な防御になるだろう。

 

 基本セットに比べ、相手をタップする能力を持つクリーチャーが多く増えたことでタップ&デストロイ戦法が採りやすくなった。またガーディアンとイニシエートに多くの進化クリーチャーが追加され、それらの種族デッキが非常に強力になった。その2つの種族に限らず、《光器ペトローバ》が存在するためあらゆる文明の種族デッキにタッチされる文明となったと言えるだろう。

デュエマクラシックカードリスト:自然文明

 デュエマクラシックカードリストの自然文明編(コスト昇順)

 

《スナイプ・モスキート》

f:id:athachigatsu:20190623181734j:plain

 最軽量クリーチャー。アタックトリガーでマナ回収を行う。普通に使うとマナブーストが阻害されコストの重いカードが使いにくくなるが、ウィニーしか採用しない【速攻】ならばそれほど大きなデメリットにならない。《再誕の森》等と組み合わせて実質的なサルベージ手段とすることができる。種族がジャイアント・インセクトなので、《大昆虫ギガマンティス》の進化元になる。

《シビレアシダケ》

f:id:athachigatsu:20190623182104j:plain

 cipで手札を1枚マナゾーンに置くことができる、最軽量のマナブーストクリーチャー。当然手札消費が激しくなるので各種ドローソースと組み合わせたい。

 

《炎のたてがみ》

f:id:athachigatsu:20190623182329j:plain

 標準的なバニラクリーチャー。種族がビーストフォークなので《大勇者「大地の猛攻」》・《大勇者「ふたつ牙」》の進化元になる。

《ラブ・エルフィン

f:id:athachigatsu:20190623182443j:plain

 自分が唱える呪文のコストを軽減するシステムクリーチャー。3ターン目に《マナ・クライシス》を唱えらえるようになるのでランデス要素を組み込むなら採用したいカード。

 

《孤高の願》

f:id:athachigatsu:20190623182751j:plain

 軽量級のS・トリガー獣。種族がビーストフォークなので進化元になる。

 

《巨翼の爪》

f:id:athachigatsu:20190623182914j:plain

 数多い2コスト帯のビーストフォーク。素のパワーは1000だが、相手の水文明・闇文明のクリーチャーの数だけ自身をパンプアップする能力を持つ。敵対文明の2つは使用率が高いので使いやすい。

 

《大勇者「大地の猛攻」》

f:id:athachigatsu:20190623183219j:plain

 軽量級の進化ビーストフォーク。タップ中に自分の他のビーストフォークをパンプアップする能力を持つ。2マナで5000というパワーは強力で、同コスト進化クリーチャーである《アストラル・リーフ》のそれより高い。またパンプアップ能力も強力で、《バースト・ショット》等の全体火力から守ることができる。

 

《ビースト・チャージ》

f:id:athachigatsu:20190623192553j:plain

 このターンブレイクしたシールド1枚につきクリーチャーを1体サーチする呪文。サーチするタイミングはアタックステップ終了後のため、S・トリガーで《ゴースト・タッチ》や《汽車男》が出てきてもサーチしたクリーチャーは落とされない。また、《ミラクル・サーチャー》と違い参照するのはブレイクしたシールドの枚数なのでW・ブレイカーが通った場合はきちんと2体サーチできる。【速攻】で手札を切らさず攻撃を続けるのに有用。

 

《無敵の咆哮》

f:id:athachigatsu:20190623184508j:plain

 自身が破壊されたとき墓地に置かれる代わりにマナゾーンへ置かれる置換効果を持つ。能力は悪くないのだが、マナブースト手段としては召喚からタイムラグがあり使いにくい。種族がビーストフォークなので進化元になる。

 

《青銅の鎧》

f:id:athachigatsu:20190623184733j:plain

 cipでマナブーストを行う。《シビレアシダケ》と比べコストが1重いが、手札を消費せずマナブーストできるため数量的なアドバンテージを稼げる。更に種族がビーストフォークなので能力を使った後に進化元になることができる。

 

《銀の戦斧》

f:id:athachigatsu:20190623185052j:plain

 アタックトリガーでマナブーストを行えるビーストフォーク。上記の《青銅の鎧》と比べて能力発動タイミングが1ターン遅く、発動前に除去されてしまう可能性があるので安定しないという欠点がある。生き残れば毎ターンマナブーストできるのは強力だが、扱いが難しいと言える。

 

《ソード・バタフライ》

f:id:athachigatsu:20190623183713j:plain

 準バニラのジャイアント・インセクト。《一撃必殺のホーバス》や《黄金の翼》等の同コストのパワーアタッカーの中では頭一つ抜けたパワーを持つ。同コストのブロッカーとはパワーアタッカー込みで相打ちとなるのが普通だが、このクリーチャーはパワー5000となるので《翡翠樹》・《ファントム・フィッシュ》等の同コストブロッカーよりパワーが高くなる。種族がジャイアント・インセクトなので《大昆虫ギガマンティス》の進化元になる。

 

《カスミダケ》

f:id:athachigatsu:20190623185423j:plain

 闇文明に対するメタクリーチャー。コストが軽いので早期から相手の妨害ができる。闇文明の最も軽い除去呪文が4マナの《デス・スモーク》なので火文明が入っていないデッキ相手ならばそれなりに長い間妨害できる。

 

《威嚇するスマッシュ・ホーンα》

f:id:athachigatsu:20190623185738j:plain

 自身を無条件にパンプアップするサバイバー。サバイバークリーチャーは大抵コストに対してパワーが低めに設定されているが、このクリーチャーは他にサバイバーがいなくても3マナでパワー3000と標準的なサイズで扱いやすい。サバイバーでは軽い方なので複数枚必須。他の低パワーなサバイバーをパンプアップすることで火力除去から守ることができる。

 

《シェル・ブリゲードγ》

f:id:athachigatsu:20190623190033j:plain

 アタックトリガーで山札の1番上をめくり、それがサバイバーであれば手札に加える能力を持つ。コストが軽い分、能力は単純なドローより弱いので《ツインヘッド・タートルβ》の廉価版と言える。

 

《ディメンジョン・ゲート》

f:id:athachigatsu:20190623190641j:plain

 S・トリガー付きのクリーチャーサーチ。

 

《念仏エルフィン

f:id:athachigatsu:20190623190942j:plain

 自分が召喚するクリーチャーのコストを減らすシステムクリーチャー。次ターンからはコスト6の強力なクリーチャーが召喚できるようになる。パワー2000とサイズが小さいので、焼かれやすい。

 

《銀の拳》

f:id:athachigatsu:20190623191618j:plain

 準バニラのビーストフォーク。3マナでパワー5000は上記の《ソード・バタフライ》で出せる数値であるが、こちらはビーストフォークの進化元になる。

 

マボロシキリダケ》

f:id:athachigatsu:20190623191812j:plain

 アタックトリガーで墓地から自然文明のカードをマナゾーンに置くことができるクリーチャー。《銀の戦斧》と同様、マナブースト手段として勘定するには安定性と即効性に欠ける点が難しい。

 

《シェル・ポーチ》

f:id:athachigatsu:20190623192040j:plain

 cipで相手の進化クリーチャーを進化元に弱体化することができる。《デーモン・ハンド》等の除去呪文と比べコストが軽く、クリーチャーが残る点で優秀。《聖霊アルカディアス》を除去できる数少ない手段の1つでもある。当然進化クリーチャーを採用していないデッキに対しては無力なので、《ディメンジョン・ゲート》等を使った銀の弾丸としての運用になるか。

 

《シェル・キャノン》

f:id:athachigatsu:20190623192351j:plain

 S・トリガー獣。自分のシールドの残数に応じて自身をパンプアップする能力を持つ。1枚目のシールドから召喚された場合や序盤に手打ちした場合はパワーが高く中々頼れるクリーチャーとなる。

 

【フウセンアワダケβ】

f:id:athachigatsu:20190623192536j:plain

 pigでマナゾーンに置かれるサバイバー。パワーが低く除去されやすいサバイバークリーチャーと能力がよく嚙み合っている。

 置換効果である《無敵の咆哮》と違い、こちらは破壊された後に一旦墓地へ置かれてからマナゾーンに送るpigである。したがって《屑男》の能力が発動し、《屑男》をバトルゾーンに出しているプレイヤーはドローすることができる。このためサバイバーデッキと《屑男》は非常に相性が良い。

 

《大昆虫ギガマンティス》

f:id:athachigatsu:20190623194359j:plain

 進化ジャイアント・インセクト。自分の他の自然文明のクリーチャーが墓地へ置かれるとき、代わりにマナゾーンへ置く置換効果を持つシステムクリーチャー。この置換効果は強制であるため、後述する《アンブッシュ・スコーピオン》と《オブシディアン・ビートル》とはジャイアント・インセクト同士ながら相性が良くない。

 4マナの進化クリーチャーとしてはパワー5000と物足りなく、自身に前述の置換効果は及ばないことから運用には慎重を要する。

 

《マナ・クライシス》

f:id:athachigatsu:20190623193719j:plain

 標準的なランデス呪文。《ラブ・エルフィン》を使えば最速で3ターン目に撃てる。

 

《レインボー・ストーン》

f:id:athachigatsu:20190623194054j:plain

 色事故を防げるマナブースト呪文。単純なマナブースト手段としてはコストは重いが、《青銅の鎧》や《アルティメット・フォース》と違い好きなカードをマナに埋めることができるので、埋めたくないカードを埋めるのを防いだり《オブシディアン・ビートル》等の能力発動を狙ったりできる。

 

《深緑の魔方陣

f:id:athachigatsu:20190623194809j:plain

 シールドを補充する呪文。マナゾーンのカードをシールドに加えるので、相手からシールドの中身が分かってしまう。しかし《ホーリー・スパーク》や《ナチュラル・トラップ》等の強力なS・トリガーはコストが重いため序盤はマナへ埋めることが多く、それらをシールドに加えられるのは強力。また、《深緑の魔方陣》自体がS・トリガーであるため、複数枚マナゾーンにあればシールドをブレイクされるたびに連続でこれを唱え粘り続けることが可能。

 

《再誕の森》

f:id:athachigatsu:20190623195406j:plain

 墓地に落ちたクリーチャー2体をマナゾーンに送る呪文。クリーチャーが破壊されやすいビートダウンデッキで使いやすい。4ターン目に撃てれば次のターンで7マナの大型クリーチャーに繋げられる。

 

《デスブレード・ビートル》

f:id:athachigatsu:20190623195941j:plain

 進化クリーチャーを除けば最軽量のW・ブレイカー。中堅アタッカーとしてはまずまずだが、素のパワーが3000と貧弱なのが辛い。種族がジャイアント・インセクトなので進化元になる。

 

《トゲ刺しマンドラ》

f:id:athachigatsu:20190623195651j:plain

 cipで墓地からクリーチャーを1体マナゾーンに置くことができる。《青銅の鎧》から繋がる5マナのクリーチャーで、更なるマナブーストが狙える。

 

《暴走するロング・ホーン》

 

f:id:athachigatsu:20190623202710j:plain

 自然文明によくいる条件付きのアンブロッカブルクリーチャー。種族がホーン・ビーストなので《護りの角フィオナ》の進化元になる。

 

《鳴動するギガ・ホーン》

f:id:athachigatsu:20190623200253j:plain

 cipでクリーチャーをサーチするホーン・ビースト。手札を補充しつつパワー3000のクリーチャーを場に出せるので非常に優秀なカード。《護りの角フィオナ》をサーチすれば次ターンに進化できるし、同名カードをサーチすれば手札を切らさずに頭数を揃えることができる。《青銅の鎧》から繋がる5マナ帯のカードでは頭一つ抜けて使いやすい。

 

《激昂するダッシュ・ホーン》

f:id:athachigatsu:20190623200809j:plain

 マナゾーンのカードが自然文明のみならば5マナでパワー7000のW・ブレイカーとなるクリーチャー。コストパフォーマンスが非常に良く、単色ならば必須だろう。

 

《応援チューリップ》

f:id:athachigatsu:20190623201011j:plain

 全てのエンジェル・コマンドにパワーアタッカー+4000を与えるシステムクリーチャー。エンジェル・コマンドは元々パワーが高いファッティが多く、わざわざこのクリーチャーを出して強化する必要性があるかは疑問。

 

《ブラッドウイング・マンティス》

f:id:athachigatsu:20190623201158j:plain

 アタックトリガーで自分のマナゾーンからクリーチャーを2体回収する能力を持つW・ブレイカー。5マナでパワー6000のW・ブレイカーは中々強力であり、進化先の《大昆虫ギガマンティス》の効果でマナゾーンへ送られたクリーチャーを手札に回収できる。能力は強制効果なので適当に使うとマナがなくなってしまうので注意。

 

《アンブッシュ・スコーピオン》

f:id:athachigatsu:20190623201633j:plain

 自身がバトルゾーンから墓地に置かれたときマナゾーンから同名カードを召喚できる能力を持つ。条件を満たしていれば除去されてもバトルゾーンの頭数が減らないので【除去コントロール】に対して強い。

 自分のバトルゾーンに《大昆虫ギガマンティス》がいる場合、墓地へ置かれる代わりにマナゾーンへ置かれるためこのクリーチャーの能力は発動しない。

 

《アルティメット・フォース》

f:id:athachigatsu:20190623203145j:plain

 2マナブーストを行う呪文。次ターンには8マナのクリーチャーに繋げられるので、《悪魔神バロム》等の強力なクリーチャーを召喚したいときに使える。

 

《オブシディアン・ビートル》

f:id:athachigatsu:20190623202211j:plain

 上記の《アンブッシュ・スコーピオン》の強化版。1マナ重くなった代わりにサイズが大きくなりW・ブレイカーを得ている。

 

《神拳の超人》

f:id:athachigatsu:20190623202419j:plain

 軽めのジャイアント。相手プレイヤーしか攻撃できない代わりに、ブロックされてもシールドを1枚ブレイクする能力を持つ。パワーが安定しておりジャイアントでは最も扱いやすいと思われる。

 

《月浴するムーン・ホーン》

f:id:athachigatsu:20190623205311j:plain

 相手の水文明・闇文明のクリーチャーの数だけ自身をパンプアップする能力を持つファッティ。敵対文明2つは使用率が高いので能力発動にそれなりに期待できる。

 

《大勇者「ふたつ牙」》

f:id:athachigatsu:20190623203046j:plain

 大型の進化ビーストフォーク。cipで《アルティメット・フォース》を発動する。マナブーストを行いつつ強力なアタッカーが出せるので一気に戦線が強化される。アタッカーでありサポーターでもあるので汎用性は高い。ビーストフォークには《青銅の鎧》を始めとする優良ウィニーが多いため進化元に困らない。

 

《護りの角フィオナ》

f:id:athachigatsu:20190623203533j:plain

 cipで自然文明のクリーチャーをサーチできる進化ホーン・ビースト。《鳴動するギガ・ホーン》から繋げることで手札を切らさずに戦線を強化できる。進化元のホーン・ビーストは全体的にコストが重く、使いやすいクリーチャーが少ないのが難点。

 

ナチュラル・トラップ》

f:id:athachigatsu:20190623203848j:plain

 S・トリガー付きの除去呪文。破壊ではなくマナ送りという形での除去になるため、除去されたカードの回収が難しい点が長所。反面、序盤に発動すると増えたマナで相手の動きが加速してしまうので注意が必要。

 

《ミステリー・ブレス》

f:id:athachigatsu:20190623204947j:plain

 シールド補充呪文。山札の1番上のカードをシールドに加える。他のシールド補充呪文と違い、呪文を唱えた自分すら何のカードがシールドに追加されたのか分からないという特徴がある。手札もマナも減らずにシールドを補充できるが、《深緑の魔方陣》で事足りるだろう。

 

《咆哮するグレート・ホーン》

f:id:athachigatsu:20190623204320j:plain

 準バニラのファッティ。《メテオ・ドラゴン》の上位互換。《青銅の鎧》→《トゲ刺しマンドラ》から繋がる。

 

《シェル・ストーム》

f:id:athachigatsu:20190623211250j:plain

 cipで相手のクリーチャーを1体マナゾーンに送る能力を持つ。どのクリーチャーをマナゾーンに置くかは相手が選択するので狙ったクリーチャーを除去できる可能性は低いがボードアドバンテージを得られる。《腐食虫スワンプワーム》と対になっているが、あちらが進化元になるのに対してこちらは進化元にならない点で劣っている。

 

《ゼノ・マンティス》

f:id:athachigatsu:20190623204508j:plain

 条件付きのアンブロッカブルクリーチャー。決して弱くはないのだが、《キング・オリオン》の下位互換。

 

《夜明けの超人》

f:id:athachigatsu:20190623210451j:plain

 相手プレイヤーしか攻撃できない代わりに高いパワーとW・ブレイカーを持つ。下記の《哀哭の超人》と比較するとパワーが安定していて殴り返しに強いのが長所。

 

《哀哭の超人》

f:id:athachigatsu:20190623204644j:plain

 最軽量のT・ブレイカー。相手プレイヤーしか攻撃できない代わりに攻撃時パワー14000という凄まじいサイズを誇る。しかし自分からクリーチャーに攻撃できないのでそのパワーを活かせることは少なく、非攻撃時はパワー7000と並みなので《クリスタル・ランサー》等に一方的に破壊されてしまうのが欠点。

 

シザーズ・ビートル》

f:id:athachigatsu:20190623205138j:plain

 cipでジャイアント・インセクトをサーチできる。この手のクリーチャーとしてはサイズが大きめだが、その分コストが重くなっていて使いにくい。

 

《いにしえの超人》

f:id:athachigatsu:20190623210205j:plain

 闇文明に対するメタクリーチャー。ジャイアントでは珍しくクリーチャーへの攻撃が禁止されていない。《神速の守護者グラン・リエス》と違い攻撃はされるので、《嘆きの影ベルベットフロー》等のスレイヤーに注意。

 

《シェル・フォートレス》

f:id:athachigatsu:20190623205601j:plain

 cipでランデスを行う重量級クリーチャー。9マナというコストは《大勇者「ふたつ牙」》から繋がるため中盤に出せれば大打撃を与えられるだろう。

 

 総評して、クリーチャーのサーチとマナブーストを行うカードが多いため溜まったマナで多くのクリーチャーを召喚するプレイングに長けている。クリーチャーは良質でバトルは最強。また、マナゾーンからカードを回収するカードと墓地からマナゾーンにカードを送るカードがそれぞれいくつか存在しているので、疑似的なサルベージも得意と言える。

 クリーチャー同士の殴り合いなら最強という点を考えるとタップが得意な光文明と相性が良いが、マナブーストが得意なためどの文明と組み合わせても使いやすい。